2003年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

高1が不正アクセス&ハッカーの世界

6月10日の新聞にこんな記事が載っていました。
しかし、この事件はネットのサイトには何故か載っていません。
http://www3.tky.3web.ne.jp/~rapeed/23index.shtml
犯罪のやりかたを示唆している事件なのかも知れませんね。

犯人は静岡の高校1年生
23の国や地域のHP約140件に不正アクセスして書類送検されました。
少年は「攻撃プログラム」と呼ばれる改ざんツールを使ってHPにイラク戦争反対などのメッセージを書きこんだのです。
これだけ大規模なハッキング行為は国内では初だと言うことです。
彼は「中2のころからハッカーにあこがれて勉強した。自分の技術が向上してゆくのが嬉しかった」と話した。

手口はこうです。
まずはスロバキアのHPにHP改ざんのプログラムを仕込む
タイのサーバーを通して(いわゆる串です)東京の個人のHPに進入して改ざん
メッセージを残した
発見したのは「サイバーパトロール」
通信記録から特定された
改ざんされた本人は、ハッキングには気がつかなかったという。
少年はコンピューターウィルスも自分のHPで配布していました。

ハッカーは最近進化している。
IPからどこのHPを見ているか追跡したり、場所の特定個人の特定にまで及ぶ。
hackerは元々技術に精通した人のことで、
最近は、犯罪者はクラッカー(cracker)と呼ぶ。

パソコンの雑誌にも良く紹介されているし、高度な知識が無くても
プログラムの操作が出来れば簡単に不正アクセスは出来る時代となりました。
どうかお気をつけて。
スポンサーサイト

出番ですよ!夕張メロンの初物&えぞ梅雨

夕張メロンの初物を食しました。
美味しい!
甘い!
糖度はピッタリ15度。

やっぱり元成りは美味しいや。

さて、最近定着しちゃった感のあるのが
「えぞ梅雨」
北海道は梅雨が無いとか言ってなかったっけ?
ところが1990年ころから7月の降水量が増えてるんだって。
しかも日照時間が減ってるんだって。
これも地球温暖化なのかなぁ。

梅雨はそもそも北太平洋高気圧の影響で上空に前線が延びて天気が崩れる現象ですよね。
前線は北上とともに力が弱くなります。
ところが北には「オホーツク海高気圧」があって前線は勢力を維持したまま北海道上空にとどまると梅雨に似た空になってしまうそうです。

梅雨が無いんだよーとか、もう自慢できないのね(泣

NTTの工事担当のものですが

最近多いですよね。
「NTTの工事担当のものですが」
「デジタル回線のテストで」
「電話の設置数の調査で」

思わずいじめたくなりますね〈笑
何故に最初から、
「NTTから仕事を委託されている下請けの○○ですが」
そう言えないんだろうなぁ。
何かやましいことでもあるのかなぁ。
などと思ってしまいます。

今の所、支店の担当の方にお任せしているので、
もし何かあったらその方を経由してお願いすることになる。
この形態になったのも、一度痛い目にあったからです。
たいして役にも立たない機械を高い金額で取りつけてしまい、
その後のローンの多さにビックリした記憶が。

その時に、同じNTTと名乗っていても、下請けもあれば委託業者もあるのだと初めて知りました。
大体、電話で済ましちゃうのは余りお勧めではありません。
営業でいらっしゃる業者さんでも、担当が毎回変ったり、同じことで違う人が何回も来る業者はバツですね。

「消防署の方から来ました」
これと同じですね。
電話で勧誘される方も、やましいところが無ければ、堂々と名乗ってねー〈笑

さくらんぼの心配事:盗むなよー

先日の台風くずれの低気圧の影響もあまり無くて安心したところです。
自然に天候に一番左右されるさくらんぼたち。
生産者さんのご苦労に本当に頭が下がります。

ハウス物に続いて路地物のすぐりもぎも少しだけ出てきました。
すぐりもぎと言うのは、木の中で早くから色づいた果実だけをよりすぐって収穫するのです。
だから1本の木から数粒ってところですね。

