スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ホワイトアスパラの食べ方

ずっと缶詰でしか市場に出回っていなかった「ホワイトアスパラ」が市場に出てきた。


ホワイトアスパラは、仁丹フーズ解体とともに、その栽培が消えつつありました。
缶詰のほとんどが、中国からの輸入になって行きました。
その生産の灯を消したくないという生産者さんと販売業者さんが多く、
最近になって、生のホワイトアスパラが市場に出回ることになったのです。

ホワイトを作るのは、とても大変な作業です。
盛り土の上のわずかな「白い穂先」「土の割れ目」を目印に収穫です。
ノミという金具を土中に差し込んで1本づつ切り取ります。

良く聞かれるのが、食べ方です。
生のホワイトアスパラをほとんどの人が目にしたことがないのです。

ますは、茹でるから。
茹でたら苦味を取り除くために、その茹で汁に3時間以上漬けこんでおく。
そのままでもマヨネーズかけても、ゴマ和えでもOKです。
焼く
炭火焼などは、そのまま網で焼きます。
ほろ苦いけれど甘いという不思議な味です。
揚げる。
天ぷらはそのままで大丈夫。シャキシャキ感を楽しむ。
生で。
細切りにしてサラダで。ちょっと苦いです。

野菜全般に言えるんだけど、
「白いもの」で「根菜部分」は、苦かったり、辛かったりします。えぐみとも言われます。
そのほとんどが、茹でたその汁に漬けこんだり米ぬかなどを使うと和らぎます。
とにかく新鮮なうちに食べるのが一番ですね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。