2007年05月 の記事一覧

りんご・梨・桃の花が満開です

昨日は、久しぶりに天気が良い1日でした
満開の花たちにとっては本当に大切な1日となりました

さくらんぼの受粉にはお金も人手もかけるのですが、りんごなどは、自然に任せて、摘果して良い果実を残すのが大切になります。

りんごの花はほんのりと赤みがあって、花も大きくて美しいですよ
りんごの花

これは「ひめかみ」の花。今年は花も多かったです

梨の花は小さ目で可憐です
梨の花

これは洋ナシの「ブランデーワイン」の花です。

それと桃の花
桃の花

濃いピンクですごくカワイイんですよね
しかし、桃の花が異様に少なかったんです
それは、花芽が「鷽(うそ)」という鳥に食べられてしまったからなのです。
鷽(ウソ)は、スズメに似た鳥ですが、オスは青い色をしていて、見た目は良い感じなんだけど、こうやって果樹を荒らすので問題です。
音などでの撃退はしているのですが、打つ手無しなのが現実。
今年の桃の収穫は厳しそうですね。
スポンサーサイト

ホワイトアスパラは「蒸かして食べよう」

アスパラの収穫がピークです。
今年はここのサイトでギフトについては載せていませんが
希望があるればお知らせ下さい
(個別での発送は受けています)

さてアスパラと言えば昔は白でしたが、今はグリーンがアスパラのイメージですね。
何故「ホワイト」が少なくなったのかと言えば、作るのが大変で調理が面倒だからです。
ホワイトはアクがあるからですね。
地下茎は当然のことアクがあります。
根菜類を茹でたりすると良く分かるかと思います。

「ホワイトアスパラ」を美味しく簡単に食べるのには
「蒸す」のが一番簡単で美味しいですよ
ホワイトアスパラ蒸し

今は普通のお鍋で蒸す用具もたくさんあるので、ホワイトを手に入れたら是非試してみてね。

ほんのりとした苦さと甘さ
もうやめられないですよね。

春の異変:花の散らない春

果樹の花たちが次々と咲いています。
今は「桃」と「りんご」「梨」などが満開です。
花の咲く時期としては平年並みかと思う。

しかし低温が続いていて、いい時期に雨や風にたたられています。
(ちなみに今日はお天気です)
日本の南のほうじゃ30度越えたって話なのに・・・

花が咲いて受粉するには、それなりの環境が必要。
雨でも強風でも気温が低くても、乾燥してても受粉が出来ません。
いつまでも受粉しないとどうなるのかと言えば
花が散らなくなるのです。
散らないさくらんぼの花

うちの数本しかないさくらんぼの花もまだ散ってないのです。
今までこういう散らないで3週間以上も咲いていたのを見たのは初めてです。

さくらんぼは年々不安材料が増えていく果樹です。
収穫時期の雨、人手不足、病気と本当に気を使います。
さらに実るのか今年みたいな感じもとなると、先が思いやられる春となりました。
ガンバレ天気

「トランス脂肪酸」は何故ダメなのか

トランス脂肪酸、「追放」へ動く・米欧などで使用規制

揚げ物や菓子などの食品に含まれ、心筋梗塞(こうそく)をはじめとする心臓疾患を引き起こすとされるトランス脂肪酸(TFA)を追放する動きが、米国を中心に広がっている。ニューヨークなどの大都市は今年から実質使用禁止に踏み切り、外食店なども対応を急ぐ。欧州やアジアも使用規制に動き始めた。日本では今のところ規制の動きはなく、消費者の間から対応の遅れを懸念する声も出ている。

心臓病が死因1位の米国では、ニューヨーク市が7月からファストフード店を含む全レストランに対し、調理油やマーガリンなどに含まれるTFA量を一食あたり0.5グラム未満に抑えるよう義務づける。
---------------------------------------------------------
悪玉脂肪とも呼ばれるトランス脂肪酸を含むショートニングが使われたジャンクフードが外国で問題になるこの頃ですが、日本人はまだ平均ではそのリミットには達してはいないようで、一過性の話題と思われがちです。
しかし、トランス脂肪酸は今生活のあらゆるところで使われ知らず知らずに口にしているのが現実です。

