2007年09月 の記事一覧

洋ナシに「ホウ酸」が足りないと・・・ お米の収穫が始まる!

30度超えも9月にあるという異常なラニーニャに悩まされた初秋も
お彼岸もお中日となると夜も15度を切り、やっと秋らしい雰囲気に

実りの秋が実感されるこの頃です。
りんごの収穫が始まり
「つがる」「さんさ」「未希ライフ」が店頭に並びはじめました。
洋ナシの収穫も本格的になり
「バートレッド」「オーロラ」「レッドバート」「ブランデー」の倉入れ中です。

6~7月の干ばつが思わぬところで出て来て、あわててしまいます。
まずは「ホウ酸不足」
ホウ酸は普通に土中に存在するのですが、干ばつで水分が少なかったせいで養分や微量要素を樹が吸収出来ずに果実を育ててしまったのです。
ホウ酸が不足すると変形果や果皮に影響が出ます。
味には問題ないのですが、果実は見た目が8割ですから、残念なことです。

実りの秋の一番重大なことは「お米」
北海道のお米は一等米が多く、温暖化の影響を受けていないのが安心ですね。
実りの秋「お米」

「ほしのゆめ」「ななつぼし」「おぼろづき」も販売予定です。
お楽しみに!
スポンサーサイト

ちょっと良い話

北海道新聞の整理をしていたら
ちょっと良い話だなぁと感心したので

それは連載記事で「ひろちさやのほどほど人生」というコラムなのです
仏教系のお話です。

舌切り雀のおじいさんとおばあさんのこと。
スズメが助けてくれたお礼にと大きなつづらとちいさなつづらを出すのです。そうしたら、おじいさんは年寄りだからと小さなのを選び、開けてみると宝ものが入っていました。
おばあさんは、欲張りで大きなつづらを貰いました。すると中には化け物が入っていた・・・というおとぎ話

でも、もし、おばあさんが小さなつづらを持って帰ったらどうだったのでしょうか?という質問があったそうなのです。
そう質問するとたいていの人は「やはり化け物」と答えるそうなのです。
舌切り雀のお話は、おばあさんは欲張りだから=どっちでも化け物が刷り込みされているのかも知れない。

ひろさんはこう応えています。
おばあさんが小さなつづらを選んでいたなら、やっぱり宝物が入っていたと言うのです。
そして、おばあさんが持っていった大きなつづらにも実は宝物が入っていたのです。
おばあさんは本当は宝物を貰いながら、それを化け物に変えてしまったと言うのです。
「もっといい物が欲しい」と欲張ったから宝物を宝物だと感じられなかっただけなのです。
欲張れば、どんなに素晴らしいものを貰っても「なんだこんなもの」と思ってしまうものなのです。

年収1千万欲しい人が5百万だと半分しか幸せじゃないと言いながら、実は1千万の収入になっても幸福にはなれないのと同じだと。

おばあさんは、欲を少なくしてスズメに感謝したなら、また変わっていたのかも知れません。

御伽噺って教訓に満ちてるよね、いい話だなぁ・・・


価値観は人それぞれ
幸せというのは、貰うものでも探すものでも無く
やっぱ、気づくものなんですよね

季節の移り変わり2007年秋

忙しさとネタ切れで、更新が滞りまくりのこのブログですが
まとめて書くということが多くなってまいりました。
リアルタイムで報告できていないことが多くて、そのうち忘れるという体たらく・・・本当に申し訳なく・・・

さてあの温暖化を象徴するような熱い夏も過ぎ、やっと涼しく夜も寝やすい気温になって来ました。
そうなると、美味しくなるのは果物です。
今朝食べた「パープルアイ(プルーン)」はもう最高の出来でした。
(少し柔らかくなったくらいが美味しいですよね)
パープルアイ

近所には昔からある「ハタンキョ」が鈴なりでしたが、もう誰も収穫しないんだなぁとしみじみ思いました。
小さな頃は良く樹に登って取って食べました。
これも今のプルーンみたいに種が簡単に取れて、美味しいかった記憶があります。
ハタンキョ

残念なことに、たまに虫入りがあるので食べる勇気が今ひとつ(笑)

そして夜の気温が味を左右する「ぶどう」の路地物の収穫が始まりました。
今年は花時期が良かったのか実が入りすぎで裂果が心配なほどです。
去年の一番の心配事だった山ぶどうも糖度があがって来ました。
これからが、一番忙しい季節。

しかし景気が良くないのは肌身に感じるこの頃。
政治不安が消費を鈍らせるのは、本当だね。

坊ちゃんカボチャに「紅白バージョン」が出たよ!

βカロチンが普通のカボチャよりも多いので、すっかり人気になった「坊ちゃんカボチャ」ですが、以前は「シンデレラ」というネーミングで売っていました。
このネーミングは、それほどインパクトが無かったようで、真横から見た姿が坊ちゃんの髪型に似ていると誰が言い出したか、すっかり正式名称も坊ちゃんになったカボチャです。

そんな坊ちゃんにも転換期がやって来たのか「赤い」「白い」が出て来ました。
坊ちゃんカボチャ「紅白」

こういう遊び心って良いですよね。
味はですね
白いのは、ほぼ元のと同じくらいなのですが、残念だけど、赤は何となく大味。
目で楽しむカボチャなのかも知れません。

トレビの泉 PART2!

7月にこう書いたのです
何これ、もしかしてトレビの泉か!
不思議なこともあるものだと思っていたら
不思議なことが2度目もありました。

もっと古い「一銭玉」が投げ込まれていたのです!
一銭

かなり腐食しているし、銅で作られているみたいなのです。
水の中にあったので青くなっていて
汚れを取ってはみたものの、薄く「一銭」の文字が見えるだけ

しかし、いったい、誰が、何故に?
逆転裁判(DSでやってますけど)並に意義アリ!なのです。
うーん、今年一番の謎なのです。