スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

テクノ依存症:2

朝目覚めるとパソコン起動チェック。
メールを確認し、返事が必要なものにメールを送信。
食事よりもそちらが優先。
出社してすぐにやっぱりメールチェック。
書類作りもパソコンで仕事中もパソコンに向かいっぱなし。
こんな日常生活の人も多くなったこの頃ですね。

パソコンは操作する人の都合で動くし、わずらわしい人間関係も無いです。
それとの相性が良いと次第にのめりこみ、やがてパソコンが無いと落ち着かなくなる。
これが「テクノ依存症」です。
パソコンに依存してしまうのです。パソコンだけではありません。
今は携帯も同じです。機能が格段に変わってしまいました。
それでも日常に影響が出てこないなら大丈夫。
より依存度が高くなると、全てがパソコン優先になって昼夜逆転など社会生活にも支障が出て来ます。
その症状としては「不眠」「頭痛」「食欲不振」「性格の変化」「時間概念の喪失」「いら立ち」「会話が出来ない」「自己コントロール不能」
そうなると周囲も気がついて来ます。

やはり、自覚が一番です。
治そうと思う気持ちが出てくれば、簡単に脱出できます。
パソコンはやはり道具です。
使用目的をハッキリと認識して時間を減らす。それが脱出方法ですよね。

基本的には女性はパソコンを機械や道具と考えているのに大して、男性は強いこだわりを持つようです。
依存症の大半は男性でした。
でも最近は、その区切りもインターネットの普及によって変化してきました。
女性のほうが自由な時間が多いからだそうです。

過ぎたるは及ばざるが如し。
さてと、仕事しなきゃ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。