スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

なしのはなし11-12話

今年は洋ナシも豊作で出来が良かったはずなんですけど
でも去年の三割くらいはあるので、是非食べて下さいね
これこそ「落ちることナシ!」なんですから

さて「なしのはなし」ですね

なしのはなし・・・・11・・・・豊水
三水の中で一番遅く登場する梨です。
名前のように大きく柔らかな肉質で果汁が豊富な
梨です。
1965(昭和40)年に菊水(青ナシ)と君塚早生(赤ナシ)
を交配して出来ました。
ナシは80%以上が水分で見るべき栄養素は
少ないのですが、この水気の多さが代謝に良く
意外と若者にも好まれています。
また、酸味が少ないため酸っぱいのが苦手な人が
好むようです。
カリウムが多いので、体内の余分な水分の排出に
役だっているんです。
ナシの果汁を煮詰めて喉の薬に使ったという話も。
韓国ではキムチには欠かせないし、サラダにも。


なしのはなし・・・・12・・・・プレコース
本名は「ドクトール・ジュール・ギュヨ-」
フランス生まれで明治初年に勧業寮が50種輸入
どれも結実不良の中プレコースだけは実った。
通り名の「プレコース」は早く出まわるという意味
普通の洋ナシの最盛期は秋の盛り9月中ごろ
それに対して、このナシは晩夏になれば
出始めます。
形はいわゆる洋ナシ型で、色も黄緑色から
熟すと黄色になります。
ただし、果肉はなめらかさが少し少なく粗いです。
味は淡白。でもくせはなくて始めて洋ナシを
食べる人ならこれも良いのかも知れないね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。