余市のさくらが満開になりました! 余市は「ソーラン節発祥の地」ですが、ソーラン節の謎の掛け声~実はヘブライ語で作られている?

今朝のイチオシモーニングで紹介されたせいか

雨や風の中、田川橋の両側の堤防の満開の桜を見に来られる方が多いですね

20180503-DSC_2379.jpg
20180503-DSC_2380.jpg


イチオシモーニングに、ソーラン武士は、ONちゃんおはようたいそうで出演してますね

よいち町マスコットキャラクター「ソーラン武士!!」

https://www.youtube.com/watch?v=_Z9_EiBxuLo



余市が発祥の地と言われている「ソーラン節」には、多くの謎があるのです

■ソーラン節の謎

ヤーレンソーラン~でおなじみのソーラン節は、漁師がニシンの大漁を喜ぶ時に唄う民謡です

ずっと不思議には思っていたのですが「ヤーレン、ソーラン」って何かが訛ったとか?

ソーラン節の掛け声は、実は日本語では無い?



ソーラン節 をヘブライ語で解釈する

https://www.youtube.com/watch?v=dFC9MXgPCTg


ヤーレンソーランはヘブライ語で、「ヤーレン」…喜びの唄を唄う、「ソーラン」…一人の歌い手、or 梯子

意味としては、こんな感じですか

ヤーレン=喜び歌う

ソーラン=一人の歌い手

チョイ=行進する

ヤサ、エ、エンヤー、ノ=願う

ドーケイイシュー=神の力で押しのける


余市のソーラン祭りは、何と今年で50回目らしいですよ

よさこいソーランとは、踊りも全く違いますし、一線を画しますw

ちなみに昨年、7年ぶりにパレードで山車が復活しました

ソーラン祭りオン・パレード
https://www.youtube.com/watch?v=tEd6nNmEGok




余市には、フゴッペ洞窟に古代文字で描かれた史跡があるんですよね

フゴッペ洞窟 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/フゴッペ洞窟

フゴッペ洞窟(フゴッペどうくつ)とは、北海道余市町栄町にある続縄文時代の遺跡。

余市町のHPの紹介ページ
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/syoukai/fugoppe.html

20180503-11-pfugoppe_0.jpg

よいち再発見 フゴッペ洞窟 Facebookより 余市観光協会一般社団法人

https://www.youtube.com/watch?v=yKOohOrJcgk

よいち水産博物館
https://www.youtube.com/watch?v=kLW6BUtUsGQ



さらに、余市には、西崎山ストーンサークルもあったりします

20180503-12.jpg

西崎山環状列石
https://www.youtube.com/watch?v=imGrCOVYMUM


もしかすると、ヘブライ語はイスラエルの失われた部族に関係があるかも知れませんね

ヘブライ語は、客家(はっか)語にも共通点があるらしいですね

イスラエル人や中国の華僑なども、日本に、北海道に来ていたとすれば面白いですね



これから、果樹の開花が目白押しです

雨が多そうなので、さくらんぼの受粉が上手く行きますように祈って!

20180503-DSC_2371.jpg

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する