さてこんなに苦労して収穫までこぎつけたのを盗んでしまうという事件が
山形で頻発していますよね。

高級サクランボ次々盗難、摘み方プロ並みで被害1トン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030620-00000307-yom-soci
手口は、収穫直前の色づきの良いものだけを狙い、枝を切らず、実だけをもぎ取る手慣れたもの。また、実に軸が付いた状態でもがれており、商品価値が落ちないようにしたとみられる。ある農家は「サクランボ専業農家は、来年の収穫を考えて枝の根元にある芽を残してもぐ。今回はその芽が残っており、素人ではない」と話す。
県警も「サクランボの出来栄えなどに精通した者の仕業」との見方を強めている。一晩に500キロも盗まれており、複数の人間が入念に下見をしてコンテナなどを用意し、運搬用車両で逃げたと県警はみている。東根市の農協も「一人でもげる量はどんなに頑張っても1日50キロ」と指摘する。
収穫されたサクランボは、農協経由で首都圏などに出荷されるのが普通。県警は「盗んだサクランボを東京や仙台に運び、大量に売りさばく闇ルートがあるのではないか」とみている。

そうです。
さくらんぼもぎは簡単では無いのです。
果肉に傷を付けずに来年の芽を残し、しかも色つきのいいのを選んでなんて、
絶対にプロです。しかも数人どころか大人数でですよ。

怒りですよね。
全く苦労もせずに、もしお金に換えているとして、その果実を知らずに食べる人も可愛そうです。
早く捕まえて欲しい。切に思ってます。

いん石落下か? 地震計にも衝撃波記録

こんなニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030619-00000219-kyodo-soci

気象庁は19日夜、関東地方上空を16日夜に通過したいん石とみられる「火球」の画像を、静岡県伊東市役所屋上に設置した高感度火山監視カメラがとらえていたと発表した。
 撮影とほぼ同時刻、千葉県北東部から茨城県南部にかけての広範囲で「大きな爆発音がした」「光を見た」との通報が警察や消防、国立天文台に相次ぎ、気象庁はこの火球が原因だった可能性があるとみている。
 気象庁によると、撮影時間は16日午後10時7分40秒すぎ。伊東市役所から初島方向に向けたカメラの画面右上(北東方向)に、ぼんやりと火球が写っている。(共同通信)
[6月19日22時19分更新]

茨城県南東部から千葉県北東部の広い範囲で16日夜、大きな爆発音が確認されたが、この爆発音を裏付ける衝撃波が、両県と栃木県に設置された20カ所以上の地震計に記録されていたことが17日、分かった。気象庁は記録された波形から、いん石など何らかの物体が高速で通過したことによる衝撃波が原因とみている。(毎日新聞)

<火球>6月16日夜に関東上空を通過 広い範囲で爆発音も

 関東地方上空を6月16日夜にいん石とみられる火球が通過したのを、静岡県伊東市にある気象庁の火山監視カメラがとらえていたことが19日わかった。同時刻ごろ、茨城県南東部から千葉県北東部の広い範囲で大きな爆発音がしたが、いん石が原因であることを裏付ける証拠となりそうだ。

 いん石が写っている画像は全部で3枚。16日午後10時7分43秒から約1.5秒刻みで、雲の上で青白く光る火球が東の方向に動いていく様子がわかるという。ちょうど同じ時刻に、関東地方各地で爆発音を聞いた住民から測候所や国立天文台に問い合わせが殺到。茨城、千葉、栃木の測候所の地震計には衝撃波が記録されていた。

 いん石が空気中を音速以上で通過する時、衝撃波によって爆発音のような大きな音がすることが知られている。【河内敏康】(毎日新聞)

隕石だったんだね。
確定してみると宇宙の不思議を生で体験したってことかな。
前に書いたシベリアの火事も隕石が原因だったのかもしれない。

ハウスさくらんぼ

ハウスのさくらんぼの「佐藤錦」の収穫がピークになりました。

ハウス物は、まだ数量が少ないし、
ちょうど山形のピークと重なるので、栽培している人は少ないです。

今日は、台風から温帯低気圧に変わった前線の影響で雨です。
実はさくらんぼにとって雨が欲しかったのは3週間も前。
水を欲しがっていたさくらんぼは、裂果してしまう可能性が大きいです。
この雨で多分路地物は壊滅となりそうな気配が。

