スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

コーヒーを毎日、肝がん発症率は半減

コーヒーを毎日、肝がん発症率は半減…厚労省研究班

コーヒーを毎日飲む人はほとんど飲まない人に比べ肝がんになる率が約半分――。厚生労働省研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)が実施した大規模調査で、コーヒー摂取量と肝がん発生率の関連がわかった。

 コーヒー好きには朗報と言えそうだ。16日付の米がん専門誌に掲載された。

 同研究班は1990年から約10年間、全国9か所の40―69歳の男女約9万人を追跡調査。この期間中に334人(男性250人、女性84人)が肝がんになった。

 この肝がん患者を喫煙などの影響を考慮して分析。コーヒーを「ほとんど毎日飲む」人は、「ほとんど飲まない」人に比べ、肝がんになった率が51%も少なかった。「1日5杯以上飲む」人では飲まない人の4分の1まで低くなった。

 コーヒーに含まれるどの成分が効果を及ぼしているかはわかっていない。ただ、同じくカフェインが多く含まれる緑茶を多量に飲んでいる人では、肝がん発生率の低下はほとんど認められず、コーヒー独自の成分の可能性が高いらしい。

 ただ、研究班は、肝炎ウイルスに感染していない人は、肝がんになることはまずないので、非感染者がコーヒーをたくさん飲んで予防しようと考えることはあまり意味がないとしている。
(読売新聞) - 2月17日0時13分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050216-00000514-yom-soci

コーヒー党にはかなり嬉しいニュースですよね
以前にも食後のコーヒーは血糖値の上昇を押さえるらしいことが話題になっていたけれど
今度は肝機能にも良好だとか
やっぱり、あの苦味が良いんだろうかな
良薬は口に苦しって言うもんなぁ

今日はプラス気温になりました
春の兆しが少しでもあると嬉しくなります
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。