カテゴリ:食べること の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

賞味期限切れの「板海苔」を佃煮にしてみたら

缶に入っているから、密封してあるから大丈夫と思っていても
高級なのほど海苔は変色していたり風味が落ちていたりします

特に北海道では、香典返しに良く海苔を戴きます
りっぱな箱に入っていたりしますし、半分に切った海苔は手巻き寿司用にと思って忘れてしまったり
おむすび、太巻や恵方巻も最近は作る回数が少なくなりました。
味海苔ですら乾燥剤が膨らむ頃になっても残っていたり

そんな古い海苔も捨てずに、自分好みの「海苔の佃煮」を作ると楽しいです

2015-NEC_1565.jpg
色が紫っぽくなってるのが古い海苔です、缶に入っていた半切りの物でした。

味付けは自由
砂糖としょう油、鰹節粉などを入れた物を煮て
そこに少し火であぶってちぎって入れて、溶けたらもう一度火を通すだけで出来上がりです。
2015-NEC_1570.jpg
ビンなら煮沸で長期に保存できます
自分は、カップなどに入れて冷凍して保存しています。
味を濃い目にすると、おむすびの具にもいけます。
すりゴマ入れたり、ナメタケ入れたり、梅干入れたり、辛くしたり、いろいろ楽しいですよ
スポンサーサイト

年末年始の食卓と食品保存の事

久しぶりの画像整理で出て来たので、年末年始の食卓をup

北海道では、12月31日におせちを食卓に乗せるのが普通です。
過去には何度もおせちを購入しても、あまり食べないので、最低限を作っています。

大晦日という事で、年越し蕎麦とおせちが一緒の食卓です。
2015-NEC_1553.jpg
うま煮も肉巻きゴボウも上手に出来た~と自負してますがw

年が明けたら、これにお雑煮、うま煮で作った茶碗蒸しが追加になります。

甘栗なんかも秋に収穫したのを自分で煮て保存、三つ葉も春に冷凍し、銀杏も近所で拾ってたのを使います。
竹の子も自分で採ったのを薄味で煮て煮汁ごと冷凍しておけば大丈夫だし、しいたけは生を安いときに干しています。
バジル、青シソ、パセリなども乾燥させて保存、ショウガとニンニクは調理用に切って冷凍します。

ピーマン、インゲン、さやえんどう、とうもろこし、アスパラなどを冷凍し、
頂き物の生の魚を処理した物多数に、暮れにもタラコや数の子、お肉をたくさん戴きましたので冷凍に。
そんなこんなで、保存する物が大量に発生してしまい、うれしい悲鳴です。
ストッカーも、肉魚用、ジャムの材料用、野菜用と3個になってしまいました。。。
そのほか、大量のお漬物
(大根の玄米漬け、ぶどう漬け、白菜の麹漬け、ゴボウの味噌漬け、ニシン漬け、聖護院の味噌漬け、赤大根の酢漬け、
ミョウガの酢漬け、きゅうりの味噌漬け、ナスの置き漬け、ナスのカラシ漬け、福神漬け、他)
保存食の道は、保存場所との戦いでもあります。

余市産のウニ食べました~!激まいう~でした。

初物食べると寿命が延びるらしい。

初物は笑って食べる事とばあちゃんが言ってた。

ということで、初物づくしの季節です。

まずは「ウニ」白です。
赤(エゾバフンウニ)は高すぎて買えなかったけど。
余市のウニ(白)1
もちろん握り寿司にしましたよ
余市のウニ(白)2

そして畑から収穫
アスパラとかウド、三つ葉など
アスパラ・ウド・三つ葉を収穫しました
かき揚で食べました。

そして山わさび
山わさび
あれ、画像で見たらかに足みたいだ

食べるの大好き「玉ねぎちくわ」にハマってます

食べるの大好き「玉ねぎちくわ」編

初めは、ゆでとうもろこしを買いに来た太田さんから戴きました
「これ美味しいから食べてごらん」
玉ねぎちくわ

玉ねぎが入ってるの?
うん?
あれ?
何これ?

