2008年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

バターが無い!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000108-san-soci
国内のバター不足が解消されない。農林水産省による大手メーカーへの在庫放出要請も効果なし。
一方で、飼料高騰を理由に値上げが相次ぐが、値上がり以前に一般消費者には商品が手に
入らない状況だ。原料の生乳を急に増産することは難しく、品不足解消のメドは全く立っていない。

スーパーの多くは、バターの購入を「お一人様1点限り」とする点数制限を余儀なくされている。
食品スーパーのライフコーポレーションは4月から点数制限を始めたが、それでも棚が
空になる日があり、「生産者に安定供給を求めるしかない」と困惑する。

品不足を警戒し、独立行政法人の農畜産業振興機構は、平成20年度分の乳製品の最低輸入枠の
1回目の輸入を4月に前倒しした結果、4000トン分が徐々に入り始めている。農水省も4月末、
大手乳業メーカー4社に在庫の緊急放出と増産を要請。4社は手持ち在庫を切り崩し、
5月分として、月間消費量の2割弱に相当する計230トンの増産に入った。農水省は
「これで品薄は改善される」(若林正俊農水相)と胸を張ったが、今のところ効果は出ていない。
バターが店頭から消えたきっかけは、輸入品の業務用バターの高騰と供給不足がきっかけだ。
雪印乳業の高野瀬忠明社長は「海外からの油脂調整品が品薄になり、菓子や製パン業者が
国産バターに注目。国産業務用だけでなく、家庭用の20%程度が業務用に
購入されているとみている」と指摘する。
国産バターの原料になる国内産の生乳は18年春に消費の落ち込みによる供給過剰で
大量に捨てられる事態になり、生産者団体は減産に踏み切った。仮に乳牛を増やしても
生乳の増産には2年程度かかると指摘されている。
国産のカットバターを使用している大手外食チェーンなどは「仕入れに問題ない」としており、
大口先への供給は回復しているようだ。ただ、一般消費者向けの品不足の長期化は避けられず、
関係者からは「農水省の政策判断ミス」との声も上がっている。

------------------------------------------------------------------
あの牛乳を捨てるような出来事はいったい何だったんだという展開!

バターだけじゃないです。チーズも品薄。輸入品はいっぱいあるけど(笑)

マーガリンは例のトランス脂肪酸騒動で需要が減っているようです。
(詳しくは「トランス脂肪酸」は何故ダメなのかを見てね。)
カロリー同じならやっぱバターなのかも。

農水省は失敗続きです。
あのお米ポスターといい、日本の食糧自給率を理解できていないと思います。
生産者のやる気無くさせといてこの始末。
北海道は何サボってるんだって言ってた人がいたけど・・・

この先最低でも2年はこの状況が続くと言われています。
しかも 酪農家の廃業が増産を出来なくさせています。
加工用牛乳の仕入れ価格があまりにも安く買いたたかれて原価割れしているので
農家が牛乳用しか作っていないのです。
特に雪印!あんだけ迷惑かけたのに農家に還元しなさいって!
雪印は農家の要望も無視して仕入れ価格を原価割れのままに買いたたいて最高益更新中。。。

酪農家は大変です。牛乳つくっても安いのに設備には金がかかるし今は飼料まで高騰。
バター用のはすっごい安くしか売れないから作りたくないのは当たり前。
しかも休みはほぼないのに収入もたいしたことないだなんて後継者もそりゃ居なくなるって。
第1次産業に深くかかわり影響を受ける自分としても何だかやるせない気分です。

高騰の原因は他にもあって
乳脂肪を多く含む油脂調整品ならチーズくらいの関税で輸入できるので高関税のバターの代わりに多く輸入されていたのですが、価格が急騰し供給が不安定になったので国産乳脂肪の需要が急増したのです。
だからと言って急には増産も出来ずこの状況です。

食べ物のことで国民が不安になるような政治って間違ってる気がする。
あっ、食べ物だけじゃなかったよね・・・
年金に高齢者の保険に消費税のこと。
消費税は逆累進課税だから、せめて欧米並みに食料品は無しでお願いします!
スポンサーサイト

カッコウが鳴いたら・・・&ブルーベリーの花が満開!

