2003年04月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

電磁波って何だろう-症状と解決案

それでは、電磁波が体内に侵入すると、どのような症状が出てくるのでしょうか。

軽いものとしては「目の疲れ」「肩や筋肉の疲労」「不眠」などがあげられています。
やがて「心身症」という重症の事例もあります。
この事例では、高圧電線の真下に居住していた住民があげられています。
「白内障」も電磁波が水晶体に作用したものだという事例もありますね。
「白血病」との関係も継続調査されています。

しかし、それも電子の世界にこと。
目には全く見えないのです。

私達の身体の中のタンパク質は、筋肉や皮膚を作ります。
ブドウ糖は、グリコーゲンに、グリコーゲンから再びブドウ糖へと体内で上手くその姿を変えながら、命の維持をしています。
その媒体となるものが「酵素」です。
酵素無くして、生体の維持はありません。
そして、その命令を行うものが「電気」です。
神経細胞がシナプスという中継を通してパルスで伝達するのです。
心臓が動いているのも、歩いたり走ったりするのも、電気のおかげですね。

電磁波の問題は、現代生活の変化とともに過敏に語られるようになって来ました。
しかし、まだ因果関係の証明はされていなくて、裁判ではことごとく、「推定無罪」の判決が出ています。

では、どうしたら電磁波の被害を少なくしたり無害化できるのでしょうか。

まずは、1案として
マイナスイオンを直接皮膚に当てたり、呼吸から取り入れたりして、電子不足の状態を作らないこと。
衣服は「麻」素材が一番マイナスイオンが多いとされています。
色はあまり関係ないようですね。
水道水は酸化還元電位がプラスなので、植物ミネラルや酢、木炭などを入れると塩素で囲んだものよりも電子が増えるようです。
お風呂などで試すと良いかも知れません。
皮膚から取りこみ効果はかなりです。
セラミックも効果ありますよ。

巷で販売されている「マイナスイオン発生シール」や「電磁波防御グッズ」
テスターで合格したものはほぼ半分しかクリアしていないとも聞きました。

「マイナスイオン発生器」はどうでしょう。
これは、人工の滝などを導入して霧を発生させる装置のようです。
マイナスイオンの量は、そうとう多いそうです。ただ設備費が高いですね。
「コロナ放電装置」は消滅が早いとのこと。

食は次回に。
スポンサーサイト

電磁波って何だろう-知識編

いや、話題になってますね。
スカラー派ーパナウエーブ研究ですか!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030428-00000316-yom-soci
ちょっと、いやかなり受けました。
白なら遮断出来るのかYO
突っ込みどころ満載の集団でしたね。

それじゃ、いったい電磁波って何なのかを考えてみよう。

電磁波はどこにでも存在しています。
電化された機器やOA機器からは、絶えず電磁波が出ていると考えて良いと思います。
電磁波は、前にも書いたようにプラスイオンです。
プラスに帯電すれば、健康には多少悪い影響もあると考えられます。

電磁波には、波長の長短があって、自然からのものと人工的なものがあります。
自然のものには、太陽光線、紫外線、赤外線、X線、ガンマー線、アルファ線など、放射性の高いものやエネルギーの強いものもあります。
人工的なものには、マイクロ波(最も波長が長い)を使っている、
電子レンジ、電磁調理器、携帯電話、ディスプレーの端末、高圧電線。
また、レントゲンなどもそうです。

危険と言えばそうでしょうね。
マイクロ波は、かなりの害が分かって来ています。生殖器にダメージがあるそうです。
携帯電話も脳に近い場所で使用しますから、影響あるでしょう。
精密機器を狂わせるということで、病院や飛行機でも禁止ですよね。

通常、身の回りにある電磁波はごく弱いものです。
ただ、それに長時間あたるのはやはり危険を伴うのだと思われるのです。

電磁波が何故いけないのか
アメリカの電磁波研究者によれば、
長い時間、電磁波を浴びると、体内にある分子が50/60秒という交流電気の振動に合わせて、激しく振動する!らしいのです。
ですから、細胞分子の間で不必要な電子の移動が起こるというのです。
そうなると、身体の中で命令系統に使われている電気反応が麻痺してパニックになっているという。

うん、調べて心配になったりしますよね。
でも、OA機器やテレビやビデオを見ないわけには行かない。
じゃぁ、どうするって話ですよね。
パニクって、白い服を着ちゃう?(笑

無効化する方法を考えるのが、大切だよね。
だって、現実からは逃げられないんだから。

現代社会の食を考えるにも、ちょっと関係ありますね。
電磁波も入れて、次回、考えを書いてみたいと思います。

こんなの発見しました。

近所に「味の時計台」ってラーメンのチェーン店がオープンしたんだよね。
そこで、こんなお祝いの花を発見!


さんまさんにダウンタウンだって!!

