2006年03月 の記事一覧

進化し続ける北海道野菜の新種たち

今、北海道では品種改良で特色のある農産品を作り、地域のブランドとして差別化して、北海道の農業を活性化しようという取り組みが、あちらこちらで起こっています。

ベンチャー企業が、農業に次々と参戦中

植物育種研究会(栗山町)ではタマネギの「さらさらレッド」
このタマネギには、血糖値を抑える成分が豊富です。
そして、北海道ではポピュラーだったけど、今は少なくなった品種の
「札幌黄」の復活を目指していたり、古いものと新しいものに両方から挑戦中。
これからは農業の時代だと言うのも、あながちまちがいではない気もします。

以前にも登場した、新しいお米「おぼろづき」
北海道は現在日本で一番お米を生産しています
きらら397やほしのゆめ、ななつぼしなど優良品種は16種です
しかし、他品種と混ぜないブランド米は道で開発した上の3種だけです
国の機関の農水省管轄で開発されたブランド米は、キタヒカリだけ
2005年になってやっと農業試験会議で優良品種として認定されたのが「おぼろづき」なんです。
味や耐冷性が高く、粘りやモチモチ感はコシヒカリにも対抗できると言うことで、国の研究ブランドとして関係者の期待は高いです
試験栽培した大量のおぼろづきが法律上、このブランド名を使えないため2005年度産のお米は「八十九」というネーミングで売り出しました。
先行販売分は60トン
北海道よりも関東などの都会での人気が高いそうです。
今年から本格的に栽培が始まります。
期待しています!

さらに比布町では、今年2月に新品種の開発として秋に植えた稲が刈り取られました。
北海道の認定を受けたばかりの「上育445号」や、「ほしのゆめ」を掛け合わせた85種を含む4880株です。
稲は道南農業試などで育成を繰り返し選別され早ければ6年後に新品種が誕生します。

ホクレン農業総合研究所(長沼町)が開発したのが
ジャガイモの「ひかる」です。
主に加工や業務用ですが、既存の品種よりも収量が多く病害虫にも強い。
今年は十勝管内で10ヘクタールが作付けされます。黄肉のジャガイモです。
男爵よりも大きく、加工用の「トヨシロ」「さやか」よりも収穫量が多い。しかも、表面のくぼみが少なく皮むきがしやすい。
ただ、晩生種に当たるが農薬が少なく出来るメリットがある。
「ひかる」は1993年からイギリスのサラダ用の品種とホクレンの持つ交配用の品種を掛け合わせ、2002年に道の推奨品種に認定されました。
ジャガイモの新品種は、2003年にポテトチップス向け「きたひめ」以来。


試される大地北海道、不況にも負けず自力で何とか頑張ってます!
スポンサーサイト

発芽胚芽米から、ギャバ(GABA)=(γ-アミノ酪酸)を!

ギャバ(GABA)=γ-アミノ酪酸(ガンマーアミノ酸)

以前(ギャバ(γ-アミノ洛酸)と発芽米)にも発芽胚芽米で書きましたが、その後の情報です。

■ギャバっていったい何?
ギャバは玄米等に含まれ、特に発芽玄米には多く含まれているアミノ酸です。
詳しく書けば、アミノ酸からの派生成分で、抑制性神経伝達物質です。神経伝達物質は神経細胞間、もしくは神経細胞からその他の目的細胞まで情報を運ぶ化学伝達物質です。
これが解明されたのは、今から50年以上も前のことなんだそうです。

体内では、アミノ酸のグルタミン酸から合成され脳に存在しています。
神経細胞の発火を抑える働きがあり、気分を穏やかにする助けをします。

■ギャバを摂取するとどんな効果があるの?
これまでに報告されているGABAの主な生理活性作用としては、脳の血流改善、血圧降下、精神安定、腎・肝機能活性、アルコール代謝促進作用、消臭などがあり、大腸がんの抑制作用についても期待されているようです。

脳がパニック状態になると神経細胞が興奮するという状態になります。このとき脳にあるシナプスに含まれている物質が分泌されます。
ギャバはそのシナプスの3分の1くらいの割合で含まれていて、この時点で脳内に流れ出ている状態になります。
これによりギャバはパニックした脳を落ち着かせてくれるのです。

