スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

秋口の食べ方

9月だね。
昼間は暖かくても、夜は涼しいね。
星もキレイだし、すっかり秋です。

【秋口の食べ方】

秋になると夏のように身体を冷やす必用がなくなります。
だから、夏と同じような食べ物をとっていると、身体を冷やしてしまいます。
これは、夏に取った余分な水分の影響でもありますね。

水分が多い身体は、冷えやすく、風邪や体調を崩す原因にもなります。
胃腸の働きを整えて、代謝を活発に。

これには、陽性食で細胞を引き締めると良いです。

夏負け回復メニュー

夏の暑さのせいで陰性食が多くなると、すぐにバテたり、抜け毛が多くなったりします。
胃腸も弱ってますよね。
そこで、身体を温めるものを食べましょう。

さといも
さつまいも
れんこん
ごぼう

そば

みんなデンプン質の多いものです。
ミネラルと繊維質も多く弱い陽性食です。
少しづつ身体を温めましょう。

米だけよりもデンプン質を軽めにした
栗ご飯
いもご飯
コーン入りご飯
新そば

おかずには
根菜の多いけんちん汁
豚汁

じっくり煮込んだものを取り入れて行きたいですね。

肝臓や腎臓が弱いという人は、現代食の偏食をしていませんか?
毒素の多いものを多くとっているだけじゃなくて、生活も見直そう。
空気
家庭
衣服
食器
たくさんのものが汚染されてるのかも知れません。

腎臓は、精製塩と動物性のたんぱく質が原因かも。
動物性のたんぱく質は、分子が小さいのでアミノ酸に分解されないうちに
腸壁から吸収されてしまうのです。
分解されていないというのは、毒素にもなってしまうのです。

秋の白菜や大根などの白い野菜が助けてくれますよ。

食は、不思議で面白い世界です。
ロールプレーゲームみたいです。
楽しんで、考えて、自分に合ったものを、いっぱい食べましょう!!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。