2005年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

野菜果物を食べよう!:昆布

また真冬に逆戻りです
朝目覚めたら15cmも積雪が!
さらさらした雪です、パウダースノーですね
シロップかけて食べたいくらいさらさらです(寒いから止めるけど)

【コンブ】
ヨードと食物繊維の健康食品

和食に欠かせない味がコンブのダシです
海草です
コンブの旨み成分は「グルタミン酸」です
コンブの成分では「ヨード(ヨウ素)」に注目です
ヨードは血圧を下げて、抵抗力を強め、新陳代謝に大切な甲状腺ホルモンを作る作用もあります
さらに多くのミネラルがあり、カリウムは血圧の抑制に効果が高いです
カルシウムにリン、体内の酵素の働きを活発にする「マグネシウム」も豊富です

やはり一番多いのが食物繊維です
コンブの食物繊維は「フコイダン」血液をかたまりにくくして、血栓を予防します
水で溶け込む成分が「アルギン酸」これには血中のコレステロールを下げたり
便秘予防や整腸作用があります
他にもカロティノイド色素の「フコキサンチン」はガンを予防し
また代謝を促すビタミンB群を含みます

カリウムやビタミンB群は実に水溶性です
だから、ダシを取るのは効果的な食べ方なのです
残った昆布も、アルギン酸など豊富に残っているので、煮物などで食べたいですね

最近の研究ではラミニンというアミノ酸が見つかっています
アミノ酸自体に、血圧降下作用がありますから、高血圧の人は是非食べたいですね

余談ですが、干したコンブの表面に白い粉がありますよね
あれは「マンニット」と呼ばれる糖分の一種です
ですから、ダシを取る時にあまりふきとってしまわずに水に入れたほうが甘くなるんですよ

コンブ成分まとめ
カリウム
カルシウム
食物繊維(アルギン酸)
食物繊維(フコイダン)
ヨード
フコキサンチン
ラミニン

コンブ効果まとめ
ガン予防
高血圧予防
動脈硬化予防
便秘予防
骨粗鬚症予防

次回は「大豆」です
スポンサーサイト

楽天とinfoseekが統合して

統合する案内時に登録が必要だったらしく、未登録のため
infoseekメールが見れていませんhttp://email.www.infoseek.co.jp/support.php

申し訳ありません
急ぎの時はHPのメールフォームからお願いします
http://kitakazoku.web.infoseek.co.jp/melt.html

今日は風が強くて冷たくてキツイです
やっぱり春はまだまだですね

今日は地元の果実を使った新商品の開発の話題を
今研究していらっしゃるのは「クラスター研究会」と言うところです
ここは「コックス・オレンジ・ピピン」を下さったO代表が新しく設立しました
研究ですが
りんごのペーストを使った「焼きリンゴ」や「りんごミルフィーユ」などで
4月中ごろから試験販売するそうです

規格外で加工にしかならない果実にいかに付加価値をつけるかは
どこの地域でも大きな課題です
そこで
リンゴ、サクランボ、ウメ、ナシ、プル-ンなどをペースト状にして保存し
それを加工できたら良いのではと大手のお菓子メーカーを呼び試食会が行われて来ました
今回の報告によれば
「ウメのリゾット」「豊後梅のマシュマロ」などウメのペーストへの評価は高かったものの
種が大きくペースト化の効率が良くないとのことで見送られ
次に評価の高かった
「よいち焼きりんご」(りんごのあんをリンゴ型の生地で包んで焼いたもの)
「りんごのミルフィーユ」(パイにりんごジャムをはさんだもの
が試験販売品に決まりました

今のところはお菓子作りはメーカーですが、将来的にはお菓子作りも地元でが目標だそうです

今日は画像が無いので
札幌駅の雪だるまで心を癒されて下さい

レッドムーン&坊ちゃんカボチャ

プラス気温でも風が冷たいです
春はまだまだ

今日のお昼にジャガイモとカボチャを食べました
ジャガイモは「レッドムーン」という品種です
カボチャは「坊ちゃんカボチャ」です
両方とも甘くて、とても美味しかった


レッドムーンとは(発送するときに入れる紹介文です)