イタリア、ミラノのMilan大学における「人間における成長ホルモンとプロラクチン分泌に関するGABAの効果」と題される最初の臨床研究です。それによると、19人の被験者において18人が5グラムのGABAの処方によって投与後約 90分で成長ホルモンが著しく増加したことが報告されました。なお、現在ギャバの研究において他にはない成長ホルモンの効果が確認されています。
また、ギャバの研究で最近発見された事でギャバはアルツハイマー系の痴呆にもよくきくとされています。

■ギャバはどんな食物に含まれているの?
玄米に豊富にあるなら玄米食べれば良いんじゃないの?
と思われるでしょうが玄米そのものには少ししか存在しません。

ギャバが含まれている量で言えば、白米には1mg、胚芽米で2.5mg、玄米で3mgとされていて、発芽玄米にふくまれているギャバの量は10mgとされています。
そのためギャバは米に含まれているので普段の食事の中でも摂取できるという事です。

結論から書けば「発芽」させれば、白米の10倍になると言う計算になります。

トリノオリンピックの金メダルで沸いた荒川静香選手がCMしていたことで有名になったのが「金の芽米」ですが、これは胚芽部分を少し残すように精米したお米です。
HPから拝見すれば20%くらい残っているみたいですよね。
普通に炊飯器で炊けるので扱いやすいですよね。

発芽させて玄米を食べるのが一番だけれど、玄米の外側の殻(米ぬか)には「フィチン酸」があるので、せっかくのミネラルを吸収させないという難点も存在します。
普通に発芽させて真空パックにして売っている「発芽玄米」もありますが、発芽させるために水に浸すわけで、パックにするときに、ギャバが含まれた水を捨ててしまうというもったいないことになっています。

■発芽胚芽米の取り組みと問題点
そこで考えられたのが「みのり産業」から発売されている機械「玄米シェフ」です。
これで精米すると、何と80%の胚芽部分を残したまま普通に炊飯器などで扱えるわけです。

北海道米の美味しさと健康を一緒にお届けできたら良いなと思いつつ、
これまでいろいろと取り組んできたんだけど、まだ問題が残ったままで、販売までこぎつけずにいます。
それは、輸送による胚部分の落下だったり、時間や温度による酸化だったりと、お米自体のことではなく輸送や保存です。

さらに問題なのは「発芽している」状態が理解されないことです。
発芽した画像はこういう感じです。

★芽が出ている画像★
発芽胚芽米1

★ご飯になった画像★
発芽胚芽米2

(画像は「みのる産業」さんから戴きました!感謝です)

発芽胚芽米の詳しい解説や食べ方などはみのり産業さんのHPでご覧頂けます。
レシピもあります。
http://www.agri-style.com/products/d_pamphlet/genmai_chef2/body.html

美味しくて身体に良いなんてこんなに良いことないですよね。
しかもサプリみたいに取るんじゃなくて自然に食べ物から取りたい
発芽胚芽米がたくさんの人に認知されて広まると良いなと思ってます

「いのちの水 余市・竹鶴政孝物語」 放送日訂正です。

ニッカウヰスキーの創業者の生涯を追ったドキュメンタリー
「いのちの水~ 余市・竹鶴政孝物語」

の放送時間なんですが
北海道新聞に書いていた通りにブログに記載しましたが(現在は修正しています)
http://kitakazoku.blog6.fc2.com/blog-entry-576.html

北海道文化放送(UHB)のHP番組表で確認したところ放送日は
3月26日(日)24時45分からになっていましたので訂正します。

余市の風景も満載です。是非ご覧下さい!

