スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「サン」と「有袋」りんごの話。

左が「サン北斗」右が「北斗」

りんごの雑学にも書いてますが、
名前に「サン」が付いたら、栽培時に袋かけをしないりんごのことです。
「サンふじ」「サンジョナ」「サン金星」「サンつがる」

最近は、サン=無袋が、とても多くなりました。
なぜに多くなったのか、ちょっと考えてみたんだけれど、

1)色よりも味(糖度)が、消費者に求められた。
2)生産者が高齢化してきたので、袋かけの手間が無くなった。
3)効果的な農薬が誕生して防虫の意味での袋は不要になった。
4)「スピードスプレーヤー」が普及したため木の上までまんべんなく防除できるので袋の必要性が薄れた。

色付きを良くするためには、たくさんの手間がかかります。
でもそれに見合った収入になっていないことも。

葉とらずりんごは、選果が追いついていません。


「ふじ」もたくさんご注文を頂いていますが、まだ選果始まってもいません(汗
価格表も出来ていません。
まだ、すべてのりんごが収穫完了ともなっていません。
金星は、どうなってるんだろ。。。

申し訳ない。
予定どうり20日までには、何とかと思っています。
もう少し、待ってて!!

高嶺王林
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。