有機栽培 レッドムーン
赤いジャガイモ・レッドムーンは栽培がむずかしく、まだ生産量の少ない品種です。安定した品質で上質のレッドムーンを作れるのは北海道でも数軒の農家です。
道外ではなじみの薄い品種ですが、赤い肌を割ると、ほのかに黄金に染まった身も美しく、栗にも似た甘味とねっちりしていながらも、ホクホク感に感動です。
形がすっきりとしているので、調理もしやすく、中身はほどよく黄金色ですので食欲をそそります。栗のような品の良い甘味をもったジャガイモで、見た目は「赤い色」をした「メークイン」だと想像していただけるとわかりやすいかもしれません
レッドムーンは、ネッチリした食感と甘味が大変美味しい、人気NO.1のジャガイモです。特質上、他のジャガイモより芽が出やすい品種でございますので、冷蔵庫等、冷暗所で保存くださいますようお願い申し上げます。

坊ちゃんカボチャ(同)

坊ちゃんカボチャ
「坊ちゃん」は、一つ500グラム前後と小さく、お料理しやい「食べ切り」サイズす。まるごとラップして電子レンジで調理でき、中に詰め物をしても華やかな一品に。
普通のかぼちゃよりも甘みが強く、ホックホク!とっても美味しいかぼちゃです。
ラップにくるんで電子レンジでチン♪としてもらうだけでもOKです。
中をくりぬいて、具をいれても美味しいです。
坊ちゃんカボチャの黄色い色の素は、活性酸素の害から体を守り、ガンや老化などを予防するβ-カロテン。
そのベータカロチン(ビタミンA )が普通のかぼちゃのなんと3倍から4倍!も含まれています。

昨年の収穫分を食べ終えたので、今年の収穫が待ち遠しいです!

コーヒーを毎日、肝がん発症率は半減

コーヒーを毎日、肝がん発症率は半減…厚労省研究班

コーヒーを毎日飲む人はほとんど飲まない人に比べ肝がんになる率が約半分――。厚生労働省研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)が実施した大規模調査で、コーヒー摂取量と肝がん発生率の関連がわかった。

 コーヒー好きには朗報と言えそうだ。16日付の米がん専門誌に掲載された。

 同研究班は1990年から約10年間、全国9か所の40―69歳の男女約9万人を追跡調査。この期間中に334人(男性250人、女性84人)が肝がんになった。

 この肝がん患者を喫煙などの影響を考慮して分析。コーヒーを「ほとんど毎日飲む」人は、「ほとんど飲まない」人に比べ、肝がんになった率が51%も少なかった。「1日5杯以上飲む」人では飲まない人の4分の1まで低くなった。

 コーヒーに含まれるどの成分が効果を及ぼしているかはわかっていない。ただ、同じくカフェインが多く含まれる緑茶を多量に飲んでいる人では、肝がん発生率の低下はほとんど認められず、コーヒー独自の成分の可能性が高いらしい。

 ただ、研究班は、肝炎ウイルスに感染していない人は、肝がんになることはまずないので、非感染者がコーヒーをたくさん飲んで予防しようと考えることはあまり意味がないとしている。
(読売新聞) - 2月17日0時13分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050216-00000514-yom-soci

コーヒー党にはかなり嬉しいニュースですよね
以前にも食後のコーヒーは血糖値の上昇を押さえるらしいことが話題になっていたけれど
今度は肝機能にも良好だとか
やっぱり、あの苦味が良いんだろうかな
良薬は口に苦しって言うもんなぁ

