2008年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「米の作りすぎは、もったいない!」に農家反発

ポスター:「米の作りすぎは、もったいない!」に農家反発
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080226k0000m040074000c.html
東北農政局が作った「資源のムダづかい」など刺激的な文言も含まれた「米の作りすぎは、もったいない」ポスター

東北農政局が作った「米の作りすぎは、もったいない!」「米の過剰作付けは、資源のムダづかい」というポスターに対し、地元の農家が「一生懸命米作りをしている農家の誇りを逆なでしている」と激しく反発。東北6県の農家約6000戸でつくる東北農業農民団体連絡協議会が25日、同局に文書で抗議するとともにポスターの回収を求めた。

 「米の生産調整」への理解を深めてもらおうと局内で文言などを検討し、3万枚作製。今月から東北地方の農協などに張り出された。「MOTTAINAI」という文言付きで、「麦・大豆等へ転作し、自給率を向上」「限られた水田を有効利用することが、国民共通の利益」などと呼び掛けている。


カラー印刷で3万枚作成する金があれば、もっと他のことできるんじゃと思う人はいっぱいいるんだろうなぁ。
それでなくてもやる気なくなっている農家に衝撃的な言葉投げかけて農政局って何者!と思いました。

普通に「転作しましょう」「小麦が足りません」「大豆もお願いします」で良いのにね。
米は中国人が食の安全に不安を感じて日本から買いまくってるのと日本食ブームで世界的に需要があるのに、日本人は毒入り中国食をどうぞみたいなもんですよこれ。
パンが値上がりしてるなら例えば学校のパン食をごはんに変えるよう働きかけたりするべきであって、これ以上食料自給率減らすようなことは極力避けるべく。

補助金目当てでみんな米作ってると思ってるのが大間違い。
水田ってすごい貴重な財産なんですよね。
連作に耐える冷害にも耐える、微生物の宝庫です。
でも水田は大豆作るのには本当に向いていないことが多いのです。
大豆作ってるほとんどの農家が赤字経営だし、小麦はさらに単価が安くよほど大規模じゃないと外国産には及びそうも無いのが現実なのです。

米やめたからって農業収入だけじゃまともに食べることも出来ない兼業農家ばっかりになって今や農産物の生産量は10年前の半分以下ですよ。
食糧自給率39%の国の農政局なんてしょせんこんなもんかって思うようなポスターですよね。
フランスに比べても農家は本当に守られていません。
小麦や大豆にも補助金出す!とかなら食いつく話だと思うけど、貿易黒字のために大豆小麦を輸入せざるえない今の国策じゃ、それも望めないのが現実。

米というか稲からできるものはたくさんあります。
米、酒、菓子類、バイオ燃料(バイオエタノール)、セラミック、ダイヤモンド、薫炭、土壌改良剤、畳、家畜の餌及び敷き藁、脱臭剤などなど。
いっそ企業に働きかけてこういうものを古米などから作って戴いてはいかがでしょうか。

日本の小麦はどうしてもグルテンが少なめなので中力粉種(うどん等用)が多いんですけど、今北海道などで作られている「キタノカオリ」(強力粉)、「ハルユタカ」(凖強力粉)などの生産量が増えれば、パンなんかもいけるんじゃないかなと思います。
北海道では小麦の開発にも力を入れていて超強力粉も開発中だそうです。

言葉は選ばないと本当に人を傷つけるんだなぁと思いました。
農政局は上から目線で批判する前に、もっと現実を見て欲しい。
スポンサーサイト

雪は本当に怖いと思った週末

暴風雪、交通網を寸断 豊浦で車埋まり1人死亡 長沼の国道では100台立ち往生
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/77997.html

 発達した低気圧の影響で、道内は二十四日も大荒れの天気となり、航空便やJRなど交通機関に大きな乱れが出た。地吹雪で通行止めになった道路で多数の車が立ち往生し、胆振管内豊浦町内では車内から男性一人が発見、死亡が確認された。雪の吹きだまりに埋まって車内に排ガスが入った可能性もある。交通の乱れは受験生にも影響し、道内の国公立大学は二十五日に予定していた入学試験の延期や追試などの措置をとる。

