2002年08月 の記事一覧

食品の安全性:信頼関係

さて、スーパーに陳列された生鮮品が、一挙に信頼を失ったわけです。

スナック菓子への遺伝子組み換え作物の混入、BSEの発生、食肉の偽装表示、未認可添加物の使用、賞味期限切れ食材の使用、中国製ダイエット食品による健康被害、中国産野菜からの残留農薬検出、相次ぐ大手食品メーカーによる牛肉買い取り制度を悪用した不正…。

消費者の食品への信頼は裏切られ通しである。

とりわけ、深刻に受け止めなければならないのは「一九九五年のWTO(世界貿易機関)の発足以後、規制緩和が進み、食の安全基準が後退した」という山口英昌・大阪市立大大学院教授の指摘である。

例えば、いま中国産野菜で問題になっている残留農薬基準は、WTOの発足に合わせて設定された。食品衛生法も改正され、全量検査から必要と認めたときに検査するようになり、検査体制が後退した。天然添加物は、安全性審査なしに五百品目近くを一気に認めるなど、大きく変わった。

厚生労働省は、国際機関で安全が確認され、欧米で使用されているものは認可するというのが、基本的な姿勢とされる。最近では、国内で未認可の食品添加物を、海外で使用が認められている一部のものについては認可する方針に転換した。

 しかし、国際基準に合わせるだけでいいのかどうか。

その点、EUは、食品については独自の安全性基準を守る姿勢が強い。
EUは牛肉などにホルモン剤の使用を認めず、ホルモン剤を使用する米国と対立している。
遺伝子組み換え食品の表示や安全性基準についても、米国など輸出国の主張に激しく抵抗している。

その背景には、消費者利益の保護というだけでなく、域内農業を保護する狙いがあることは間違いないだろう。

日本は、独自の安全基準を守る姿勢に欠けている。それは、自国の農業を守るという立場が希薄だということでもある。

安全で安心な食は、生産者と消費者の顔の見える関係をつくることが大切であるということ。
そして、消費者が食品の生産地やつくられ方にも関心を持つこと。
生産者や流通業者は、消費者に正確な情報を開示すること。
それこそが、消費者と生産者の信頼関係が食の安全につながる。
スポンサーサイト

食品の安全性:中国産の野菜たち

今日は「まつたけ」からだって。

中国の残留農薬については、かなり深刻問題ですね。
「毒菜」と呼ばれているんです。

冷凍ホウレンソウや冷凍枝豆など中国産野菜で基準を超える残留農薬の検出が相次いでいる。

農林中金総合研究所の蔦谷栄一基礎研究部長によると、野菜の残留農薬は中国でも「毒菜」問題として市民の関心を呼び、農薬取り締まりなど法整備の動きも急。北京や上海などでは「無公害食品」のモデル生産も始まっているという。

残留農薬によるイメージ低下は中国自身にマイナスだし、日本が輸入を減らせば済むという単純な話ではない。野菜は家庭料理より外食やコンビニ弁当などの消費が既に上回り低価格・安定供給の中国産に頼らざるを得ない構造もあるからだ。

その意味で中国産野菜の安全性向上を強く要求するのは当然だが、同時に、国産志向の高さを考えても、消費者と近い距離での質のいい物づくりを加速させたい。

アメリカでも健康や環境志向のローカルな小規模多品目生産が大資本への対抗勢力として伸びているという。農薬使用量が世界でも高水準にある日本はなおのことだ。

昨年来から肉のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題や偽装表示、法定外添加物使用などが次々と表面化し「何を目当てに買ったらいいのか」という不信や不安が尽きない。消費者が敏感になるのは消費者行政がいつも後手に回っているからだ。

中国産の冷凍ホウレンソウには基準値の9倍もの残留農薬が含まれていた。食品衛生法で定めた基準値を大きく飛び越え店先で売られていた。あきれるばかりだ。かねてから食品衛生法の形がい化が専門家から指摘されていたが、値が安いと購入していた消費者は不安を超えて憤りさえ感じるだろう。

日本の食料は残念ながら外国産に依存している。自給率は40%(カロリー算)。毎日、食卓に並ぶ料理の半分以上が輸入もの。外食ではさらに海外産を加工した料理を口にしていることになる。
冷凍ホウレンソウは加工食品に分類され、残留農薬の規格がなく検査をしなかった盲点を突かれた格好だが、消費者にすれば口にするものはすべて食品。きちんと水際で検査してほしい、というのが正直な胸の内だ。


無登録農薬:2

事件の発端

今年4月、大阪市の青果市場の残留農薬検査で、山形県産のラ・フランス(洋ナシ)から無登録農薬「ダイホルタン」が検出されたことが、事件の発端。山形県から通報を受けた山形県警は7月30日、農家に販売していた農薬販売業者ら4人を農薬取締法違反容疑などで逮捕した。

 県警の調べで、農薬販売業者らは、ダイホルタンと同じ無登録のプリクトランを、台湾の業者や徳島県小松島市などから仕入れ、99年7月~今年5月に、全国で少なくとも計21トン販売していた。