美味しいじゃん!
すごく食感が良いんです

昨日も火曜市だったのですが買って来ました
買い物で一緒になったTさんにも勧めておきました(笑
一度お試しを

ホワイトアスパラは「蒸かして食べよう」

アスパラの収穫がピークです。
今年はここのサイトでギフトについては載せていませんが
希望があるればお知らせ下さい
(個別での発送は受けています)

さてアスパラと言えば昔は白でしたが、今はグリーンがアスパラのイメージですね。
何故「ホワイト」が少なくなったのかと言えば、作るのが大変で調理が面倒だからです。
ホワイトはアクがあるからですね。
地下茎は当然のことアクがあります。
根菜類を茹でたりすると良く分かるかと思います。

「ホワイトアスパラ」を美味しく簡単に食べるのには
「蒸す」のが一番簡単で美味しいですよ
ホワイトアスパラ蒸し

今は普通のお鍋で蒸す用具もたくさんあるので、ホワイトを手に入れたら是非試してみてね。

ほんのりとした苦さと甘さ
もうやめられないですよね。

大根の漬物の秘密のレシピ公開

ぶどう漬け
ぶどう漬け

まずは大根のかわを剥いて干します
(縦割りして干すのがベスト)
ほどよく干せたら
大根10kgに対して、黒いぶどう5kg、中粗2kg、塩適当を
入れて良くぶどうをつぶして置いた物に大根を入れて1週間です。
重しはかなり重めが必要です。

サワー漬け
これは生の大根でOK
皮を剥いて適度な大きさに切ったら
大根10kgに白砂糖1.5kg~2kg、塩2合、酢2合、焼酎1合
重石をして、これも10日くらいで食べられます

たまり漬け
たまり漬けも生の大根でOK
皮もそのままでもOK
大根10kgに対して中粗目2kg、酒かす1kg、しょう油1升
良く混ぜ溶かしたものに入れること
重石は軽めです。
1週間くらいから食べられます。

玄米漬け
まずは大根が良く干せないとダメです。
干した大根60本に対して炊いた玄米2升、粗目4kg、塩8合、ジョウゲン2箱、米麹3袋を使いました。
玄米は美味しければお漬物も美味しいですもちろん
重石はたくさん50日くらいから食べます。

鷹の爪はどれにも必要かなと思ってみたり

アメリカのBSE問題は何故解決しないのかを考える

輸入再開した直後の大問題発生でどうなるのアメリカ産の牛肉!

確かにアメリカ産の牛肉は味の面では「脂の乗った米産牛の安定した品質」と評価はされています。
では何故ダメなんだろう
特定危険部位が完全に除去されているかを日常的にチェックする体制を整えるとともに、取り除いた部位の完全焼却を実施して欲しい」との要望が受け入れられていないからです。

1頭当たり20ドルで検査が実施できる」というのに何故実施されないのでしょうか?
全頭検査にかかる費用は日本が負担しますとまで言っても拒否されるってことは全頭検査したら感染牛がたくさんいることがバレて日本どころかアメリカ国内の消費者に大騒ぎされて終わりだから全頭検査したくない・・・なーんて想像してしまいましたよ。

調べてみると、そこに横たわる問題は相当多岐に渡っていました。

まず今外国産の牛肉が売られているとしたなら、ほとんどがオーストラリア産です。
なぜオーストラリアなら安全なのでしょうか?
オーストラリアでは肉骨粉や遺伝子操作した飼料を使わないだけでなく、成長ホルモン剤や抗生物質を使わないで飼育しているという安全性の評価が高かったのです。
BSEについてもEUの科学的評価によるとオーストラリアは「最も発生しにくい国」とのされています。

