スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

お気に入りの【金星】りんご

今、一番のお気に入りは「サン金星」です。
右側のがサン金星。いわゆる無袋での栽培のりんごです。

とても、見た目が悪くて、表面はザラザラした感じで、
おいしそうでも無く、高級感は0です。

しかししかし、これは本当に美味い。
数が少ないので、今は売ってません。
味見に配ったりしてますが、この見た目じゃ定着しないでしょう。

【金星】
鮮やかな黄金色から、その名前がつけられました。
国交×ゴールデンデリシャス
部分的に薄い紅色が付いたりします。
果皮に親ゆずりの斑点があります。
甘味が多く、酸味は少ないです。保存も長期の部類です。

金星は1954(昭和29)年、弘前市の佐藤肇氏が国交とゴールデンデリシャスを交配して育成しました。
始めの名前は「金嶺(きんれい)」後に改名しました。
まだ「王林」も世に誕生していなかったので、黄緑系で甘いということで、
赤いりんごの中でひときわ目立っていました。
スターと金星
そのころ、この2つは高級品として贈答されていたそうです。

もうスターはいなくなってしまいました。
でも金星は生きていて、美味しい味覚を提供してくれています。
そう言えば、金星を取ったお相撲さんは、ずっと年俸に影響するそうな。
お隣の惑星だしね。

黄色いりんご
まだ認知不足のようです。
甘いと言えば「メロウ」という黄色いのもあるよ。
これは、王林にさらに王林をかけ合わせて、甘さ倍増計画した品種。
でも定着してないなぁ。

青くても甘い王林は、勇気を出して食べた人にしか分からない美味しさかも。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。