2015年10月 の記事一覧

2度に亘った暴風雨の後で

台風21号崩れの爆弾低気圧、台風23号の巨大温帯低気圧と収穫期を2度も襲った風。
台風21号は強い南風、台風23号では強い北風と違う方向からの強風で収穫間際の作物たちは翻弄されました。

りんご達も最初の南風の被害は落下2割と試算されました。
23号では北風が3日に渡って吹いたため落下半分、しかし樹に残った実も傷がついて正品になるかどうかです。
特に収穫目前の早生ふじ系のりんごたちがダメージです。

風が収まったからと言って、すぐに落下したりんごを拾うことはできません。
保険に加入している農家は、共済保険の目視検査(落ちた数をカウントします)が終わるまでは動かせません。
連休明けから調査が始まるのでは無いかと思います。

お店にも「昨日落ちたりんごはないの」「落ちたのでも良いから安く売って」などお客様に言われますが、
生産者さんにそれを今聞くのは、ちょっと無理なんですよ。
もう少し落ち着いて被害状況がわかってからですし、一度地面に落ちたら「土壌菌」が付着するため、腐ります。
ジュースやジャム用になるくらいかなで、生食向きではないです。

生産者を助けるという名目で量販店が手ぐすね引いて待っている感じはしますが。。。

という事で、また状況を書きたいと思います。
年末のりんごギフトが今から不安です。


スポンサーサイト