2007年03月 の記事一覧

山ぶどうジュースが出来ました!

やまぶどうのジュースが出来ましたと言うか
前から搾銃していたのですが、酒石酸が静まるのを待って瓶詰めになりました。
しかし、やまぶどうはすごいよね、酒石酸の量が半端じゃない。
捨てるのがもったいないけど、仕方ないですよね。
やまぶどうの量から考えてジュースは、何と40%しか無いです。

訳ありで、結局ワインにならないでジュースになったけれど
その味はもうジュースと言うよりも健康食品ぽい感覚。
味の濃さは素晴らしいものになりました。

やまぶどうジュース


また搾れるかどうかは、売れるかどうかになってしまいますけど。
最初で最後のジュースになったら寂しいよね。
スポンサーサイト

納得いかない「ガソリン税にかかる消費税」

消費税の申告支払いのシーズンですよね
自分は一応法人になっているので納税時期は違うんですけど

税務署の方に言われたことがあります。
「消費税の計算が間違っています」と
かかるものかからないものの分別もそうなんだけれど
その時に、ガソリンスタンドの請求書の提示を求められました。
その中の項目を良く見るように言われたのです。

とそこには
ガソリンには、5%の消費税がそのまま課税されています。
そして軽油には「軽油取引税」が加算されていました。
軽油加算税は、消費税の対象外なので、1Lにつき32.1円加算されていました。
全体を内税で計算していたので、ここも計算してしまったので、計算が違っていたのですね。

そこで気がついたのが
じゃぁ、普通のガソリンの税金はどこにと言うことです。
1L当たり、131~135円くらい払いますよね
そのまんま消費税が5%加算されます。
(消費税って実は4%なんですけどね、1%は別の目的で取られてるんですけど。)
調べてみたら、53.8%が「ガソリン税」になっているみたいです。
内訳は、揮発油税48.6%・地方道路税5.2%です。
すでに税金はここで取られているのです。
それなのに、税金に税金の消費税がかかるのです。
税金は消費はないから「消費税」とは言えないような気がするんだけど・・・

さらにガソリン本体にも、原油関税0.215%・石油税2.04%が含まれていました。
合計で56.055%の税金+消費税5%を支払っています。
ガソリンが100円だと計算すると分かりやすいかもです。
今の日本の税制は、非常に計算がややこしくて、収めるほうも分かりにくいのがダメな気がします。

世界では、いろいろな税金の計算方法があります。
代表的で評判が良いのが、EUの「インボイス」方式です。
インボイスとは、製造元・卸売・小売と商品が流通する間の二重課税を回避するために、仕入商品のインボイス(納品書)に前段階までの支払税額が記され、次段階の税額からそれを控除するのです。

課税業者を届け出た業者が証拠資料となるインボイスを発行します。
二重三重に課せられる消費税は、不公平感があるのは事実です。
このインボイスにも、いろいろな難点はありますが、消費者には利益となる気がします。

もし、ガソリン代や軽油代の請求書などありましたら、確認してみて下さい。
企業が利益を出しても収入が減り続ける昨今、どんな場面でどんな風に税金が取られているか考えるのも良いですね。
このままじゃ、少しあった消費もどんどん目減りしてしまいます。

経済の専門家が、あんなにテレビで語っているのに
こんな風に国民から取っても国の借金は増え続けるばかり・・・
何でだろ・・・

春の海

やっと厳しい雪と寒さが去って
暖かい日差しの春!がやって来ました。

2007年の春の海はこーんなに良い感じでした。
シリパ山と春の海


今年は2年続いた豪雪とうって変わって早い作業になるでしょう
3年連続で減り続けた果樹の回復は進むのでしょうか
花が早く咲きすぎて、虫たちと上手く関わりあえるんでしょうか
雪が少なかっただけに干ばつとかは大丈夫だろうか
どんなに良い時でも心配は尽きないものですね

地球の発熱-温暖化を真剣に考えよう1

今日の北海道は、寒く冬が戻って来て雪景色。
そいつもなら、やっと暖かくなって春が近いと実感するころなのに
今年は、冬なのか春なのか、雨になったり大雪になったりと、本当に予測できないお天気が続きます。
何故、こう不安定な気象になってしまったのか。
やはりこれも「地球温暖化」の一つの現象なんだろうか。

地球全体の気温は上昇し続けている。
氷河の減少、巨大ハリケーンや竜巻、記録的豪雨と干ばつ。
このまま放置するなら2040年には、北極に氷はなくなるという。
元々北極の氷は厚さ10mで中央の部分は「多年氷」と呼ばれて解けない。

今年は「国際極年」が始まり、地球温暖化で氷床が縮小し続ける北極と南極の観測が強化されることになっています。
北極の氷が解けるどうなるのでしょうか。
海面は6m上昇すると考えられています。
しかし影響は限定的とも言われ、状況によっては日本には影響ないかも知れないです。
しかし南極の氷となると話は違います。
どこにも臨界点はあります。
そこまで到達するまでに阻止するのが大切な気がします。

今になって何故「温暖化」は表にこんなに出てきて危険を警鐘されているのでしょうか。
それは、ビジネスになるからです。
実は、科学的な話じゃなくて政治的な話。
そこの所を頭に入れて置くと真実が見えてきたりします。

では、温暖化を食い止めるに、自分達に何が出来るのか。
森林募金をして庭に木の苗でも植える?
ゴミを減量して、リサイクルに心がける?
今は間氷期で氷河期と氷河期の間の中休み中?
暑い寒いを繰り返しながら、また氷河期が来る?

それも人知では計り知れないことですよね。
実に深刻なのは、温暖化によって今まで流行した事がない病気が流行しだす可能性が高いことなんです。
日本でマラリアが確認されたり、ノロウィルスの脅威を見れば、こっちの方が気になります。
身近なだけに、核よりも温暖化のほうが恐いよね。

続く