北海道の牛乳100万本廃棄問題

牛乳100万本廃棄 「太る」印象、消費者敬遠 牧草スクスク、生産過剰

ちょっとやな見出しですねこれ
2・3日前まで1Lの牛乳買ったら200mlのパックがついていました。
牛乳おまけ

プレゼントとなっていましたけど。

高カロリー・高脂肪のイメージで健康ブームに乗り遅れた形の牛乳が大量に余り、廃棄処分される異例の事態になっている。
「ホクレン農業協同組合連合会」では十八日から、千トン(一リットルパック百万本相当)の廃棄を始めた。昨夏の猛暑で牧草の生育が良好で生産過剰になり、飲料として余った牛乳を加工処理する工場がフル稼働しても追いつかない状況だ。さらに今後は春休みで給食がなくなり消費が激減、合計一万トン以上が廃棄処分される。

牛乳の消費量は平成十六年から、前年比3%を超える減少が続いている。栄養豊富=太るという誤ったイメージが先行、他の健康飲料に押されている。百世帯当たりの対前年同期比で、豆乳108%、茶系飲料104%、スポーツドリンク111%、ミネラルドリンク106%と他の飲料が伸びているのに対し、牛乳だけが93%と大きく落ち込んだ。

これに対し、生産は昨年九月から前年比増に転じた。牛乳は飲料として消費されなかった場合、脱脂粉乳やバターに加工される。現在、北海道などで一日五百トン以上の牛乳を全国の工場に分散させ、フル稼働で処理している。

しかし、脱脂粉乳からの加工品のうち56%を占める加工乳が十二年の雪印食中毒事件以降、急減し、昨年は事件当時の七割以下。バターも用途の30%に当たるパンの需要が十三年から前年割れを続け、在庫が積み上がっている。脱脂粉乳とバターを合わせた在庫は、一月現在で十一万トンと適正の二・五カ月分を上回る六カ月分に膨らんだ。

今後はさらに深刻だ。暖かくなるにつれ、一頭当たりの乳量が増加。北海道では三月から四月にかけ、過去最高の生産が予想され、そこに小中学校の春休みも重なる。消費量全体の10%を占める給食が二週間以上なくなり、その時期だけで四万トン以上の牛乳が余ることが予想されている。

生産者団体のJAなどは急遽、余った牛乳を子牛に与えたり、高齢の牛を食用に回すことなどを呼びかけたりしているが、「減産といっても、工場と違い搾乳は休むわけにはいかない。
乳房炎などの病気になってしまう。牛は生き物で蛇口じゃない」との反発は強い。

ホクレンでは春休み中、道内のスーパーなどで一リットルパックに二百ミリリットルパックのサービスを行う。板東部長は「厳しいのは分かっているが、これ以上の廃棄はしないよう最大限の努力をする」と話す。

農水省生産局畜産部では「現在でも加工工場が手いっぱいで綱渡りの状態だ。今後、減産がうまくいくかは不透明で危機的状況」としている。

▽News Source Sankei Web(産経新聞【2006/03/19 朝刊】)
(現在、Webの記事は削除されています。)


さてこの問題に減産以外の解決方は無いのでしょうか。
牛乳を飲むのってある意味習慣なんですよね、ここ数年は毎朝牛乳飲むんですけど、長い間飲まなかったです。
嫌いでしたし、お腹にザックリ来るじゃないですか。
しかしですね、完全栄養として日本人にかなり不足しているカルシウムなどを確実にとれるわけですよ。

豆乳とか人気って言うけれど、イソフラボン大量に取るのは危険ですよ。
前に書いた記憶があるけど、大豆には植物エストロゲンがあり性ホルモン系の抑圧効果があるのです。
大豆サポニンという化学物質も存在します。
サポニンとヨードが、打ち消しあって無毒になることが分かっているのでこちらは回避できますけど。
生で飲む豆乳は大量に取るべきでは無いと思います。
美味しくないのに健康という言葉に翻弄されすぎ!

サプリなんかも危ないですよ!
今流行の「コエンザイムQ10」とか

これは元は心臓病の薬で「ノイキノン」という商品名で処方されていました。他にも低血圧の改善とかの効果もあります。
血圧高い人は危険だよね。
一日の上限は医薬品の現場では30mg以下。
なのにサプリになるとDHCなんて一日分で90mg配合とか書いてますよ。
大丈夫なんですかね、取り過ぎて副作用が」あるとか誰も調べてないみたいなんだけど、若返りとか書かれてるけど。
これは自分の身体で作れる酵素だし、加齢と共に減るっぽいけど、成長に関係しなくなるから減るんだって思うんだけど。
何か怪しい・・・何から造られてるのかも公表されてないし。

そんな怪しいものにお金使うくらいなら、牛乳飲めって!!
言いたいです!
カルシウムとってイライラ解消しましょうね。

神が宿った男達!優勝おめでとう王ジャパン!