自然にはかなわない。
日々感じることですえ。

お弁当~あの頃に戻れたら~

新聞の切りぬきが、結構楽しい日課だったりするんだけど、
いろんなことをみんなが感じて生きてるんだなーと
感心したり、ちょっと泣けたり。

ちょっと前、そう1ヶ月くらい前の投稿だったんだけど、
ちょっと感動しちゃったのを紹介。

題名「お弁当」

「お母さん、試合のお弁当お願いね」娘に言われて知恵を絞る。
「おいしかった。ありがとう」の言葉が本当に嬉しい。
20数年前、中学生だったころ、歯はのお弁当に文句をつけて、
1週間毎日おにぎり2個しか作ってもらえなかったことがあった。
そのころ、町では学校給食がなく牛乳が当たるだけ。
小学校から高校まで12年間母の手作り弁当だった。
今のように冷凍食品も電子レンジもコンビニも無くて
「買い弁」なんてのも無かった。買ってもパンくらい。

共働きの母にとって、朝の弁当作りがどんなに大変だったか
当時に私には分かるはずもなく、父と同じ「つくだに」ばかりのお弁当に不満をもらした。
普段は怒らない母が、その時キレて、おにぎり2個ということになった
自分でお弁当も作れず、さびしいお昼が続いた
友達に「あんたが悪い。謝りなよ」と言われ
ついに母に「ごめんなさい。お願いします・・・」と何とか許してもらった。

今になってやっと、当時の母の大変さや、学校給食のありがたさが分かる。
きっと母も早く給食にして欲しかっただろうし、
毎日、おかずで悩んだだろう。

もし、あの頃に戻れたなら
「お母さん、お弁当おいしかったよ。ありがとう」
毎日素直にそう言いたい。

何か最後の1行に感動しちゃいました。
自分も同じく、毎日おかず同じだーとか、あれは嫌いだとか文句言ってたから。
あの頃の戻れたら、絶対に「毎日ありがとう。今日もおいしかったよ」
そう、言いたかった。

地球の自転が狂って来てるって?

最近、地震が多いですねー
地震とか異常気象のせいで、地球の自転の速度が速くなってるらしのです。

これは、どうも2000年の5月に2度に渡って起こった大がかりな惑星直列も関係しているらしいです。

自転速度に影響を与えるものには、こんなものがあります。
まずは、地震が増えるメカニズムの一つに太陽の活動からの地球への影響です。

地球と同じように太陽にも、惑星の引力によって生まれる潮汐現象があるが太陽からみて、この効果は最大となる。
その結果、太陽の黒点は異常に増加する。
黒点の異常増加はすなわち太陽面の爆発が活発になっていることを示す。
爆発の活発化は太陽からの風、放射性粒子が激しくなっていることを示す。
地球に飛んできた放射性粒子のために地球の大気に変動が起きる。
               ↓
そのため地球の自転に影響が出る。
自転速度が急激に変わることは、地殻の弱いところ、歪みのたまっているところにストレスが集中する

2003年は火星の大接近の年。もうすぐです。いったいどんな影響があるのか。

さて、自転速度が速くなったと実感できるのが、何かと言えば
自転と時刻のずれの修正が、現在4年間も行われていないのです。
これを「うるう秒」と呼んでいます。
地球が1回転する時間が30年前に比べて1/400秒くらい早くなったのです。
まだ、諸説あって原因はわかっていません。

#風の分布が変り気象変動が起こった
#地球深部の核とマントルの境界で巨大地震が起きて核の形が変化した

なんてのも。

時間って何で測ってるか知ってる?
そりゃ、知ってるよね。
1958年から使ってるもんね。

嫌になっちゃう「スパイウエア」

最近のポップアップの広告ってスゴイよね。
サイト1つに3個も出て来たりするのは、もう最悪。

その中でも特に怖いのがスパイウエア

ある日突然、パソコンに意味不明の広告や身に覚えのない画面が表示されることがある。これは「スパイウエア」と呼ばれ、ある特定のソフトをインストールしたり、海外などのホームページを閲覧したときに仕組まれるものだ。このスパイウエアは昔から多く存在しており、大半は広告を表示するものだが、最近さらに悪質なケースが増えてきている。

例その1
東京都内在住のE氏は、あるスパイウエアのおかげでパソコンのOSを再インストールするハメになった。
インストール時は何もなかったのですが、再起動後、起動時に必ず何枚もの広告画面が出るようになりました。
彼は、原因と思われるソフトをすぐに削除したが、肝心の広告は削除されなかったという。
「広告は1時間おきくらいに延々と表示されるので、とにかくウザいんです」。
困り果てたE氏がパソコン詳しい知人に調べてもらったところ、そのスパイウエアは広告表示だけではなく、彼の通信情報を外部に漏らしていたという。
「閲覧したホームページの履歴などが一定時間ごとに誰かに向けて送られていました」
結局、彼はOSを再インストールしたという。

