スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「テンぺ」ブーム

テンぺとは
別名「インドネシア納豆」と呼ばれる大豆の発酵食品です。

最近道内でもブームになって来ました。
「テンぺ」は500年も前からインドネシアで食べられている健康食品です。
大豆の皮を剥いて、こうじ菌の1つのテンぺ菌をまぶして丸1日で完成するとか。
発酵しているのに納豆みたいなにおいとかも無くてあっさりとした味。

しかし、なじみが無いだけに食べ方が分かりにくいですよね。
まず★揚げる★のが一番ポピュラーだそうです。

塩水でテンぺに味付けをして衣にネギやターメリック(カレー粉でも)を混ぜて強火で揚げる。

野菜と★炒める★のも良いです。

★あえる★

長芋と手でほぐしたテンぺを醤油とポン酢であえて海苔をかけるだけ。

★煮る★のは1口大のテンぺとジャガイモ、玉葱と一緒に煮て肉じゃが風の味付けで。

大豆を丸ごと使っているので栄養的にも納豆と同じようにイソフラボンや抗酸化物質が多く、また納豆よりも量を食べられるのが魅力です。
道産の大豆で作られたものも登場してきて、これからの市場拡大が予想されていますよね。

見かけたら一度お験し下さい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。