カッコウの泣き声が聞こえるようになって本格的に露地物の季節に入りました。
カッコウは不思議な鳥でとても頭が良く季節に敏感です。
カッコウが来るようになると霜の心配が無いというのは昔から言われて来ました。

桜の花が終わり、梨、さくらんぼ、りんごと満開を迎えました。
しかし今年は寒い!
思ったよりも低温が響いています。
低温で何が一番いけないかと言えば、受粉です。
気温が低いと当然のこと蜂などの受粉に協力してくれる昆虫が活動しにくくなります。
人間の手で受粉させるのはやはり限界がありますものね。

昨年、梅や桃に被害をもたらした鷽(うそ)という鳥は開花時期が早かったので被害が減ったようです。
今の時期は俗に言う「リラ冷え」ですね。ライラック祭りの最中ですし。
植物には日照不足と共にあまり良くないですね。

そして可愛いなと思う花ベスト5に入る(自分的)のが「ブルーベリー」です。
ブルーベリーの花

この釣鐘タイプの花良いですよね。

スズランにも似てる?
スズランの花

下向きに咲くところだけかも(笑)

それとMさんちのさくらんぼ畑の裏山で「タケノコ」収穫してきました。
北海道のは「ネマガリダケ」ですけど。
ネマガリダケ

これの味噌汁はマジで最高です!

運動会の季節です。
天気になると良いですね。

北海道産じゃがいも「ユキラシャ(雪羅紗)」

北海道のジャガイモも種類がどんどん増えて来ました。
それぞれのジャガイモによって使い方や味
また作りやすいなどなどたくさんの特長があります。

北海道産ジャガイモ「ユキラシャ」
北海道産じゃがいも「ユキラシャ(雪羅紗)」

ユキラシャ(北海83号)
平成3年(1991)に北海道農試において、ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持つ食用品種の育成を目標に、ラセット皮を有しそうか病に強い「Early Gem」を母に由来する種間雑種系統「86002-100」を父として交配して、翌年に実生を養成したものから選抜されたものです。
平成8年(1996)に「島系582号」、平成9年(1997)に「北海83号」として食用品種としての実用性を検討した結果、平成12年(2000)に北海道の奨励品種に決定し、ばれいしょ農林42号として登録され「ユキラシャ」と命名されました。

世界で最高レベルのジャガイモそうか病抵抗性を持っています。
そうか病に対して強い抵抗性を持っていることから、そうか病発生地帯での栽培も可能。
(そうか病にかかるとジャガイモの表面にザラザラとしたコブのような症状が出ます)

「ユキラシャ」は芽が出にくい特長があり芽が浅いので皮むきが楽です。
肉質は「雪」のように白いので「雪」表面が羅紗綿のようなので「羅紗」と名づけられました。
形は卵形です。白肉でやや粉質、煮崩れしやすい傾向です。
味は「男爵いも」に近く軽い味で、保存性にも優れています。
何よりも薄く皮がむけるのですっごいお徳感があります。
生食用だけではなく、サラダ、コロッケ等の業務用途向けとしても適しているのではないかと思います。

これから期待のジャガイモです。

■北海道の野菜と果実の■北の果族■ショップ

北海道は「春ときどき雪」

5月の雪景色 旭川・網走などで記録

後志はまだ12度くらいあるけれど北の方では雪ですよ!
氷点下ですよ!
春の雪はたまにあることなのですが
わずか1週間前まで真夏日とかだったんですね
この温度差にびっくりです

でも積算温度はやはり前年よりも高く
果樹の花も続々と咲き始めました。

梅の花
梅の花


さくらんぼの花(佐藤錦)
さくらんぼの花(佐藤錦)


ブルーベリーの花
ブルーベリーの花


それからUPし忘れていたGWの余市川堤防の桜
GWの余市川堤防の桜


シバザクラ
シバザクラ1
シバザクラ2


まだ画像は無いのですが、今満開なのは「梨の花」です
そろそろ「桃」や「りんご」の開花
急にやってきたこの低温が心配です・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。