例その2
埼玉県に住むM・K氏は、海外サイトを通じて悪質スパイウエアの被害に遭遇した。
「アダルトサイトを巡回していたら、広告画面が突然現れるようになりました。
その広告には表示を消す方法が書かれていましたが、かなり恐ろしい方法だったんです」
その削除方法とは「クレジットカード番号を入力すれば広告が消えます」というものだったのだ。
「どうしても広告を消したかったので、恐る恐るカード番号を入れました。すると、あるソフトがダウンロードされ、無事に広告は消えました。
その後、特に請求などはありませんが、偽造カードの番号に使われるんじゃないかと、いまも心配しています」

騙されないことと、万が一スパイウエアに“感染”したら一刻も早く削除しましょう。
現在では「Ad-aware」や「Spybot」といったスパイウエアの侵入を監視・駆除するフリーソフトもあるのでパソコンが奇妙な動きを始めたら、ぜひ一度試してね。
外国語だけど日本語パッチがもらえるサイトもあるよー。

ホワイトアスパラの食べ方

ずっと缶詰でしか市場に出回っていなかった「ホワイトアスパラ」が市場に出てきた。


ホワイトアスパラは、仁丹フーズ解体とともに、その栽培が消えつつありました。
缶詰のほとんどが、中国からの輸入になって行きました。
その生産の灯を消したくないという生産者さんと販売業者さんが多く、
最近になって、生のホワイトアスパラが市場に出回ることになったのです。

ホワイトを作るのは、とても大変な作業です。
盛り土の上のわずかな「白い穂先」「土の割れ目」を目印に収穫です。
ノミという金具を土中に差し込んで1本づつ切り取ります。

良く聞かれるのが、食べ方です。
生のホワイトアスパラをほとんどの人が目にしたことがないのです。

ますは、茹でるから。
茹でたら苦味を取り除くために、その茹で汁に3時間以上漬けこんでおく。
そのままでもマヨネーズかけても、ゴマ和えでもOKです。
焼く
炭火焼などは、そのまま網で焼きます。
ほろ苦いけれど甘いという不思議な味です。
揚げる。
天ぷらはそのままで大丈夫。シャキシャキ感を楽しむ。
生で。
細切りにしてサラダで。ちょっと苦いです。

野菜全般に言えるんだけど、
「白いもの」で「根菜部分」は、苦かったり、辛かったりします。えぐみとも言われます。
そのほとんどが、茹でたその汁に漬けこんだり米ぬかなどを使うと和らぎます。
とにかく新鮮なうちに食べるのが一番ですね。

ぼたん満開だよー

ボタンの花が満開だよー

ほんとに満開でスゴイのが短いのが「ぼたん」の花
立てば芍薬、座ればぼたん  でしょ。



素晴らしいの一言です。
切って立てても1日しか持たないんだけれど、そんな花の時間の短さが、
直、良いような気がします。
長く持つ花だと意外と咲いた時は嬉しいんだけど、そのまま忘れがち。
すぐに散ってしまうから、何か急いで飾ったり気にしたり。

ちなみに、早生のシャクヤク

ぼたんの進化系なのかな。
お薬にもなる。

畑の中は、毎日発見があって、楽しみです。

そうそう、ツバメも子供が誕生しました。
毎朝、スゴイよー

いも甘納豆

ちょっと、珍しいので紹介。

ジャガイモの甘納豆です。


ほくほく感を残したまんまで、食べたら甘納豆。
不思議な食感ですねー
お土産もいろんなのがあるけれど、今の所の北海道土産って
「白い恋人」や「マルセイバターサンド」かなぁ。

でも、野菜とか果物も、そこじゃなきゃ買えないものとかあるから
もし、私がもらうとしたら、そんな珍しい果物なんか超嬉しいんだけどね。
まりも羊羹もいろいろなパターンが出て来て、
りんごバージョンとか、ぶどうバージョンとかもある。
色が違うんだよね。味は多分同じ??

何書きたかったんだか、わかんなくなってるよね。
とりあえず、イモ羊羹とは全く違う「いも甘納豆」にちょっと嬉しかったということで(汗

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。