一方アメリカでは、すでにBSEの病原体が国内に入り込んでいるのに対策が不十分です。死亡した牛の検査もちゃんとやっていないので見つかっていないだけということも考えられます。
鹿やヘラジカにBSEと同じ症状の病気が広がっているのに対策も立てられていません。
クロイツフェルト・ヤコブ病とBSEの因果関係が明らかではないと主張してますから、多分このままなんでしょうね。
女性ホルモン剤を投与すると牛は良く食べるようになります。効率よく太ります。しかも合成型のホルモンは残留性が高いのです。
EU諸国でもこのホルモンの危険性から輸入を禁止にしています。
(スイスの検査で「DES=ジエチルスチルベストロール」が検出されています。DESは若い女性に膣がんを引き起こすと言われています)
たとえ少量でも妊娠中の母親が摂取したなら胎児に影響するのは明白。

生きた牛を輸入した場合は3ヶ月経つと国産牛になりますが、これが日本にBSEを広めた原因ではないかと言われています。

アメリカでは今回「日本車が全体の3個ダメだったからって輸入禁止にはしないでしょう?」などと比較してたんだけど
車は汚染されてもその3台で終わりだけどBSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある
うーーん、これは比較できないよなぁ、さすがに・・・
昨日は薬にもまだ使われてたという話で、すごいがっかりしてしまいました。
巨大食肉企業が農務省の中核まで牛耳ってるので、そういう会社で出来ない事は認められないんですね。
アメリカにもクリークストーン・ファームズのような優良な食肉会社もあるのだけれど、大手の論理の前には沈黙ですよね。。。

さてここからが更に怖いお話です。

BSEの問題がクローズアップされるずっと以前に不可解な事件が続きました。
■その1
1996年にはアメリカで日本人の斉藤綱男氏(当時46歳)UCSDの病理学者でアルツハイマー病の世界的権威であった人なんですけど、
彼は車の側面から銃で胸部を数発撃たれ、白衣姿のままで、ハンドルに覆いかぶさるようにして死亡しており、また13歳の長女斎藤留理さんも、車から6メートル離れた路上で胸部を撃たれ射殺されて発見されました。
当日、斉藤綱男氏は、学会で、アルツハイマー病とCJDとの関係についての新説を発表する予定であったという。

■その2
奇妙なことに、斉藤綱男氏事件と時をおかず、BSEに詳しいMark Purdey氏(有機農業経営者で畜舎で使う有機リン系殺虫剤のホスメット-PHOSMET-がBSEの原因だと主張している。)の家が全焼し、また、彼の顧問弁護士二人とCJDの権威であるC. Bruton博士が、それぞれ、別の交通事故でなくなった。
このC. Bruton博士も、近々新しい学説を発表する予定であったという。

■その3
エール大学神経病理学科外科部門の研究チームの検討を含め複数の研究で、剖検によりアルツハイマー病あるいは痴呆症と診断されていた患者の3~13%が実際はクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患していたことが判明したとしている。
米国では毎年アルツハイマー病と診断される患者が400万人、痴呆症患者は数十万人が発生していることから、最も少なく見積もって12000人以上のクロイツフェルト・ヤコブ病患者が検出されず、公式統計に含まれない可能性がある。
実際、アルツハイマー病と診断された死亡患者数は1979年には857例であったものが、2000年には50倍以上の5万例近くとなった。

■その4
フランスのステーキファミレスでBSEに汚染されたステーキ食べた数人が突然変異型やこぶ病を発病した。
輸入禁止されていた英国牛を密輸していた店のオーナーが裁判で有罪。
ステーキ屋なんで内臓肉やタンなどの危険部位では全くないところだったが、わずか少量輸入してそれで1回喰っただけの数人が漏れなく感染。今更ながら強烈な発病率なんですBSEは。
イギリスでは狂牛病と変異型ヤコブ病の関連を政府が公式に認めたのは
96年。しかし対策は80年代中頃から徹底的に行われてきた。
それでも収束に向かい始めるのに20年もかかったのです。

■その5
アメリカの上流社会の人達はほとんど自国産(米国産)牛肉を食べない。何故って?解りますよね。
移民や低所得者層の人は自国産牛肉を食べますが、健康や食の安全性に気遣う人達は敢えて食べないようです。
それなのに何でアメリカでBSE感染牛が発見されないのかなぁ。。。