 札幌管区気象台によると、二十四日一日間の降雪量は、網走管内大空町女満別で七二センチ、網走四九センチ。最大瞬間風速は、釧路市で三○・四メートル、苫小牧で二九・三メートルを観測した。

余談だけど北海道民って北海道新聞を読んでいる率がすごい高いんだって。
自分もそうだけど別に北海道新聞が中立だからとか左とか右とか考えて読んでいるでもなく、道内ではどんな事件があったかを詳しく知りたいだけです。
(政治的に反自民党の論調で社説は左派リベラルと言われています。自分的には左扱いとか違うだろうと思ってますが)

普段除雪の行き届いた道を走りなれているから、突然雪の吹き溜まりなどに阻まれると実にやっかいです。
まずエンジンを切るのが鉄則。
排気ガスがマフラーの外に出ないで車内に入ってくるし。
一酸化中毒って気がついたら身体が動かなくなるんだって。
あっヤバイと思った時にはもうフラグ立ってしまいますよね。
吹雪いてて前が見えない立ち往生、そこに吹き溜まりで動けない、車が詰まりますます動かない。しかも周囲は大平原で何も無いなんて感じですよ。
燃料切れで凍傷になった人もいました。
地吹雪に閉じ込められたらもうトラウマです。パニック障害になりますよホントに。

土曜日の吹雪は本当にひどくて外に出たら危険状態でした。
強い風と一緒に雪が横殴りですから顔痛かったです。
JRもバイパスも止まり、移動には相当な苦労です。
こういう時は混んでいても絶対国道走らなきゃ危ないです。
宅配の集荷の人も配達は諦めたと言ってました。
除雪の入っていない幹線道路は車じゃ行けないとか。
街中で遭難とか、そんなの嫌だ・・・

自然には圧倒されます。人の力の何と弱いこと。
日曜の朝には玄関のドアがひどいことになっていました。
雪少ないなぁとか言っていたのがウソみたいなものです。
このまま暖気になるとまた屋根の雪が・・・


試されすぎる大地北海道・・・

2008年の農薬餃子事件から見えた「中国食品の真実」3:「農薬を使えば良い症候群」

中国でもお金に余裕がる人々は「安全な輸入品」を食べている。
気がついたら中国は世界一の野菜果実の輸出大国になっている。
命よりも重要なのがお金儲けな風になっているのも心配なところ。

ますは水の汚染が深刻。
重金属垂れ流しの工場廃水は未処理のまま河川に流れ込む。
食物連鎖で魚も汚染されるし、飲み水だって無事ではない。
もちろん大地も無関係ではない。
中国米から国産基準の15倍のカドミウムが見つかったこともある。

工業の公害も去ることながら何故これほどまで農薬や抗生物質を食の現場で使用するのか?
見た目のいい作物を作るために他ならないのです。
日本では禁止になった農薬やらヤミで取引される毒薬の空き瓶が畑に捨ててある風景。
魚の養殖場の底には抗菌剤とホルモン剤が沈殿。
堆肥に使われるのは鳥糞だとしたなら鳥インフルエンザも無関係ではなくなる。
寄生虫被害は昔よりも増えたとの報告もある。
連作障害で発生しやすい虫の駆除にまた大量の殺虫剤がまかれる。
いまだに中国では「有機リン系」が主流だ。

今問題になっているのは食品加工業者。
中国の衛生監視機関が摘発した食品はものすごい数になっているらしいです。
流通機構も日本のJAにあたる機関もなく一本化されていない現金主義。
どうやって育ったのか防除暦など皆無でラベルなどは信用出来そうも無い。
賄賂で免許の許可証偽造なども問題で簡単に不正に輸出されてしまう。
欧米や日本向けの物はこれまで99%安全と言われてきた。
相手国の基準に合わせて安全法を確立し、違反者には罰金も課している。
これから改善されてゆくとは思うけれど、今のところそれも出来ていない。
原産地表示の無い加工食品の出回りは想像を超えてしまっています。

