スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

一番いい季節

北海道は一番素敵な季節に入りました。
たくさんの花たちに囲まれて、かなり癒される瞬間です。

庭の隅に咲いた「すずらん」

「すずらん」は、花の形が鈴に似ているところから名づけられました。
別名も多い。
「君影草」=日本「森のミューゲ」(ジャコウ~ムスク)=フランス
「谷間のゆり」=イギリス「五月の小さな鐘(天国の階段)」=ドイツ
香りがかなり強い。確かに「ユリ」と似ている。
ユリ科キミカゲソウ属。多年草。ヨーロッパ・中国・北米・日本に生息する。
日本種は、花が小さく、香りもそう強くない。
最近は、ドイツ種が多く、大柄で花も大きく数も多い。その上丈夫だ。
まれに淡桃色の花や葉に斑入模様が入ったりする。八重咲きもある。
花言葉に「幸福のおとずれ」「純潔」
実は、赤いです。
香水=ミュゲは、北海道のお土産にもなっています。

雑草の中で力強い「黒百合」

くろゆり(黒百合) Fritillaria camtschatcensis 多年草
高山植物ですが草原や山地でも見られます
ゆり科ばいも属 分布 北海道、1部中部地方以北にも
貝母属の特徴は花が下向きに貝のように咲くものが多い

ここから話が変りますが
ユリの花は白が一番薬効が良く、野生のものほど効果が高いとか。

熱を下げ、毒を解し、咳を散し、血の病を消す(本草網目から)
陰陽五行でもミミズとユリは因果関係が強く、ミミズは土の属だから陰性
よって解熱や大小便にも利す。よってユリはミミズが変化して生じた・・・
いや薬草とか毒草とか、何か調べてみたくなって来た。
ちらっと調べただけで、
オオバコ、カンゾウ、クズ、クスノキ、クチナシ、レンギョウ・・・
奥が深そうですが
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。