2002年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

今年もお世話になりました

何とか、1年がんばってこられて、
これも、理解してくださる皆様のおかげと、
とても感謝しています。

ありがとう×∞

忙しかったけれど、とても充実していた1年でした。

来年も皆さまにとって、すばらしい年になりますように、
心からお祈りいたします。

良いお年をお迎え下さい。

それでは、また来年。
スポンサーサイト

出来事いろいろ

まずは、これです。
ミカンの産地混在事件
ミカンの産地が混在していたのは、ヨーカ堂。
熊本産と書いて売っていたものに西宇和産のミカンが混じっていたのです。
ミカンに名前って、ついてないよね。
どうして分かったかと言うと、ミカンに名前が付いていたからです。
西宇和のミカンには、1つづつシールが貼ってあって、それが熊本産の袋に混在していたのだから摩訶不思議!
パッケージしてる時に気が付くんじゃないの?
まぁ、味も価格も問題ないそうなので、ネタ振りってことで。

さてデリバリーにもたくさんのドラマがありました。
今年から佐川急便でも宅配をはじめたのですが、ヤマトに比べて料金が安いのが魅力です。
住所の枝番が分からないので配達不能や、2合いの荷物が1つ紛失等、かなりドラマチック。
そして、考えられないことが。
なんと12月7日に発送した荷物がまだ届けられていなくて、倉庫に眠っていた。
「どうしますか?」
「そんな日数の経ったものを届けるのは止めてください」
「依頼主に謝罪の連絡と再発送をお願いします」
なんたって急便って名前なのになぁ(笑

ヤマトでも、凍結したりんごが届けられて苦情が。
そりゃ、外に置いておいたらそうなるよね。
生ものですから。
そこんとこよろしくです。

そんなこんなで、発送が終わって、かなりほっとしてるところです。
もう終わりって言ってるのに今日も駆け込みで数件依頼されました。
荷物の遅配も多いみたいなので、もう今年中には届かないかもねぇ。

2002年もとにかく夢中でがんばって、終わろうとしています。
謝ることも多いんですけどね。
それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。

うどんげの花

更新さぼっていて、申し訳ないところです。
とにかく毎日、へビィな環境で仕事してるところです。

書かない間にも実は、たくさんの出来事が起こっていたのですが、
書かないうちに記憶が薄っすらとなってしまったりしています。

で、携帯にカメラがついたんで、面白くて何か面白いのが撮影できないかなぁと思っていたら、
「うどんげの花」を発見して、嬉々として撮影したのです。

「うどんげ」は「優曇華」と書くらしく、
うどんげ「優曇華」・インドの想像上の植物で、三千年に一度花を開き、その花の咲くときは金輪王が出現すると言い、また如来が世に出現すると伝える。
伝説の植物で、その花が咲いた時に仏様が現れるらしいのです。

また、トビカズラ という花の別名だと言う説もあります。

でも今、私が「うどんげの花」と呼んだのは
ウスバカゲロウの一種、クサカゲロウの卵のことです。
携帯の画像だと小さいので、見えにくいかも知れないんだけど、
実際は、こんな感じで虫の卵そのものです。


ちょっとコピペです。
それは、インドの想像上の花だといいます。正式名称は優曇波羅華(うどんはらげ)――ウドゥンバラ・プシュバ。三千年に一度花が咲き、その時にはとてもよいことが起こる――如来菩薩や金輪明王・転輪聖王(立派な王様)が現れるのだそうです。このことから、日本では通常「滅多にない吉祥」という意味の言葉として使われています。

さて、この優曇華の花ですが、実は想像の花ではなく実在のものらしい――少なくともモデルが存在していたようなのですね。ビックリです。それはインド原産の桑科イチジク属のフィクス・グロメラタで、葉は長さ十~十八センチの先の尖った楕円形で牛のエサになり、実は長さ三センチほどの倒卵型で食用となる。(おいしいのかなぁ?) 花は小型で、壺状の花托に包まれて見えないため、「滅多に花を見られない植物→三千年に一度開花→花を見ることが出来たらイイことがある」とされたらしいのです。

どこかで見つけたら、きっと良いことあるかもね。

タラの塩汁

すっかり真冬で、毎日寒いよね。
まぁ、部屋はあったかだけど、外のしばれは尋常じゃないです。
毎晩、水落とししなくちゃ。

そんな夜は、あったかい「タラの塩汁」なんてどうですか。

今日は「紫男爵いも」で作ってみました。タラもぶつ切りに。

まずは、昆布でダシを取ります。

紫の男爵いもは、剥いてもやっぱり少し紫色でした。

まずは、ジャガイモを昆布と一緒に煮ます。

煮えてきたら、タラも入れて、塩とお酒とみりんを少々。

最後にネギを入れたら、出来上がりです。

魚の汁物は、熱くないと美味しいくないですね。
熱いうちに食べよう!!