キューバは思った以上に怖かった!
追いつかれる、追いつかれたらもう・・・心配でドキドキ
でも、そういう心配は杞憂に終わりました。

日本では祝日、しかも靖国の桜が開花宣言!
何でしょうこの偶然、すごいよ神様が祝福してくれていたとしか思えないです!
神が宿った男達!

感動をありがとう!王ジャパン!
王JAPAN

誰かが、というのではなく全員で一丸となっていた。このWBCで日本代表をずっと見てきましたけど、試合するたびに強くなっていった。プレーをすればするほど、“JAPAN”としてまとまっていった。
「おめでとうございます」「お疲れさま」「感動をありがとう」
言葉は尽きない。

パ・リーグの選手は日本に帰ってきてすぐこの週末に開幕だし、本当に大変だと思うけど、みんなに素晴らしいものを見せていただきました。
メジャー、メジャーと言われるけど、日本の野球が世界でナンバーワンだと証明してくれて、誇りに思います。
本当に感動しました。世界中に野球の楽しさ、面白さが伝わったと思うし、伝わっていればいいな、と思います。
(三浦大輔さんの言葉より)

今回は昨年始まるはずだったのが、ごたごたで1年遅れで開催。
おかげでくしくもサッカーのワールドカップと重なった。
ここに何か感じるものがあるんです。
開催国に都合よいルールに振り回されたりしたけれど、サポーターのマナーに悲しくなったりしたけれど、そういう部分を神は見逃さなかったんだろうね。参加した選手たちは何を学んだんだろう。
持ち帰るものは無数にある。
スポーツで与える感動や影響は、どんな広報よりも強い。
日本が1つになった春の日は、これから進む明るい日本の未来像をイメージさせました。みんなで頑張ろうよ!

WBCで、イチローが教えてくれた事

「勝つべきチームは僕ら」 
野球人の誇りを懸けた戦い、イチローはそう言った

これまでの2度の苦い思いを晴らすような6―0の勝利。しかし自らも含め、日本の選手が感情をあらわにして、韓国ベンチに向けてガッツポーズをすることは一度もなかった。

「当然でしょう。野球はケンカではない。そんな気持ちでした」。しかし、今大会における韓国選手たちの振る舞いには闘志をかき立てられていた。
例えば2次リーグで日本に勝利した後、太極旗をマウンドに突き立てた者がいた。この日、5打席目の邪飛を捕球した三塁手は、そのボールを打者のイチローに向かって投げつけた。それ以外にも敬意を欠く行為が連続。大好きな野球が冒とくされた、と強く感じていた。

本当の強さやプライドは、プレーそのもので表現すべき。少なくとも、イチローの固い信条は日本野球で培われたものだ。「勝つべきチームが勝たなくてはいけない。そのチームは当然、僕らだと思っていた。きょう負けることは、日本のプロ野球に大きな汚点を残すことと同じ」。

絶対に負けられない韓国との3度目の顔合わせは、イチローにとってアスリートの尊厳を守る“聖戦”でもあった。
そんな志に、日本代表のメンバーは完全に同調している。「本当にいい仲間ができました」。チームリーダーが、やっと満足げに笑った。(共同)
http://www.sankei.co.jp/news/060319/spo063.htm

イチローは、クールでマスコミが大嫌いなんだと思っていましたから
今回のWBCでは、本当に驚かされました。
韓国を破って決勝進出を決め、チームメートと抱き合って喜ぶイチロー

「冷静沈着」これが彼のイメージ
しかし、こんなにも熱く興奮を表に出し、子供みたいに無邪気に相手を挑発したりしてて!
松井派だったのに、今やすっかりイチロー派です。
イチローの発言って、
2度も負けながらフェニックスみたいに生き返った原動力だよね
まさにサムライ!