多分、政府のお役人は勿論米国産輸入牛肉等絶対食べません。当たり前の官僚倫理です。
高い報酬を頂く役人は高級和牛肉しか食べませんよ多分。
危険性の有る米国産輸入肉を日本国民が食べようが食べまいが本当は全く関心ありません。
ただ一応役人という立場上国民の健康をいかにも考えているように見せたパフォーマンスをするのは仕方ないことです。
だから本当に心配なんかしてないのです。
中川大臣見ててそう思いました。
視察に行ったのが、輸入再開してからだとか、全くやってらんないですよ。

食べることをもっと大切に考えて下さい。

「狂牛病で危険な食品早見表」はとても便利ですよ

「インカのめざめ」で肉じゃがを作ったら

「インカのめざめ」って言うジャガイモがあります。
普通にメークインみたいな外見なんだけど
中の色は濃い黄色です
インカのめざめ

そして、ものすごく固いです
食感は、まさに「栗」です

インカのめざめはアンデスなどで昔から食べられてきたじゃがいもの原種を改良して、3年前に登録されたジャガイモです。
道産子でも中々手に入らないのは、栽培面積が少ないのと、栽培に合った土地が限られているせいかもしれないですね。
このジャガイモは土の中でも次の芽が出る程、生命力が強く、男爵や北あかりなどと比べると非常に小粒で色は非常に鮮やかな黄色、栗のような独特な風味・甘味・食感が特徴的です。

じゃがいもは、ビタミンCが非常に多くて、でんぷん内に包まれているために熱に強く、茹でた調理も5割以上も残るそうです。
ビタミンB1は1日の必要量を半個で摂取できます。
特に冬にたくさん食べて欲しい野菜です。
肉じゃがにすると、ニンジンのビタミンA(ベータカロチン)豚肉のビタミンB1、玉ねぎの硫化アリルなども一緒に取れるので理想的なんですね。
インカのめざめ

チンするりんご

リンゴポリフェノールの威力
でも書きましたけど、りんごに熱を加えるのが、とてもお肌に良いのです。

そんな時に電子レンジは、本当にありがたい存在ですね。
チンするリンゴ

オリゴ糖とポッカレモンをかけて、約8分チンしました。
こうやって出来たのに、粉寒天を入れて、少し固めて食べるのが
マイブームです。
粉寒天を入れると便通にも整腸にもとても効果があります。
是非お試し下さい!

カボチャと水菜ののごまサラダ

カボチャの水菜ののごまサラダ
どさんこワイドで放送してたのが、とても美味しかったので紹介です。

材   料
(4人分)
かぼちゃ 300g
 揚げ油 適量
水菜 1/2束
らっきょう 6粒
白ごま 大さじ2杯
しょうゆ 大さじ1杯
酢 大さじ2杯
コショウ 少々
かぼちゃと水菜のごまサラダ

つくりかた
(1)かぼちゃは1.5cm角のダイスに切ります。
(2)厚手の鍋にかぼちゃがかぶる程度の油を熱し、かぼちゃを入れて表面がカリッとなるまで揚げ、油切りします。
(3)水菜は4cmの長さに切り、らっきょうは小口切りにしてかぼちゃと和えます。半ずりにした白ごまと調味料をまわしかけ、サックリと混ぜて器に盛ります。
ポイント・・・調味料をふり入れて混ぜます。

香ばしいかぼちゃの素揚げと、シャキシャキとした歯ざわりがさわやかな水菜のサラダです。かぼちゃは小さく切って揚げるので、すぐ火が通ります。調味料もすべて器で和えてしまいますので作りやすい一品です。
香ばしいかぼちゃの素揚げと、シャキシャキとした歯ざわりがさわやかな水菜のサラダです。かぼちゃは小さく切って揚げるので、すぐ火が通ります。調味料もすべて器で和えてしまいますので作りやすい一品です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。