ケンタッキーフライドチキンの1ピースの可食部分の平均87gの中には3.2gのトランス脂肪酸が含まれる(公表されています)ことを知って驚いたのは最近のこと
では他の外食産業ではどうなんだろう
もちろん、マック、ミスドなどほとんどで揚げ油にショートニングを使っていました。

ショートニングって何?と思いませんか?
「ショートニング」というのは、液状の植物油に「水素添加」を行って固体に変えたものです。
ラードの代用品と考えて下さい。
水分が少ないため、これを使ってフライドすると「サクサク」した食感が出るのです。
家庭で出せないあのサクサク感です。
でも、いくら食感のためとは言えトランス脂肪酸を多く取るのは問題があるのです。

脂肪酸と言うのは油脂の構成成分で、動物油に多い「飽和脂肪酸」と植物油に多い「不飽和脂肪酸」があります。

飽和脂肪酸は過剰に摂取するとコレステロールが肝臓で合成されて血液中のコレステロール値が上がってしまいます。
一方、不飽和脂肪酸は血液中のコレステロールを減らします。
コレステロールが増えると動脈硬化が起こりやすくなり、さまざまな疾患に結びつく安くなります。

しかし不飽和脂肪酸は不安定な物質なので、空気中の酸素によって酸化してしまうのです。場合によっては身体に良くないこともあります。
その酸化を防ぐのが「水素添加」なのです。
水素を不飽和脂肪酸に結合させて不飽和では無くすのです。
安定した酸化しにくい脂肪酸の出来上がりです。

こうやって作られたものの代表が「マーガリン」で、
さらに水分を減らし純度を上げたのが「ショートニング」なのです。
しかしこの水素添加は諸刃の刃でした。
不飽和脂肪酸は化学構成のC(炭素)に結合するH(水素)の場所によって「シス型」と「トランス型」に分類されるのですが、自然界には「シス型」が多いのに、水素添加の影響で、その多くの脂肪酸が「トランス型=悪玉」に変化してしまうのです。

トランス型という不飽和脂肪酸は、悪玉です。
ということは、「コレステロールを増やす」ということになってしまうのです。
だから動脈硬化や心疾患の危険性が高まってしまうのです。
大量に摂取すると、アトピーや認知症になりやすいとの調査結果もあります。

ヨーロッパではすでに毒物扱い。日本でもそのうち規制が入るのかな?
マーガリンなんてもともとバターが高価だったころにその代替として作られたものです、硬くても頑張ってバターを食べようとこのニュース見たときに思ってたのに、またマーガリン買って来ました。
習慣って怖いよね(笑)

手作り「果実酒」の提供が酒税法違反で・・・のその後

手作り「果実酒」の提供が酒税法違反に

手作りの「果実酒」を宿泊客に提供していた北海道のペンションが、国税局に酒税法違反と指摘されました。手軽に作られる果実酒も、家庭で楽しむ以外は禁止という今の酒税法が8日、
国会でも議論となりました。

「これは昭和55年と書いてありますね。北海道では道南でしか採れない実だったんです。一番好きだったお酒ですね・・・」(ペンション経営者・池田郁郎さん)

北海道のニセコ町にあるペンションのオーナー、池田郁郎さん。池田さんは、27年前に趣味で始めた梅酒づくりをきっかけに、これまで野山でとれる200種類以上の果実を焼酎に漬け込み、宿泊客などにも提供してきました。
そんな池田さんに先月、突然訪れた税務署の職員が酒税法に違反しているとして、果実酒を廃棄するよう命じました。
「梅酒として自宅で楽しむのは問題にならない。ただそれを外に提供するのは禁止」(札幌国税局(酒税課)・荒川公宏課長補佐)