今日はプラス気温になりました
春の兆しが少しでもあると嬉しくなります

柑橘類不足です~ネーブルオレンジの話~

昨日は天気が良くなって
ついに倉庫の雪降ろしを決行しました、ほぼ6年ぶり?くらいかも
それだけ雪の量が多かったです
6年周期らしいです、ドカ雪って

屋根に登ると風が強くて、ほほに痛いですね
おかげで今日は筋肉痛、太ももの内側のとこが猛烈に痛いです
階段が辛いです

オレンジにはバレンシアとネーブル、ブラッドがあります
バレンシアの方が酸味が強く、ネーブルのほうが甘味酸味のバランスがとれていて、味が濃いです
ブラッドオレンジはアントシアニン色素を含み、その名のごとく、果汁が紅い色です
普通はバレンシアとネーブルが主流です
その両者の決定的違いは収穫時期です
バレンシアが夏の柑橘なのに対し、ネーブルは寒い季節の柑橘なのです

さて今年はアメリカも大変なハリケーンに襲われて柑橘類は収穫が少なめです
グレープフルーツも高いですよね

ネーブルオレンジ

ネーブルとはヘソの意味です
おヘソ部分を取り出して見ると、何と小さな果実になっています
ネーブルオレンジの中にまたネーブルが
19世紀の初めにブラジルに渡った地中海品種オレンジ群の枝変わりとして生まれました
ヘソを持った珍しい果実ということで、アメリカ農務省の目に止まり
その名前を「ワシントンネーブル」とつけられ育成されました

この育成に携わったのがカリフォルニアのリバーサイド市に住む
「エリザベス・チベット」夫人
リバーサイド市には樹齢100年を越すネーブルオレンジの原木があります
その記念碑には
「エリザベス・チベット夫人、あなたは1873年この場所にブラジル国から移植した
ネーブルオレンジを実らせ、オレンジ産業発展のみなもとを作りました
偉大なる栄誉をたたえます
              アメリカ合衆国農務省」

たった1人の献身的な努力が成果となって、いまのオレンジがあるんですね
異国の地にやって来た植物のストレスが人の献身的な愛で実ったって感じです
良い話しなんだけれど、彼女がどんな努力をしたのかは、どこにも残って無いんです
むしろ、そっちが知りたいなぁ…

柑橘系の果実を食べてると細胞が若返るらしです
TVの健康番組をちょっと見すぎですか…

「あまおう」食べた

商談でいらしたI商店のTさんからお土産に戴いたのが
「あまおう」というイチゴでした
これは、すごいです、かなり美味しいです
今日の「笑っていいとも!」にも取り上げられてた

少し調べてみました
福岡が生んだ福岡のイチゴ「博多あまおう」。この「博多あまおう」はJA全農ふくれんの商標登録だ。イチゴの実が「あかい、まるい、おおきい、うまい」と4拍子揃っていることから、頭文字をとって「あまおう」と名づけられた。
だそうです


戴いたのは糖度13度ありました、イチゴとしては結構すごいです

「博多あまおう」の市場デビューは2003年。全国のみなさんにもっともっと「博多あまおう」のことを知ってもらおうと関係者は奮闘中だ。一方でデビュー1年目ながら有名ホテルなどでデザートに使われ、すでに濃い赤色で大玉の「博多あまおう」に魅せられた人も続出

福岡では「とよのか」は導入から20年近くが経過しており、「ここらでちょと新しいものを市場に出そう」という機運が県内に高まったこと。ライバルの栃木県「とちおとめ」や佐賀県の「さがほのか」など、優良品種も市場に登場し、県の農業試験場では「福岡県も負けておられん」と平成8年から研究を開始し、5年間という短期間で「博多あまおう」を誕生させた。

「とよのか」の平均重量12.8グラムに対し「博多あまおう」16グラム。糖度は「とよのか」9.9%、「博多あまおう」10.4%と、「博多あまおう」は食味、重量など全てで「とよのか」を超えた。

デビュー1年ですっかり定着だなんて、ちょっと驚きだね
あかい まるい おおきい うまい

ネーミングも美味いです!

