スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ハウスさくらんぼ

ハウス物のサクランボの出荷がピークになって来ました。

ハウス物の作柄は、例年と同じく良いようです。

さて問題は路地物ですが、こちらはかなり悲惨な現状です。

まず春先に渡り鳥に芽をついばまれ
開花時期には低温と雨
当然、ミツバチも活躍することなく
手動の花粉交配も、範囲は限られていることなので
結果として、実になる花の数はかなり少なくなったわけです

いや、生産者さんの落胆の顔を見てると、それはそれは恐ろしい結果が待っているんじゃないかと怯えつついます。
今更、早くから予定していたギフトとかが何とかなるわけも無く
どうしましょうかねぇ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。