小麦も値上がりすることだし、94%の自給率のお米に転換すること、加工食品は出所がはっきりした食物を食べることが自給率UPにも繋がるのかなと思うこの頃です。

2008年の日本の食糧自給率UPに必用なことを考える:その1「種が無い!」

農薬餃子事件は進展あまりしていませんが、終わりそうにありません。
次々に新しい食品に農薬が見つかり続けています。

中国産アスパラ?以前にメキシコやニュージーランドのアスパラは見たことがあるけど
中国でも生産されていて見えないけれど着実に日本の食品に入りつつあります。
HPには安全をうたっていても現地の状況などは100%見えないのも事実。
未登録農薬で全部出荷停止になる日本の経済連やJAなどからみたら足並みは揃っていないようです。

日本に来るのは野菜や加工食品だけではありません。
今一番心配なのは「」なのです。日本で売られている苗に使われている種のほとんどは中国で作られているからです。
以前に「クロスバンダム」という昔とうきびを作っている紅果園さんが購入した種を蒔いたらほとんどが違う品種が出来上がって困った話を書いた記憶がありますが、これはオランダの種だと輸入商社さんが話していたそうですが、日本で種を手に入れることは不可能でした。
何故ならパテントが無いからです。しかしお許しが出たようで昨年からは自分で種を作って苗を作れる様になったとか。

種の販売権利は複雑です。
その品種を改良した権利を持つ会社だけが製造販売できるのです。
今、多くの種苗販売の会社は中国で種を作っています。
最近、発芽率が悪いとか違うものが育った話を良く聞きます。
150円程度で売られているホームセンターの種はほぼ輸入ものかなと思います。
もし日本で種を作ったとしたならこういう価格では販売できないかもしれませんね。

作ろうにも作れないこれが現実です。
種を作るには広大な場所が必用です。
他の品種と交配しないような広い場所です。
日本のような土地の高い場所では厳しいところ
実際に作るとしても今の10分の1くらいしか供給できそうにありません。

種はいったいこれからどこへ行くのでしょうか。

イージーミスのイージス艦。この国の危機管理が心配です。

 千葉県・野島崎沖で起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故で、あたごの見張り員が衝突12分前に清徳丸のものとみられる灯火を目視していたにもかかわらず、
衝突1分前まで針路を固定する自動操舵で航行していたことが20日、分かった。12分前に目視した灯火は、清徳丸の左舷にある赤色と後部の白色だったことも判明。清徳丸は左側面を見せながら、
あたごの進行方向に右側から接近しており、第3管区海上保安本部は清徳丸を右手に見るあたごに回避義務があったと断定した。

 海自によると、あたごの見張り員は事故発生12分前の2月19日午前3時55分に、約3000メートル先で清徳丸とみられる灯火を確認。だが、この時点であたごは回避措置を取らず、約10ノット(18キロ)の速度を維持して自動操舵を続けて直進した。

 同4時5分に前方を別の漁船が横切ったのを確認し、同6分に清徳丸が約100メートルの地点まで近づいたことで初めて危険性を認識。この時点で当直士官が後進を指示し自動から手動へ操舵を切り替えた。

 3管本部などの調べでは、12分前に確認した清徳丸とみられる船舶について、見張り員は「赤と白の灯火が見えた」と証言した。

 海上衝突予防法により、左舷に赤、右舷に緑、後部に白の灯火をつけることが義務づけられている。見張り員は12分前、右舷の緑色だけは確認していなかったため、右から左に向けて航行しながら、あたごに接近していた清徳丸を確認していたことが
裏付けられた形だ。同法では、相手の船を右手に見る船舶に衝突を避ける義務を規定している。
あくまでもイメージです