野菜果物を食べよう!:シイタケ

今日もシバレてますね
雪祭りも終わって、落ち着いた北海道です
作るのに2~3週間
壊すのは半日
祭りの後とは寂しいですね

間が開きすぎですね、食べよう!シリーズ続きです

【シイタケ】
キノコの定番、うまみと他に無い成分あり

シイタケは免疫強化とガン予防効果があるのは周知ですが
その成分が最近わかりました
「レンチナン」だそうです
レンチナンには感染症に対しても有効です
シイタケには、豊富なビタミンやミネラルも多いです
身体を元気にするビタミンB1とB2、塩分排出のカリウム、有害物を排出の食物繊維
などなどあり、しかも低カロリーでヘルシーなのです

一番他と違うのは、ビタミンDです
ビタミンDは骨粗鬚症を予防します、何故ならシイタケのビタミンDは「エルゴステリン」という成分が日光の紫外線で変化したものだからです
これは、小腸でカルシウムの吸収を普段の約20倍にします
カルシウムの効率的な吸収に最適です
ただ、日光に当たっていなければダメなので、干しシイタケが良いのは旧知のこと
機械干しも多いので、生でも干したものでも、少し日光に当てるのが理想ですね
裏返して干すと尚良いです、成分がカサの裏に集中してますから
生を少し干してそのまま焼いて、レモンや柚子で食べるのがシンプルかも

他にも「エリタデニン」があり、血中のコレステロールを抑制します
元からコレステロール排出効果の繊維質も多いので肉料理などには必ず使いたいですね
干しシイタケの旨みも欠かせないですから
干しシイタケは良く戻してから食べた方が効果が高いです
この戻し汁もアミノ酸が豊富で棄てずに飲むなり料理に使うことをお勧めします
砂糖を入れて戻すのが浸透圧の関係でベストです

ただし、食べ過ぎも良くありません
取りすぎると尿酸値があがりますから通風の心配のある方はお控えめに!

シイタケ成分
ビタミンD(エルゴステリン)
食物繊維
レンチナン
エリタデニン

シイタケ効果
ガン予防
高血圧予防
動脈硬化予防
便秘予防
骨粗鬚症予防

次回は「昆布」です

厳冬の風景

シャチ12頭、流氷に挟まれる 北海道・知床半島
シャチ1頭は流氷脱出、8頭死亡 北海道・知床

知床半島先端の北海道羅臼町の相泊漁港付近で7日から流氷に閉じ込められていたシャチ12頭のうち、1頭は8日、自力で脱出した。残る11頭のうち8頭は羅臼町の調べで死亡が確認された。
脱出したのは体長4~5メートルのメスの成獣1頭。午前6時ごろ、ゆるんだ流氷の切れ目から抜けだし周囲を動き回り、午後1時過ぎには約3キロ沖まで離れ、見えなくなったという。ほかの11頭のうち8頭は、力無く浮かんでいた。2メートルに満たない子どももおり、みな流氷にぶつかり傷だらけだった。

自然とは時に残酷です
シャチは春先には姿を見せますが、餌を求めて流氷に迷い込んだのかな

河にはハス葉氷、そして厳しいけあらし

強い寒気が入りこむと薄い氷がぶつかり合って丸くなって、まるでハスの葉みたいになります
けあらしというのは、海面の温度の方が高くなって「水蒸気」が立ちあがる風景です
どちらも厳冬時だけの美しい風景です

そして川面に「フロストフラワー(霜の花)」が咲きます
水面が急な冷え込みで凍り、薄氷の張ったところへ深夜フロストフラワーが出来ていきます


昨日2月12日ですけど、御神渡りが屈斜路湖に出現したそうです
湖畔の宿にぶしの里様
http://www1.ocn.ne.jp/~kussie/
の情報です

さぁ、そろそろ豊作を願ってさくらんぼの剪定作業が始まります
これも風物詩ですね
剪定というのは、余分な枝を切り落として果実の均質化を図る作業です
夏のギフト関連の予定はすでに商談が始まっています
昨年の台風の影響も気になりますね
秋に開花してしまった樹もあったようですし、樹が受けたストレスが心配です
豊作を祈るばかりです

