スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ニッカウヰスキーが登録有形文化財

ニッカの余市工場が登録有形文化財に指定されました
http://www.nikka.com/know/yoichi/cultural/
余市蒸溜所のキルン塔(第一乾燥塔)をはじめとする建造物9棟が、12月10日の文化審議会により、登録有形文化財(建造物)として認定されました。

ニッカの父「竹鶴政孝」氏は、イギリスに居る妻リタへの手紙の中でこう紹介しています
『積丹半島の付け根で背後は山。川が町の真ん中を流れていて日本海に注ぎ、
川を遡るとピートの湿原。その地下から湧き出る水は清冽で申し分ないし自然条件は完璧です。
昔はニシンで栄えた町で、りんごの産地で有名です。
オゾンを含んだ空気は適当に湿り、雪もそれほど多くないし、気温も氷点下をそう大きく下回らない。
ついに理想の土地を見つけました。』

竹鶴氏が探していたスコットランドと同じ空気がここにあったのでしょう
竹鶴氏の苦労は大変なもので、初めはりんごの果汁で生計を立てました
それで、大日本果汁という社名から「ニッカウヰスキー」というネーミングになったようです
今はアサヒビールがほとんどの株を持ち、竹鶴一族の手から離れた感がありますが、やはりニッカの父の残した文化は文化財にふさわしい歴史あるものに思えます。

冬が良く似合う景色です




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。