打席に立つたびに沸き起こる大きなブーイング
ダンボールでホームランボールを叩き落し
イチローにもらったばかりのサインをイチローの目の前で破り捨てる
韓国ドラマ大好きで、韓国俳優も好きだったのに、一気に冷めました。
こんなに心の狭い国やったんだ。。。
悲しいな。
ほら、野球だから、もっとかっこよく行かなきゃ。
マウンドに国旗差すなんて、使わせていただいたマウンドに失礼だよ。
日本はそんなことしないで下さいね。

今日になっていろいろな新聞見比べたら
朝日は韓国よりだって気がついた、うち日刊スポーツ(朝日系)もとってんだけど
スポニチに変えた方が良いかなぁ。。。
TV局はもテレ朝はそうだよね
視聴料払ってるから言うけど、国営なのに荒川の国旗でリンク一周も映さない、中国寄りのNHKよりはましだけどさ(笑)

桜枯らす病気、カビが原因「てんぐ巣病」発生!

桜枯らす病気18県で確認 カビが原因「てんぐ巣病」
 感染すると花が咲かず木が枯れる「てんぐ巣病」の状況を、財団法人日本花の会(東京都)が宮城や兵庫など28都道県の53カ所の桜で調べたところ、18県の25カ所で感染が確認されたことが20日までに分かった。
 ソメイヨシノの被害が目立ち、同会の和田博幸主任研究員(樹木医)は「感染力が強いので、全国に拡大しているとみられる」として、病巣部の切除などの対策を求めている。
 てんぐ巣病の原因はカビの一種のタフリナ菌で、胞子が飛散したり雨水に混じったりして拡大する。感染した枝は花が咲かず、枝の所々に多数の小枝がほうき状に群生。放置すれば数年から10数年で枯れる場合があるという。
(共同通信) - 3月20日9時2分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060320-00000036-kyodo-soci

去年さくらんぼを襲ったのが
【サクラ幼果菌核病】 下の日記過去ログ参照
http://kitakazoku.blog6.fc2.com/blog-entry-63.html
〈病  原  菌〉 Monilinia Kusanoi
サクラの開花、開葉期に著しく発生し、新葉、葉柄、幼梢および果実が侵され、葉身全体に広がり被害部は急激に軟化、腐敗して下垂します
被害が激しいときは枝先まで枯れて樹体が極端に衰弱するために花はほとんど咲きません。また、サクラの種類によっては幼若な果実も侵されます。この場合にはまず果柄が褐変して細くなり、次いで幼果実も褐変、萎縮してまもなく枯死します。
この病気はモニリニア・クサノイ菌と呼ばれる糸状菌(カビ)の一種によって起こる伝染病で、特に果実を侵します。病気にかかった葉の裏や葉柄、幼果などをよくみると、灰白色の粉状物(病原菌の胞子)で覆われています。この胞子は早春から5月過ぎまで次々と作られ空中に飛散して伝染します。一方、樹上でミイラ状に変形して残っていた病果は、秋頃までに地上に落下して越冬します。翌春、3月下旬から4月上旬頃に、この菌核から小さいキノコが発生し、このキノコの中に作られた胞子が空中に飛散し、開葉期の若葉などに感染して発病させます。


この病気の原因もまた「カビ菌」でした。
人もそうだけど、体力が弱ると、いつもなら絶対に負けるはずのない菌にじわじわと身体を蝕まれてしまったりしますよね。
的確な時期に農薬などを散布できない(花見なんかあるしね)「ソメイヨシノ」とか絶滅みたいにならなきゃ良いんだけどね。

----------------------------------------------------------------
上のは植物の病気だけど、ストレスなんかも樹には関係あるみたいです。

病気というのは不思議なもので、過不足無く必用なものをとっていけば、内蔵系の病気の改善は徐々にやってくるんだなぁと実感します。
母親の病気から調べて実行し続けた食べ物の効果も5年の歳月をかけて実りました。
HAC値が正常になり、インシュリンを出すお薬が処方されなくなったのです。

まず、同じ薬しか出さないお医者さんを変える(これ重要)、なぜなら、糖尿の薬は日々進化しています。学習しないお医者さんは、あなたを治せないのです。
そして自覚です。何故この病気にかかったのか、ストレスはどこにあったのか、食べるものがどうだったのか、自分を見つめること。
人のせいにしちゃだめですよね、弱かった自分の部分を認めることが大事なんじゃないかと思いました。