かっぺ丸出し

えー札幌通いが一段落
やっと事務処理なんか出来そうです
非常にマズイくらい溜めているので
早く追いつかないと、焦るわーーー
すでに現金残高が合ってるかどうか不明ですよ
困ったよ・・・

札幌は、さすがに雪祭り
人が多いです、多すぎます
しかも、言葉が言語がいろいろ

勉強になったのは
エスカレーターは右側を開ける
右側は急いでる人のために止まっては迷惑
えー本屋さんで、荷物は下に置かないこと
地下鉄の乗り場間違えないこと

ステラプライスのシネマフロンティアで
映画も3回(オペラ・東京・12)見たんですけど
(木曜日は1000円、平日朝1は1200円と安く見れました)
映画が面白くなくても眠らないこと
(お隣の方が熟睡・・・寝息がすごかった)
音が出る食べ物は持って入らないこと
(えー食べにくいし、置くところ無くてヤバイです)
隣ににほいのキツイおじ様が来たら、マスクがあった方が良い
平日の朝は席自由なのですが、選ぶとこ間違えると大変
なーんて個人的見解でした

ヨドバシカメラのトイレはウオシュレット付きで良いです、安心です
女性トイレすいてるし(笑)
でも、ついつい余計な物を買ってしまいがちです、気をつけて

駅前周辺の変化はそうとうですよね
あー札幌に住んでたのがウソみたいに感じましたよ
(でも本籍は札幌のまんまですけど)
さらにいなかっぺになってましたよ、悲しいよね

第56回札幌雪祭り&魔法のたまご?

今週の札幌は雪祭りウィークです
真駒内会場は今年でラスト!あの滑り台が無くなるなんて寂しいですね

http://www.snowfes.com/

大通会場1丁目~5丁目だけ、少し見て来ました
とにかく「冬のソナタ」ばかりが目についてしまいます
これもタイトルは走るSL城なんですが

近くに冬ソナの特集があってBGMが流れているので込み合ってました

2005年夏休み公開予定の、「ロボ ッツ」も子供達に人気でした

テレビ塔がバックにあって、中々良いカメラポジションですね
携帯画像なのでイマイチです

帰りに「魔法のプリン」というプリンを買って来ました

卵の殻(本物)に入ったプリンは、カスタードプリン
壊れそうな殻をつっついていくと
底のほうからおいしいカラメルソース
セレブな気分になるかも(笑
1個105円でした!

節分です、ノロでお腹壊しました

早いもので、明日は立春です
そんな雰囲気が微塵も無いくらいの大雪です
今回は日本列島が雪に覆われて、スゴかったですね
北海道では日常でも、やっぱり大雪が続くといろいろとマヒしますね

えー1月の終わりに、食中毒を初体験しました
今流行の「ノロウィルス」ですね
原因は牡蠣でした。加熱が不十分だったようです

ノロウィルスとは
以前には「SRSV(小型球形ウイルス)」と呼ばれていたものです
冬季を中心に,年間を通して胃腸炎を起こします
60℃10分程度の加熱では病原性を失わず,塩素系殺菌剤や消毒用アルコールに対しても抵抗性があると思われます
感染経路は二枚貝,特にカキの関与が強く指摘されています
★主な症状
下痢(激しい水様便)・嘔吐・腹痛・発熱(38℃程度)
通常は3日以内で回復する
★潜伏時間
24~48時間

詳しくはノロウイルスに関するQ&A

回復したので連続2日札幌に行って来ました
成果無しだったんですけど
久しぶりに札幌駅界隈をゆっくりと見ました
変わりましたよねぇ
何か迷子になりそう
地下鉄東豊線も初めて乗りました
いろいろと田舎者っぷりを晒してまいりました・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。