 ダイホルタンの販売価格は500グラムで2200~3300円。農業関係者は「登録農薬にダイホルタンと同じ効果を期待すれば、2~3倍の経費がかかることが背景にある」と指摘する。

健康被害はなし

山形県警は7月30日と8月9日、無登録農薬を農家に販売していた農薬販売業者ら4人を農薬取締法違反容疑などで逮捕した。このうち東京の業者は、全国に少なくとも計21トン販売していたことが判明した。

 販売されたダイホルタンとプリクトランは、発がん性が指摘されている。殺菌剤のダイホルタンは、マウスを使った実験で死亡率が上昇。89年に無登録となった。ダニ殺虫剤のプリクトランは劇毒物取締法で劇物に指定。ウサギを使った実験で水頭症を発症した報告があり、87年に無登録となった。また、植物成長調整剤のナフサクは、安全性を確認するデータがなく、76年から無登録。

この一件で、北海道産の作物の注文が、増えました
しかし、今年は例年にない日照不足と、あがらない気温に、収穫は順調とは言えません。
すでに、市場のセリ値は高騰し、きゅうりやトマトなどは、品不足でミニパニック状態になっています。
ミニトマトなどは、かなりの品薄で、ちょっと苦戦中です。

この事件は、これからの食欲の秋を直撃してしまいそう。
知ってて、売った人買った人たち。
食べる人のことは、見えていなかったようです。

目先の利益で、無くなってしまった前例も、たった今、見たばかりなのでは?
この先に、産地詐称した作物が、スーパーの特売に並ぶのかなと予想してしまいます。
やはり、利益追求する場所ですからね。

一時の利益のために、すべてを失うのは、歴史が証明しています。
つくづく、浄化の定められた時代なんでしょうね。

無登録農薬:1

<無登録農薬>28県で使用確認 農水省、使用禁止へ法改正

山形県警が摘発した発がん性が指摘される無登録農薬が、全国28県の農家で使用されていたことが、毎日新聞の調査で分かった。少なくとも17県で農産物の廃棄や出荷停止が相次ぎ、農家や消費者に影響が広がっている。農水省は27日、無登録農薬の使用を禁止するため、法律改正する方針を明らかにした。なぜこれらの農薬が販売されたのか。

毎日新聞社の調査では、これまでに無登録農薬「ダイホルタン」「プリクトラン」「ナフサク」を使用した農家は27県に広がる。品種はナシ、スイカ、イチゴ、ミカン、カキ、ヤマトイモなど多岐にわたり、農水省によると販売業者は30都県の80業者を数える。

ナシ農家24戸でダイホルタンの使用が判明した新潟県白根市では、出荷した12トンを回収し、すべて焼却処分した。全農県本部は消費者の不信を払拭するため、24日から県内全域でナシを出荷停止にした。

 リンゴの産地、青森県でも過去に22農家でリンゴやメロンへの使用が分かった。県と関係団体は27日、今年使用した14農家に対して、リンゴの廃棄処分を要請することを決めた。

 茨城県(ナシやイチゴ、カキなど102農家でダイホルタンなどの使用を確認)や熊本県(ナシ、ショウガの11農家でダイホルタン使用を確認)では、出荷前に各農家に対して無登録農薬を使用していないとする誓約書を求める動きも出ている。

 山形県は農家の立ち入り調査で、今年に入りラ・フランスなどに散布した40戸を確認、35戸に出荷停止を要請した。しかし、尾花沢市のスイカ40トン(推定)が、すでに東京と静岡の市場に出荷されていた。同県は26日、知事名の謝罪文を全国の卸売市場などに郵送した。

 一方、山形県内のスーパーでは、無登録農薬の散布が確認された石川、栃木、新潟県産のナシなどの仕入れを中止した。

 毎日新聞社の調べでは無登録農薬の使用が判明した県は以下の27県。

 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、富山、石川、長野、岐阜、静岡、愛知、鳥取、広島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島

驚くべきことは、生産者自身も、無登録の農薬と知っていて、使用したことだ。

2へ続く。

きゅうりでホットあんどコールドのお漬物を。

きゅうり。
旬ですね。
実は、荷物運んでる最中に、1列なぎ倒してしまいましたぁ。
あぁ、ほんとドジですね。

壊れてないものは、お漬物の変身しちゃったのですが、
中にはひどいのもあって、どうにか食べようと思いました。
母親は酢のものに、って言ったんだけど、誰が食べるの?で、却下。

それで、電子レンジで簡単にできる、即席のお漬物を紹介します。

きゅうりは、縦割りにしてから、適当な大きさに切ります。

キャセロール等の耐熱容器に入れます。

そこに、砂糖・しょうゆ・酢・ごま油・みりんを入れます。

5分、レンジに入れたら、天地返しします。

さらに5分くらい、チンしたら、こんな感じです。

後は、食べるまで冷蔵庫で冷やしたら、出来上がり~♪

酢とごま油が、食欲を刺激します。
きゅうりを暖めるって、発想が面白い1品ですよね。



というわけで、ドジしても廃棄しない、けちんぼなのでありました(笑)

こんにゃくステーキ??

