カテゴリ:北海道余市町 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

開花から1日で桜満開って

桜前線がやっと北海道までやって来ました。
3月はこれまでに無いほどの低温で、開花は遅いとの予想を裏切り
平年並みか、若干早めの開花です。

札幌では、開花翌日満開は35年ぶり
旭川では、開花当日満開は観測至上初めて

震災以降、自然は不思議な事を見せますね。

ここ余市でも札幌と同じく、開花翌日満開でした。


これが今朝のソメイヨシノ
2012年のソメイヨシノ(余市)2


これが昨日お昼頃のソメイヨシノ
2012年のソメイヨシノ(余市)1

時間の流れが速い気がするね。
去年のあの日から、きっと続いてたレーンが変更になったのかも

5月5日で泊原発が稼動停止したら、日本はきっと何か変わる気がします。

連休に入り、事故が多発しています。
地磁気の乱れかな。

人もイオンたくさん持っているから
太陽フレアの影響を受けるのかなと思うので、くれぐれもお気をつけて。
スポンサーサイト

資料:余市町指定文化財「開村記念碑」

注意:ブログのURLが変更になっています。
http://kitakazoku.blog6.fc2.com/

-----------------------------------------------------------------------
■資料:余市町指定文化財「開村記念碑」

余市町指定文化財「開村記念碑」1
裏側です(文字はかなり消えています。下の資料に解説があります。)
余市町指定文化財「開村記念碑」2


店にて、余市町作成の資料を配布しています。

取りに来れない方用に、スキャンしました。
保存される方は、右クリックして保存して下さい。

資料:余市町指定文化財「開村記念碑」01
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」02
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」03
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」04
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」05
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」06
資料:余市町指定文化財「開村記念碑」07


初詣も

余市神社

おみくじは「中吉」でした。

余市神社


「東日本大震災」で知るネットの力

まず「東日本大震災」で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられたたくさんの方々のご冥福をお祈り致します。

巨大な津波、飲み込まれる町・・・どれもが衝撃でした。
また、原発が抱える問題、電気ガス水道などのライフライン、道路や交通のインフラ
携帯電話が連絡がつかない不安。
食物に光熱、いつもそこにあるべきものが無くなるという事実。

どれも、いつも感謝しなければ存在しない物ばかり。
支える人たちにも、感謝し続けたいです。

ブログには細かい事実や画像での説得力があります。
説明したり解説したり、自分向きかと思っていました。

今回の未曾有の大災害、3月11日の「東日本大震災」では、
ネット、特に「Twitter」の力を思い知らされました。
画面を出して置くだけで、新しいツィートが分かる
これには驚いたし、情報の速さは半端じゃなかった。

また、デマやチェーンメールなど、情報も錯綜。


でも、お互いを思いやり助け合い
きっときっと立ち直れる
まだ余力のある地域で支えあって行きたい
日本人は、そうやってたくさんの苦難を皆で乗り越えて来たはず。

地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき
http://prayforjapan.jp/tweet.html

余市神社と幸福運巡り

余市町の神社には、入り口にこんな看板があります。
よいち幸福めぐり
「よい願いが叶う?幸福運巡り」

余市神社→幸田露伴の碑→旧福原漁場→旧ヨイチ運上家→モイレ神社→三吉神社

後ろの2つの神社はいるんだろうか・・・

(あくまでも個人の感想です)

余市神社におまいりして
余市神社

北海道には珍しい樹があるんですよね
樹齢300年の「さいかち」です
樹齢300年のさいかち

今年、計画していることがあるので上手く行くようにお願いして来ました。

今日は余市神社のお祭りです

本日は
「よさこいソーラン」といつもかぶってしまう余市神社のお祭りです

うちのお祭りの定番と言えば

お赤飯と煮しめ
お赤飯と煮しめ
今日の赤飯は黒豆(の甘納豆)が入ってる!
煮しめは、ご近所の方に戴いたフキやら、竹の子(地竹=根曲がり竹)とかがいっぱいです

先ほど神社のお神輿が通過して行きました
お神輿

田舎のお祭りのメインは、出店ですよねー
それと、子供神輿かな
子供たちの人数が急激に減ってしまったので、子供神輿がない区会も多くなりました
子供たちは、神輿かついだご褒美に、出資金もらって露天に行くんですよ
お祭り=露天
余市の祭りは、そんな素朴な感じです

7月には「ソーラン祭り」があって、こっちは山車が見所ですね

「余市駅及び附近の変遷」より

余市は日本のりんごの発祥の地です
大正7年(開道50周年)に発行された「北海道百番付」(札幌富貴堂)によると、余市駅は、北海道内では10番位の乗降客があったようです。
この当時には、まだ札幌市の乗降客は函館や小樽よりも少ないです。
道内で一番賑わっていたのは小樽(106千人)函館(102千人)で、次が札幌(87千人)でした。
余市は18,863人と記載されています。
鉄道の支線で分起点でもなかったのに何故と言うと、積丹半島の入り口で春にはニシン漁、夏秋には果樹の季節労務の人々で賑わっていたのでは無いかと推察されます。
当然、駅周辺には旅館や待合お茶屋、お土産屋、果実販売などが出来ていったのでしょう。

しかし、関東大震災があって余市駅の工事が延期になったり湿地帯の埋め立てに苦労したり、昭和初期には大不況もあって駅周辺には空き地がかなりあったようです。
その空き地にに出来たのが「ニッカウヰスキー」工場でした。
                  「余市駅及び附近の変遷」 計良幸太郎氏著より
余市

今日は「皆既日食」ですが

もうすぐ皆既日食ですが
空はどんよりしていて
見える気配すらありません

皆既日食

北海道はこの時間から
TVやネットではすでに中継も始まっていますが
やはりお天気は良くなさそうです

皆既日食を見て人生が変わったと良く聞きます
見られないということは人生は、そう変わることも無いとか言うことですか
OH!MY GOD!

次回は26年後らしいです

普通にそこにあるはずのものが消えるのは、確かにすごい恐怖
古代の人たちが恐れたのはうなずけます

お天気頑張れ、超頑張れです!

「うに」が美味しすぎる!

6月1日から余市産のウニ(海栗)(海胆)(雲丹)(うに)が解禁されました。
去年は何故か旬にウニ食べなかったような気がする

今年は不景気を反映してか(笑)少しお買い得な価格で、しかも訳ありの壊れウニとかもいっぱい売ってて超嬉しい話

早速「塩水ウニ」を食べました
うに丼にしました
うに丼
ちょうど京都からIさんが札幌の展示会(茶碗?)に来て下さったので、ちょうどご馳走できてよかったぁ

他にも旬の根曲がり竹もゆでて食べました。
てんぷらと刺身ですね
アスパラと根曲がり竹のてんぷら
生八橋戴きました
ゴマの八橋
たけのこはマヨネーズで食べると美味しいよ
たけのこ

ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグの「さんた」くん

オバマ大統領家で飼うことになって一躍有名になった「ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグ」
ポーチュギ-ズってポルトガルのことなんですって。

近所にも飼っていらっしゃる方が居まして、これがまた人懐っこいしかわいいんですよね
Kさんのところのはオバマ家のと同じく黒です。
「さんた」くんです。
ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグ「さんた」くん1
後ろ足で立ち上がったりメチャかわいいですね。
ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグ「さんた」くん2
抜け毛しないし何よりも匂いが無いんですよ、ホントに。
この犬なら犬アレルギーの人でも大丈夫かもです。
今年の一番人気になるのは確実ですよね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。