もし、家族の誰かが糖尿病になっても諦めてはダメですよ。
食べることでなった病気は、食べることで治せる!
これは本当です。
インシュリン注射になって居なければ諦めないで下さい。
自分に対しても未来にこの病気にならないような生活をするように言い聞かせてます。

ニッカ創業者「竹鶴政孝物語」3/26(日)UHBで放送です。

ニッカウヰスキーの創業者の生涯を追ったドキュメンタリー
「いのちの水 余市・竹鶴政孝物語」
番組は北海道文化放送(UHB)で3月26日(日)24時45分から放送されます

ニッカウヰスキーの創始者、竹鶴政孝

竹鶴氏について、詳しくはニッカウヰスキーのHPの
ウヰスキーに魅せられた男、「竹鶴政孝」参照

この放送に先立って、余市町では26日の午後3時30分から町中央公民館で無料の完成披露上映会を催します。
上映会は町民問わず、どなたでも参加できるそうです。

作品は札幌の非営利組織「歴史映像ユニオン」(富永哲代表)は呼びかけ、地元の医師や経済人が実行委(小嶋研一会長)を組織して映像化を進めていました。
竹鶴氏がスコットランドでウイスキー造りを学び余市に工場を備えて成功させた生涯を関係者のインタビューや再現ドラマで描いています。
ドラマ部分には実行委員会のメンバーや町民、ニッカウヰスキー北海道余市工場と従業員も登場します!
移築された旧竹鶴邸


北海道の皆さん、是非ご覧下さい!

温暖化の原因は?オゾン層破壊かCO2か…正解は1割

温暖化の原因は?オゾン層破壊かCO2か…正解は1割
 「オゾン層が破壊されると太陽光が強く照らすようになり地球が温暖化する」。地球温暖化の仕組みをそのように誤ってとらえている人が、二酸化炭素(CO2)が原因と正しく理解している人よりも多いことが、国立環境研究所の青柳みどり主任研究員らの調査でわかった。

 CO2と答えた正解者は1割にも達しなかった。欧米でも温暖化とオゾン層破壊の混同が認められるという。

 青柳さんらは先月、環境問題にある程度の関心を持つ首都圏の20歳代~50歳代の男女39人を6グループにわけ聞き取り調査した。

 すべてのグループから温暖化の原因をオゾン層の破壊とする意見が出され、最も支持を集めた。大気中のCO2濃度の上昇という正解は3人だけだった。

 また、青柳さんらが2004年に行ったアンケート調査で、地球温暖化の影響を複数回答で聞いたところ「オゾン層の破壊」を挙げた人が最も多く、75%を占めた。アンケートは東京都内で、地球温暖化にかかわる映画の試写会に併せて行い、384人が回答。ドイツでの調査でも、60~70%が温暖化の影響に「オゾン層の破壊」を挙げた。温暖化の原因だけでなく影響面でも誤解が広がっている。

 青柳さんは「異常気象などで危機感を伝えるだけでなく、温暖化の仕組みを理解したうえで対策が取られるような啓もうが必要だ」と話している。
(読売新聞) - 3月15日15時53分更新


少し分かりにくい構成の記事になっているようなので補足を
>温暖化の原因をオゾン層の破壊とする意見が出され、最も支持を集めた
この部分が誤解なんですね
今考えられている温暖化の原因は
>大気中のCO2濃度の上昇

なのです。

何故、オゾン層の破壊が温暖化の原因だと誤解されていたのでしょうか?