これって「イージス艦」じゃなくて「イージーミス艦」でしょ。

朝日コム イージス艦衝突(解説図等)によると
http://www.asahi.com/special/080219/

2分前12分前に修正って領収書のごまかしかよ!と思ってしまいました。
2の前に1を書き加えただけです(笑)
イージス側の証言が二転三転、こんなおバカな証言してる人が国守ってたのか。
イージスはドラクエから来たのかな最強の盾だったと言うのに自衛隊と来たら・・・

ここは素直にミスを認めて謝り上層部は更迭ですよね
懸命に捜索してるというのに、遺族とか言う自民党の方とか防衛省のTOPとか有り得ないし。
言葉は怖いですよね
この間も羊水が腐るとか言ってた歌手の人もいたけど永遠にメディアには出てきて欲しくないくらいおバカな発言っす。

漁船側のレーダーは事故の35分前、すでに「あたご」を捕捉していたことが判明
どうみても見張りがサボってますが。
あたご側が早い段階で漁船に気付きながら、回避のための適切な対応を取らなかった可能性が高くなったというのに政府側は低姿勢な風を見せながら関係者に圧力って感じですよね。
マスコミは政府を擁護しちゃうんでしょうね。
あとはお金で解決なんだろうけど、今一番問われるのは危機管理じゃ?
だって小さな漁船でイージスに近づいて自爆テロしちゃったら1500億?がパーですね。

朝日コムのこの画像見る限り回避が遅すぎてもうどうにもならなかったのが真実ですね。
あくまでもイメージです。


なだしおのお時もそうだけど非常時でもないし、漁船側には責任ないと思う。
税金がっぱり使ってんだから、もっと危機感を持って任務を遂行して欲しい。

2008年の農薬餃子事件から見えた「中国食品の真実」2:「ペットボトル緑茶の真実」

さて北京オリンピックの2008年中国へ行かれる方は多分飲み物はペットボトルの水になるのかな。
中国の水道水は不純物が多いので飲み水はペットボトルの水なのですが、お店で売っている5割はただの水道水をペットに詰めたものだそうですからお気をつけて。
何故なら年間販売本数が2億本なのに出荷記録は1億本だったそうですから(笑)

緑茶って日本の文化な雰囲気ですよね。
美味しく入れるのは結構大変で、温度とか難しいですよね。
自分も以前に裏千家少しだけ習いましたけど、いやそのあの和菓子が目当てですけど。

さて日本で売られているペットボトルの緑茶ですが、便利ですよね。
ここ10年で需要も伸び生産は4倍強増えました。
色も変わらず味も香りも飛ばないし自分で入れたお茶を持ち歩くのとは大違い。
普通に緑茶を入れたら半日くらいで色が褐色になったりしませんか?

国内のお茶畑の生産は減り続けているのに何故?生産は4倍強増える?
しかしボトルには「国内産茶葉100%」「国産若蒸し茶葉」「玉露100%」
表示はどれも国産です。
出荷量から推察しても有り得ない気がするのです。


ここからは「別冊宝島」に書かれていたことの抜粋です。
「A社ではほんの少しの日本茶葉と大量の中国緑茶の茎、あとは香料を使っていますね」
お茶は元々同じ茶葉を発酵させるかどうかだけで緑茶になったりウーロン茶になったり紅茶になったりします。
「緑茶は新芽の近くの一番茶だけを摘みますけど、ウーロン茶用は3番目の葉まで、茎ごと折とります。そのあと葉を摘むので、茎が大量に余るわけです」
もちろんこの残った茎はゴミです。
そのゴミの山に目を付けたのが前出のA社。A社はウーロン茶のヒットで知られる大手。
ウーロン茶からでた茎を日本に運んで日本の茶葉を混ぜてお茶を抽出するそうです。
(ここまではむしろスゴイ話なんです)

しかしこうやって作った緑茶に味や香り、風味があるのでしょうか。
今は着色料と香料が進歩しているので大丈夫なんだとか。
中国国内のお茶ペットの半分は着色と香料だけなんだそうです。
香料1滴でプール全体が緑茶の香り!なんてスゴイかも。

