スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

テクノ依存症:1

日常生活に欠かせなくなってしまったPC。
便利だし、操作する人間に正確に瞬時に答えてくれるし、はまりますよね。

それが「テクノ依存症」の入り口だそうです。
PCにかかわらないと落ち着かなくなり、自己中心的で対人関係が上手く対応出来なくなると言います。

日刊スポーツから
メーカー勤務のAさんはシステム開発の仕事をしています。
仕事が面白かったせいか35歳までずっと独身でしたが、上司から縁談を進められ
話がまとまって5歳下の女性と結婚しました。
妻は従順で夫婦は上手くいっているように見えました。
ところが、Aさんの中では日々イライラが募っていたのです。
その原因はPCのことです。
奥さんはPCを勝手に移動して掃除したり、PCを操作して気分が乗って来たところで話しかけられる。
この状態が続くうちにAさんは、そのイライラを奥さんにぶつけるようになってしまいました。
怒鳴り声は休むことなく響き、興奮が続き夜も眠れない。
睡眠不足は頭痛を起こし、食欲がなくなった。
Aさんの様子がおかしいことに気がついた上司のアドバイスで、精神科を受診して、初めて自分が「テクノ依存症」だったことが分かったのです。
自律神経失調症の診断も付け加えられました。
自分の異常さと周囲にどんなに迷惑をかけていたかを理解した結果、Aさんはテクノ依存症から抜け出すことが出来ました。

テクノ依存症に陥りやすい人のタイプは、子供の頃から何事にものめりこみやすい人だそうです。
朝から夜まで1日中テレビゲームに夢中になった人は要注意かもですね。

一時期、確かにPC無いとイライラしたころもありましたね。
自由になることなんて、あんまり無いですもんね。
PCやWEBの世界は、自分の思い通りの世界だったのかも知れません。
思い通りにはいかないから面白いことも多い!!
とか言ったりして。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。