今地球はたくさんの環境破壊にさらされていますが、その中には
地球温暖化、成層圏オゾン層変動、環境ホルモン、ダイオキシン、オゾン層の破壊など同列でピックアップされていますよね。
温暖化という文字とオゾン層破壊の文字を一緒に目にする機会が多いからなのではないのかと推察しました。

オゾン層の破壊とは紫外線を吸収する働きをもっているオゾン層を破壊してしまう現象 です。 原因はフロンです。
フロンガスも温室効果ガスで、二酸化炭素に比べると、寿命も長く、数千~数万倍も地球温暖化の効果があります。フロンガスは人間が作り出したもので、オゾン層を破壊するガスとしても知られています。

世界各国の二酸化炭素排出量は、1位がアメリカ(世界の全排出量の23.9%)、2位が中国(14.5%)、3位がロシア(6.4%)、4位が日本(4.9%)、そして5位がインド(4.4%)です。それぞれの国に住む人一人が1年間に出す二酸化炭素の排出量(CO2換算)を比べると、アメリカに住む人(20.2トン)、中国に住む人(2.7トン)、ロシアに住む人(10.7トン)、日本に住む人(9.4トン)、そしてインドに住む人(1.0トン)
参考:EDMC「エネルギー・経済統計要覧2005年版

確かにフロンも二酸化炭素も同じ温室効果を持つガスなのです。
誤解だと断言するのは難しいです。
しかし、二酸化炭素は減らす努力をするべきもので、出来るものなのですよね。
減らす方法が認知される以前に、温暖化の犯人を知ることが重要だと言う記事だったのですね。

昔、私たち人間は、人間、馬、牛、ロバ、ラクダ、水、風の力を、ものを動かすもと、すなわちエネルギーとして使ってきました。しかし、18世紀後半に産業革命が起こり、それ以降、石油や石炭、天然ガスなど化石燃料を使うようになりました。化石燃料は、大昔に地球上に生きていた動植物が死んで、地球深く閉じ込められ、長い時間地球の圧力がかかった結果、作られたものです。大昔の動植物が大気中から得た二酸化炭素を別の形で保管しているようなもので、それを掘り出して燃やせば、現在の大気中に、昔の二酸化炭素が追加されることになり、量が増えました。

 また、人間が農地にするために、光合成によって空気中の二酸化炭素を固定する森林を切り倒し、その木を燃料のためにたくさん燃やしたことも二酸化炭素が増えた原因です。

参考:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「第3次評価報告書」2001年

日銀、「量的緩和政策」解除を決定

http://www.asahi.com/special/060307/TKY200603090182.html

日銀、「量的緩和政策」解除を決定
2006年03月09日14時26分

日本銀行は9日の金融政策決定会合で、01年3月に導入した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除することを賛成多数で決めた。
金利を上げ下げする通常の政策に戻り、当面は、誘導目標となる短期金利の水準を0%近くとする「ゼロ金利政策」をとる。
同時に、今後の政策運営を予想しやすくする「目安」も公表した。
日銀が金融政策を引き締める方向に動くのは00年8月のゼロ金利解除以来。
景気下支えとデフレ克服のために導入された異例の超金融緩和政策は5年ぶりに終わった。
-----------------------------------------------------------------
一言で言うなら日銀による事実上のデフレ終結宣言です。金融危機は過ぎたと言う判断ですね。

でも本当に景気は良くなったんだろうか
日銀は銀行にお金を貸し出します、量的緩和以前は全体の銀行への貸し出し(当座預金残高)は6兆円と言われていました。
緩和政策で35兆円まで緩和しなおかつ常に資金を保っていたのですが、そろそろ通常に戻そうということです。
この緩和政策で銀行がお金を使って下さいと貸してくれたのも事実。
ここで打ち切りになるとまず金利が上がります。
当然国債の金利も上がります。
政府と日銀はいつ戻すのか対立してきたのですが、ここで日銀に押し切られた形ですね。

これまで低金利のせいで株など投資に流れていた資金がまた銀行へ戻ってくるのでしょうか。

今日の日経平均上がってるのはなぜ?って?
それは明日がSQだからです。
SQとはスペシャル・クォーテーションの略語で、英語のSPECIALのSとQUOTATIONのQの頭文字をとったもので、日本語訳は、特別清算指数です。
これは、毎月の第2金曜日に業種別指数の各構成銘柄(日経平均株価でいえば、225銘柄)の各始値の合計に基づいて算出した精算指数です。
SQの基本的利用法としては先物・オプションを買いヘッジ売りヘッジ等に用いていた機関投資家を始めとする投資家が、SQ時に現物の売買を行うことによって精算することがあげられるのです。
また、この精算指数は先物・オプションを所有している投資家が、満期日前に反対売買による決済を行わない時の、精算価格として使用されるので、先物・オプションのポジションを保有する投資家は、この指数値が最大関心事。
オプションは毎月SQがありますけれど、先物は3、6、9、12月の4回だけ。
だからSQ当日の寄り付きには大量の現物売買が発生することが多いのです。