こんにゃくは、お腹のお薬ですね。
砂取りの効果がある。ってくらい繊維質が多いのに低カロリー、わずかにカルシウムもあります。

しかし、食べ方はあまりバラエティが無いですよね。
メインってことも無いしね。
それで、こんにゃくメインのステーキ風で、食べよう。


まずは、良く味が染み込むように、切りこみを入れます。

さいころ状に切ります。

フライパンに少量の油を引いて、焼きましょう。

火が通ったら、味付けします。
いつものように、砂糖・しょうゆ・お酒・だしです。

水分が、あるうちはまだまだ。

だんだん、あめ色になってきましたね。
味が、中に染み込んできてますね。

出来上がり~♪

歯ごたえも良くて、飽きのこない味です。
味は、辛くしたり、お味噌を入れたり、自分の好みで加減してくださいね。


たった2枚で1品できますから、これ88円だったから、200円以下でできました。
給料日前のお助けの1品です。

プルーンジャムを作ろう!

今年は、天候不順で、プルーンも割れたり、痛んだりしてて、
あまりにもったいないので、ジャムにしてみました。
って言うか、それしか保存方法を思いつかないのでした。

まず、水で良く洗います。手間を惜しまなければ種は取ったほうが好いです。
しかして、横着ものなんで、後で取ろう。。。

グラニュー糖とレモン汁を入れます。

しばらくふたをして沸騰したら、こんな風に皮も剥けてきました。

皮から色が出てきて、鮮やかな感じに。

2時間くらいで、こんなにキレイな色に。

浮いてきた種を、ここで取り除きます。

泡だて器などで、残ってる皮を細かく砕きます。

さらに3時間くらい、煮詰めて、半分くらいになったら、出来上がり!



これ、ヨーグルトに最高ですね。
この赤い色は、ポリフェノールとアントシアニンです。
プルーンは、繊維質とカルシウムも多いので、甘さ控えめにすれば、さらに良いでしょう。

残り野菜で春巻きを!

決算書類の作成が、やっと終了!
なんか、やっと開放感に浸れる気がするね。

給料日前のピンチに冷蔵庫を開けて考えたら、
本日は春巻きに行き着いたのです。

【春巻き】
まずは材料です。

豚肉を炒めます。

野菜を入れて、味付けします。もちろん、いつもの砂糖・しょうゆ・酒・みりん・ごま油です。

野菜がしんなりしたら、水溶き片栗粉で固めます。

これで具は完了です。

ここからは、大急ぎで。


さて、こんがりと油で揚げたら出来上がりです。

ちょっと、味が濃くなっちゃったんだけど、まぁご飯のおかずとしては、これでいかな。
油のついでにフライドポテトなんかも揚げちゃうのも、好いよね。

梅干:作成中!!










コリンキー:かぼちゃなんだよ。


コリンキーは、見たまんま「かぼちゃ」の仲間です。

でも、ちょっよ違っているのは、ぽっくぽっく感が無いことです。
あっさり味で、皮ごと食べます。
切るのは、とても楽ですね。

かき揚げ
卵とじ
バターしょうゆ煮
団子汁
みそ汁

普通の食べ方もOK

でも、すごいのは、半生でも食べられるってことです。
レンジで2~3分チンしたのに「ドレッシング」なんかかけてもOK。

そして驚くことに「お漬物」にできることです。
「作り方」
ポリ袋に短冊切りして入れたら、塩・砂糖・酢を入れてもみます。
一日経ったら、これをテフロンなどのこげにくいフライパンで焼いて食べます。

なんとも不思議なカボチャなんです。

てんぷらの後は

デジカメがUPできなかったので、久々の食べることですね。

てんぷらは、暑いけど、冷蔵庫の残り野菜とかでできちゃうので、
かき揚げなんか、経済的で大好きです。

こんな感じで「てんぷら」が完成!!


さてその後です。
残った衣にキャベツをいっぱい入れます。

フライパンで焼きます。そのとき、てんぷらの副産物「天かす」も入れちゃおう!

ハム発見!玉子も入れちゃおう。

そろそろ、ひっくり返して。このフライパンの技をUPできなくて残念だ(笑

さあ、焼けましたよ。

紅しょうが、青海苔、ソースをいっぱいかけたら出来上がり!!
かつおぶしも忘れずにね。

てんぷらでお腹いっぱいだろうね。翌日の朝にでも、どうですか?

結構、簡単だし天カスのおかげか、ふっくらしてんだよ。
超オススメです。

メロンとかメロン

今日は、こっちじゃ七夕です。
でも雨なんだなぁ。。。

PCの不調による再インストールのために、Cドライブにあった
「お気に入り」も「クッキー」も「HPのパスワード」もすっかり消えてしまい、
10間もかかって、やっとこ復旧しました。
検索で自分のHPを探すだなんて、とほほ~~だったです。

さて、メロンもすっかりピークです。

キャナル


キングメルティー


キングメルティー102


ルピアレッド


サンレッド(R113)


そして新品種のかぼちゃ「コリンキー」です。



やっと、デジカメの画像をUPできました。
更新、できなくて申し訳なかったです。