セミの羽化と葦のバッタ

ぶどう畑にて、セミの羽化を見ました。
セミが殻を破り出てきて、羽が乾くのを待っていたのです。

土の中で5年も過ごして、たった1週間しか生きられないという儚い運命を背負いながらも、飛び立つまでじっと待っている、その健気な姿に、少し感動・・・

それから、少し前なんだけど、玉子やさんのKさんが作ってくれた「葦のバッタ」

すごくリアルでしょう?
子供が本物だと思って、驚いてすっ飛んで行っちゃいました。
Kさんは、子供の頃におばぁちゃんから作り方を習ったそうです。
心が豊かじゃないと、こんな風には作れないよなぁと、ものすごく感心しちゃいました。

3日連続の真夏日。
「今日も暑いね」
そんな季節の挨拶は、2年ぶりだね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する