少し薄味にして、昆布ダシを堪能しましょう。
もちろん、ダシを取った後の昆布はそのまんま食べます。
なぜか、タラ汁の昆布はやわらか~くなってるんだよね。

あったまりました。

蜜が入るって

蜜入りのりんごって、それだけでなぜか美味しいような気持ちになるらしいですね。
蜜の入りやすいりんごもたくさんあるけれど、
厳密に言えば、りんごは長く木に成っていればいるほど、蜜が入ることが多いです。

蜜が入るのが珍しい「王林」ですら、完熟すれば、やっぱり蜜が入るんですよ。


実は「蜜」は、りんごにかかるストレスでもあります。
蜜については、
「蜜」は葉で作られたでんぷんが酵素によってソルビトール(糖の名前)に変化し果糖になったが細胞の間にあふれたものです。実際ソルビトールに甘味は薄いのです。
蜜部分の糖度は低く、決して甘くは無いのです。
でも完熟の証として、りんごに記された保証書みたいなものですね。

実は、このでんぷん質の過多が蜜の原因です。
蜜の入ったりんごって、苦労してるんだよなぁ。
そんな一生懸命のりんごたち。
美味しく食べて下さい。

凍れる

すっかり雪景色。
なまら凍れるんでないかい。

とにかく朝から疲れが漂う師走です。
こんなご時世だから、忙しいのはとてもありがたい事ですね。

今の所は順調ですね。
たまにデリバリー関係の処理などがあったりしますが、
クレームらしいのは「ジョナゴールドがボケていた」と言う苦情だけのようです。

「ジョナゴールド」につきましては、「サンジョナ」ですから、
味も色もとても良いのですが、果肉は柔らかめです。
決してボケているというわけではなくて、これが完熟した「ジョナゴールド」なのです。
多分、それまで有袋の堅めのジョナを食べられていた方にとっては、
果肉の柔らかさが、「ボケ」ていると感じられ、
ピカピカとした、油あがりの状態に違和感があるのでは?と推察しています。
質問箱にも書いてありますが、
ピカピカしてるのは「ワックス」などでは、ありませんので、
どうか安心して食べて下さいね。

まだまだ、忙しさが続く師走。
これが終わったら、少し休めるんで、それを楽しみに頑張るぞと。。。
年賀状に年末調整、あぁ、伝票も溜まりまくりです。
買っても読んでない本も多数。
日暮れが早いので、なんとなくせかされる毎日です。

まぁ、時間がくれば仕事は終わるんで、マイペース主義で行きます。
いろいろと未熟な点は、どうかお許しを。。。

体質改善のための食べ方3

【胃腸が弱い】
食欲が無い。食事の後胃が重い。
そんな時は胃液の分泌が減っていて、胃の消化力が弱っている時かも。
そんな時は、いっぱい噛むような穀物を食べて唾液をいっぱい出して食べましょう。
おかずは「アルカリ性」のものがお勧めです。
根菜類の煮物などは、良いと思います。
また「梅干」で胃液の分泌を促そう。

胃が弱っている時にだめなのは「甘いもの」
甘いものは胃液の分泌をストップさせてしまいます。
胃にはいっぱい働いてもらって、胃液を出してもらいましょう。
そして、一番胃に悪いのが「ストレス」ですよね。
胃の調子が悪いときは「気分転換」が最高の治療みたいですね。

腸が悪い時は、お腹が冷えていることが多いです。
冷たいものばかり取りすぎていませんか?
夏場に腸の調子が悪いなんてのは「エアコン」のせいだったりします。
陰性の冷たいものは、腸にとってはかなりのダメージです。
まずは「温かいもの」「陽性の食べ物」をお勧めします。

腸のとって一番良いなと思われるのは「ネバネバしたもの」です。
腸壁に出来た傷を覆い摂取した養分を吸収しやすくしてくれます。
「くず料理」「もち」「長いも」「納豆」いっぱいありますね。
腸内細菌が喜ぶものは何かなって、考えれば良いと思います。
「食物繊維」などは、お掃除してくれるヘルパーさんですよね。

胃腸は「命をつかさどる基本」なので、大切にして下さい。
暴飲暴食や不規則な食事でストレスで、胃腸を痛めてしまわないように。
食べることは、とても大切だし楽しいじゃないですか!

これは、お腹が喜ぶなぁと想像しながら、胃腸にやさしく温かく楽しく食べましょうね。
食べ方だけで、調子が少しでも改善すると良いですよね。

次回は低体温の人の食べ方です。
風邪ひかないで、今年いっぱいがんばろうね。

気がつけば

気がつけば、もう師走なんですよね。
どう見ても雪も積もってないし、今日なんかぽっかぽっかで小春日和。
まだ年末という気持ちじゃないのでしょうか。

それでも、ホワイトイルミネーションは、始まったし、
http://www.sweb.co.jp/kanko/white/
去年のツリーはここで見れますね。
http://sapporo.cool.ne.jp/photos/h/white.htm

外の気温や自然とは別にイベントは進んでいるようです。

ところでお詫びです。
昨夜のこと、りんごを積んできた大型トラックが電話線を切断してしまいました。
アナログ回線は無事だったようなのですが、
ISDN回線のほうは、全く使えなくなってしまいました。

今日の午前中には、復旧する予定ですので、ご了承下さい。

まぁ、とにかく毎日、いろいろな出来事が起こって、
その処理に追われる日々なんですけどね。
葉とらずりんごの売れ行きは、今のところ絶好調ですね。
選果が、微妙に間に合ってるのが奇跡的です。
やっと認知されて来たのでしょうか?

私たちのやりたいことに理解を頂けて、本当に感謝しています。
ありがとうございます。
今年も後1ヶ月、寒さに負けないで頑張ろう!!
(って、熱出して鼻の下にストロフルス出来てるンだけどね。。。)
みなさん、ご自愛下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。