麦茶は原料の大麦の大半が中国産。六条麦茶でも黒龍江省産大麦っす。
しかも残留農薬300種検査済みです・・・。
ティーバックには産地表示義務は無いので書いてある会社のところはむしろ安全なのかも。
国内産だけを使用と書いてあったら貴重品かもです。

ペットボトルのお茶は家で入れるお茶とは別物ですね。

冬の景色&美味しい頂き物

お天気大荒れでしたね
爆弾低気圧今年に入って2つ目です。
2個の低気圧がくっつくとこんなになるんですね。
原因は何だろうまた北極振動?なのかな。

画像無くなると寂しい感じなので久々に美味しい頂き物と冬景色を貼ります。

Cカップゆきぷりん
「Cカップゆきぷりん」何でCカップ?なん?
某悪友の皆様にいただきました。
フルーツケーキファクトリーのフルーツケーキ
フルーツケーキファクトリーのケーキです。
階楽園の紀兄に戴きました。

冬景色
開拓記念の碑2008年冬
開拓記念の碑2008年冬
すずめたちの井戸端会議
にぎやかなスズメのいる銀杏の樹

今年は1月1日にお日様を見ました。
元旦はいつも天気が良くないので珍しいですよね。
2008年1月1日のお日様

(ちょっと昼過ぎなのが残念だけど)

2008年の農薬餃子事件から見えた「中国食品の真実」1:「濃縮還元果汁」

農薬餃子事件発覚から急激に中国産表示の販売食品が減って来ました。
以前から多少の不安を感じながらもスーパーで購入する食品の選択肢が狭くなってしまったこの頃

本当に欲しい物が売ってない!状態はこれからも続きます。
何故なら少ないし高い。利益追求の大資本企業には儲からない商品は飾りだけで良いからです。

では消えた中国産の食品食材はどこへ行ったのでしょう。

みなさんは濃縮還元果汁という言葉の意味をご存知でしょうか?
天然果汁100%と表示された横に「濃縮還元」と書いてあったらほぼ外国産の果汁です。
安く国内に出回る100%ジュースのほとんどがこれです。
何故「濃縮」なのでしょう。
果汁というのは水分が90%にもなりますから産地では果汁を特殊なフィルターでこして水分を取り除き1/5~1/6に濃縮します。加熱して殺菌してから輸送したり保存したりします。
そうすると輸送も保存もコストが1/5になるわけです。
日本に輸出され日本で水で5倍に薄めれば「果汁100%」になると言うマジック(?)が使われています。

これはウソとは言えないけれど本当の果汁と言えるのかと常々思っていました。
しかも加えられる砂糖や香料保存料に安定剤、加熱で失われたビタミン類などの添加物。
トマトジュースや野菜ジュースもまた同じようなものです。
一番の心配はどのような原料が使われたのか良く分からない部分です。
(一部企業には果汁の産地の明記はありますが)
これは天然なのでしょうか。

今の日本の天然の濃縮還元の果汁の大産地は「中国」なのです。
りんごについて言えば国産の4~5倍の「中国産のりんごジュース」が販売され消費者は気づかずに購入しています。
中国のりんごは生では輸入されていません。
強力な発ガン物質の「アフラトキシン」が検出されたこともあります。
作る時にかける農薬も強烈ものが使用されているのはもう既出ですよね。
良く洗浄しないで搾ったのかも知れません。

また中国産の果汁はアメリカでサプリメントなどにも使われています。
ナチュラル甘味料などとしてまた日本にもやってきます。

濃縮ではない果汁は「○○(県など産地名)」が必ずあって更に「ストレート果汁」「天然果汁100%」と表示されています。

今の世の中儲かれば偽装なんて何でもない人たちがたくさんいます。
紛らわしい表示も問題だけれど実態はこうだという知識は持っておいて損はないですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。