5年前にも政府の言うこと聞かずに同じことやって思いっきり景気の腰折った気がするんだけど。
日銀にある銀行や証券などの当座預金残高を減少させて残高が通常になったら、いよいよ金利を上げるかどうか決めるのが今回の政策です。
借金を帳消しにするにはインフレって言われてたけど、昔の理論が通じなくなってるからなぁ、どうなるんだろね。
デフレだから安い物もたくさんあったんだけど、物の価格は全体的にはアップしそうですね。
こんな時に消費税アップなんてやられた日には。。。

景気失速だけは勘弁して下さい



借金がなくて貯金している人は、ウハウハ。
住宅ローンとか借金してる人は、(´・ω・`)ショボーン
ガンバレおいら。。。

雪が雨に変わると

金1個だけだったけれど、眠れないくらい熱くなったトリノオリンピックも終わり、気が付いたら3月に入ってしまいました。
応援してきた駒大苫小牧が春の選抜辞退ということで、道民がっかりしています。何より監督が居なくなることがショックですね。
この監督でなければ連覇は無かったと思います。
関係していないのに連帯責任とらされた生徒はかわいそう過ぎます。
何よりも責任はお酒を出し、喫煙を注意しなかった大人達にあるんですから。
注意もせずに警察に通報は、何だか黒い感情があるような気がします。
まぁ、当事者の生徒も自分の犯した行動には反省して欲しいですけれど。
大人の事情もあるから、詳しくはアレですよね。。。


さて雪と寒さに泣いた北海道もやっと真冬日から脱却して、暖かさを感じることも出て来ました。
夕暮れ3月

こんな夕暮れの景色も見られる季節になりました。

大寒から雨水に変わりましたが、まだ雪ばっかりですね。
立春から初めて雨が降ることを「雨一番」と言うそうです。釧路の気象関係の方が提言されたとか。
西高東低の冬型が終わるのも間近です。
さすがに今年はもう雪はうんざり、家も倉庫も被害が無くて本当に良かったなぁと思います。
雪の重みでつぶれた家屋もちらほらで、そういう時のための損害保険を増やしたほうが良いですよ、などど言われてますけど、どうなんだろうなぁ。
確かに台風の時は損害保険がこんなにもありがたいと感じたけれど。

一番の心配は果樹の雪害です。
台風と2年連続の大雪という過去にも無い自然の驚異にさらされてます。
2m以上の雪が残っている所も多く、その雪の重みで枝が幹から裂けて枝が無くなってしまいます。幹もその裂傷で傷んでいます。
さくらんぼは比較的柔軟な樹で折れにくいのですが、それでも枝がやられているようです。
ぶどうの棚も張り巡らされた針金が切れ支柱も倒れと、かなり厳しいです。
さらに怖いのは雪解けが進むと下に引っ張られて、枝もろとも無くなってしまうのです。
だから、樹から雪を下ろす、樹の周りを除雪するしか今は手立てが無い。
その傷は収穫を激減させます。
農家には作業の小屋とかも普通にあるんですけど、雪でこっちも破壊されていたりしています。
施設をも直さないと作業も出来なくなります。

昨年の雪害の被害は、余市町では9億円、仁木町では7億4千万円に達しましたが、農業の共済保険には雪害の項目が無いのです。
今は作業能率から樹を低く育てるのが主流なので、2mくらいの樹が一番多いのです。すっぽり埋まってます。
こまめに雪を下ろすようにと呼びかけられても個々の努力ではもう限界なのかも知れないと感じています。
だって畑にすら行く手立てが無いところもたくさんあるんだって!
融雪剤の補助だけでいったい何が出来るんだろうと。
そして高齢化です。離農者も増えつつあります。
どうなっちゃうのかなぁ。
恵まれた自然と天候が壊れてきているのを肌で実感してしまいます。

雪解けが楽しみだけど、樹は傷つけないでと願う毎日です。