スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

節操ないよT島屋さん

お昼のニュースの話題にT島屋デパートさんが今回の台風の被害を受けた
青森のりんごを格安で販売し救済に貢献したいと流れていた。
青森に聞いたところ、まだ台風18号の後始末にいっぱいで落ちたりんごの選別も出来ていないそうです。
これは風で振り落とされる前に収穫したりんごだったみたいですね。

何日か前に浅間山の噴火で被災した灰かぶりキャベツの販売がありました。
これは、流通に乗れない黙っていたなら廃棄になる野菜だから、本当の意味での救済だったんじゃないかと、感動すらしました。

しかし、このりんごの販売については何か裏が匂います。
同じ企画、すばやすぎる反応、販売は、商売になった企画として、繰り返されるのでしょうね。
本当の意味の救済ならば、そんな一過性の弱みに付け込む企画とかではなくて、
残された物を高く買ってあげて欲しいと思うのです
違いますか?
被災して、泣く泣くタダ同ぜんで手放したのです。
その分残った収穫物は高く買って欲しい
心からお願いします。

そして、今日いらっしゃるお客様もいろいろです。
無くなってしまう前に買っておこうと思った人
同情しながら、様子を聞き一緒に悲しんでくれる人
昨日落ちた物を格安で販売してないかなと思ってと言う言葉には悲しくなりました。
商業主義もここまで浸透してしまったのかなぁって。

被害は物でけじゃなくて、心も受けて行くものなんだと深く思いました。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。