思わず撮っちゃいました。
まぁ、本人たちは絶対知らないんだろうなぁ(笑

この店は吉本とどんな関係なのかは、全く不明だけど、
有名人の名前って大きいよね。
まだ、味わってません。
どんな感じかなぁ。
通販では、ちょっと有名だけどね。

伝票溜まってます。。。

ちょっと春のマッタリを満喫しすぎちゃって、
伝票溜まってますです。

PCへの入力なんて、かな~り溜まってます。

忙しい時のほうが、ちゃんとやるんだよね。
ちょっと仕事がゆったりになると、何故か伝票とか書類の処理が溜まってしまうのです。
なんでだろう~なんでだろう。。。

自分でも、とても不思議なんだけどね。

現代の生活の問題点の考察:その1

前回の予告の現代生活の問題点についての考察です。

まずは、自分を振り返って思うのは、夜更かし寝不足の継続です。
朝起きる時間は大体決まっているのだけれど、寝る時間はさまざまです。
夜更かししてTVやDVD、CDにゲームにPCやネットの生活と夜に家電品に囲まれて過ごしています。
深夜まで「電磁波」「プラスイオン」に取り囲まれているんだと言う自覚はあるのですが、
なかなか、この生活から抜けられるものではありません。
電磁波漬けだとすれば、身体はかなりの酸性に傾いているものと思われます。

電磁波はすべて悪いものではありません。
低周波などは、治療にも使われているものだしね。
電磁波というよりも問題は「プラスイオン」だと思うのです。
携帯電話で脳がやられて痴呆になりやすいというデータもありました。

何故、プラスイオンがいけないのでしょうか。
例えば、皮膚にプラスイオンがつくと、体表からプラスイオンが電子を1つ奪います。
プラスイオンが増えればそれだけ電子は少なくなります。
いざ、活性酸素やウィルスや細菌が襲ってきたときに、それらに与える電子が不足していることになるのです。
そのため、活性酸素は細胞の中まで入り遺伝子であるDNAを傷つける悪さをすると推察されます。
成人病、がん、痴呆症などの遠因になるのだろうとも思います。
子供ならば、アトピーなどになっているかも知れません。

そして、それを補ってくれる「マイナスイオン」を取りこむ環境にない都会ならば、なおさら深刻ですよね。

そして、もう一つの問題点「酸性食」
次回に続きます。

土壌菌がりんごに移動するまで

前回に予告してから時間が経ってしまいまして、ごめんなさい。
土壌菌が、りんごを腐らすまでのことを書くでしたね。

土壌菌=土壌微生物
土壌菌とは、文字通り土の中に住む菌のことで、主として糸状菌(カビ)、酵母菌、放線菌、細菌(バクテリア)などに分けることができます。

最近では、土地の改良剤としてもこの微生物が使われたりしていて、
決して悪いものではないような印象があります。
でも、この菌がひとたび果実に付着すると、非常にやっかいなことになるんです。
なぜなら有機物を次々と分解して腐って土に返ろうとするからです。

土壌の改良や地球環境にやさしくて、有益な微生物なのですが、
りんごに付着してしまうと、次々と腐ってしまいます。

いまどきのりんごの収穫は、以前のような袋もぎでは無くて、
もっと原始的になって「手かご」で収穫します。
以前の主流だった袋もぎならば、土壌菌の付着の経路もすぐに想像できるのですが、
手かごで収穫が主流になった近頃では、そのりんごまでの経路が不明でした。

毎年、木箱かな落ちりんごでも混入してたのかな、と思っていたんだけど、
ある方のヒントで、分かりました。
まぁ、この説も推理の域は出ていないんですけど、かなり納得できる説です。

土→靴裏→濡れたはしご→作業手袋→りんご

なるほどです。
原因は、作業時に使う脚立に運ばれた菌でした。
脚立に登るために手を添える。
そこに、例えば雨で濡れたままで菌が生きていらなら、この経緯でりんごまで移動するのは簡単なことです。

だから、脚立(主に木のですが)を良く乾かして、土壌菌を繁殖させないことが大切なことですね。

ずっと前に「りんご酸」の接着力が何かに使えないかなと書いたのですが、
驚くことに、髪のフォームや歯磨き粉に使われるようになって来ましたね。
やっぱりさ、分かってても思ってても、商品化するのにはさ、お金とかかかるんだよね。。。

ただいま資金不足中(涙

春を見つけた

今週は、ほんとうにポカポカしてて
思いっきり春っていう感じです。

庭の隅の雪解けの土には、ほら「福寿草」が!!


そして春っぽい「ゆうやけ」も出て来たよ~


良いね、良いね、やっぱり春って良いね。
厚着しなくても良いし、外に出るのも楽しみになって来たしね。

それから、不思議なものを発見した。。。
「クエン酸」に何かが発生してた。。。

これ、いったい何だろう。
まるで、白玉だんごみたいなプニプにしたピンク色の物体。。。
うーん。
全くもって不思議だぁ。

そうそう、久保田利伸のコンサチケット、
何とかゲット出来ました。やった~。
レジも新しいのが来て快適です。

少しだけ、良いことが続いた春なのでした。
世界は、怖い肺炎と戦火の中だって言うのにね。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。