スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

プラスとマイナスのイオン:その1

空気がきれいだと何故か気持ちもゆったりとして落ち着いたり伸びやかな気持ちになるような感じですよね。

空気はまるで存在してないかのように自然にあって目にも見えないし良いか悪いかの判断も簡単には出来ないので普段は全く気にしていないかも知れません。
空気の構成は窒素・酸素・炭酸ガス・水素etcの元素が上手い割合で混合しています。
呼吸するたびにこれをすべて吸い込んで体に必要なものを取り入れています。

そして、プラスイオンやマイナスイオンも一緒に取りこんでいます。

大気中のイオンがいつもバランス良く中性を保てていれば良いのだけれど、
実は現代の大気はプラスイオンが2割ほど多い状態が続いているのです。
現代の生活はプラスイオンに取り巻かれてしまいました。

何が原因なのでしょうか。
自然の回復力を超えてしまったのでしょうか。

排気ガス・煤煙・酸性雨・ゴミ焼却からくるダイオキシン・農薬・食品添加物・建材のホルムアルデヒド・有機リン化合物・放射線

みんなみんなプラスイオンを増やします。

そしてオゾン層の崩壊。
降り注ぐ紫外線。
コンピューターや携帯電話、電子レンジからくる電磁波。

これらもプラスイオンを増やすでしょう。

わずか100年間の出来事でした。

以下次回に。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。