その場でほかの飲み物を混ぜ合わせるカクテルなどと違って、果実を漬け込んでつくる果実酒は「酒類の製造」に当たるというのです。
---------------------------------------------------------------

5月8日国会でも取り上げられたこの問題ですが税務署の対応がころころと変化し、何となーく不信感が沸いてくるこのごろ

果実酒はそもそもホワイトリカーとかブランデーとか、すでに酒税を払って買った酒に漬け込むものですよね
お金もらったらアウトなのかな?酒税法って難しいね
こないだ書いたガソリン税に消費税の2重取りみたいなもんでしょうか?
果実につけて提供するともう一回酒税納めろってこと?
税金は一度払ったけど、いわゆる「どぶろく裁判」みたいなもん?

自分的には、収穫した貴重な木の実なんかを保存する意味があったり、滋養強壮のために成分を抽出するためだったりとお酒じゃない効能を摂取するためだったりします。

国会でも質問が出ましたが
手作りの果実酒をプレゼントしたら、違法だという事をご存知でしたか?」(民主党・逢坂誠二議員)
これはさ、普通にあるよね田舎だし、親告罪かな(笑)
ワインを使った煮込み料理出しても酒税法違反か
(煮込みが足りずにアルコール分が残ってたらアウト!とか)
重複課税したいだけ?

この酒税法は実に明治時代に作られた法律だそうな(古っ!)
果実を混ぜるとリキュールになるからその差額で酒税法違反にはなる
ただしリキュールの方が税率低いけど(笑)
(ただしエキスは2度以下らしい)

ニセコのペンションオーナーはお酒を作っていたのではない、お酒に果実を漬け込んで出していただけ、ワインを使った料理とかスィーツを作って出したのと同じでは無いんだろうか?

自分で作るのはいいけど客に出すとまずいと言うなら、加工したお酒はダメなら、そうなると「ふぐ酒」も「スッポンの生き血に入ったお酒」
市販の酒を加工したらダメだったら、カクテルだってダメ
みーんな違法って話になっちゃう

そして廃棄しろと通達
はぁ?違法なら没収ですよね
何で見にも来ないで違法だ廃棄だ言ってんだろう
責任者出てきて、自分でやりなよ
育てた作った物を無料で捨てられる生産者さんは居ないですよ

昔は酒税が税収の柱だった時代もあって、法律を厳密に適応すると果実酒もアウトなんだけど抗議の声が強くて家庭で自家消費用に作る分は見逃すことになったというのが事実
でも発酵させているわけじゃないんだけど
それでも、この事実でいつでも違法ですよって、逮捕出来ちゃったりします。
都合の良い時にね
これが真実です
ただ、不公平感は否めない

こんな黙認しても良い様などうも良いことを一々問題視するのに、実態としては完全な賭博で、依存症やら自己破産やらで問題抱えてる30兆円の規模を誇るパチンコ業界からでも税金取ったら良いんじゃないの
いや、これは触れちゃいけない話だったか・・・

エゾヤマザクラが満開です:明日は「母の日」

桜の開花というかこのエゾヤマザクラが咲くと
やっと北国にも春が来たんだと実感しています
エゾヤマザクラ

ちょうどゴールデンウィークが終わった後の週末が見ごろなのです
GWは人の出入りとか交通渋滞とかで忙しいから、ちょうどいいよね
うちの区会の花見もこの時期です

そして明日は「母の日」
母の日の市場は拡大し続けていて、ついに5000億円を超えてクリスマスの贈り物金額を上回ったそうです。
ある意味、母親に感謝を伝える唯一の機会なのかも知れないですよね
母の日ギフトの発送もやっと終了
母の日花

父の日は忘れられがちだけど・・・

今年は花の開花時期が本当に読めなかったです
雪どけが早かったのに花の開花が遅かったんですね
今さくらんぼの花も開花しています
それなのに、とても風が強くて肌寒い
これは・・・
またもや不安な春の始まりなのでした