スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

アメリカ産のジャガイモ輸入解禁へ

農水省が米国産生鮮ジャガイモの輸入をポテトチップスなどの加工向けに限って解禁する方針を固めました

日本の生産者から見れば
「市場のバランスが崩れる」
「病気が何よりも心配」
もちろん反対ですよね

ジャガイモの市場は
生食、デンプン用にと分かれてはいますが
チップ用がアメリカから流入すれば、チップ用を栽培していた生産者は、生食用に転向せざる得ないので
一気にバランスが崩れることが予想されます
また、生のジャガイモが入ることで、病害虫の侵入も心配されます

価格ばかりにこだわっていると、安全安心がそぎ落とされてしまうような気がします
日本では栽培するに当たっては、厳しい植物防疫制度の中で格闘しているのが現実です
安全なものを作るには農薬もできるだけ使わない

農水省では、アメリカ産のジャガイモは完全密封して植物防疫法をクリアする方針ですが、たった1回のミスが命取りのことも多く、不安は隠しきれません

安くて利益のあがる材料を求める企業に農水省が折れた感じの今回の出来事、カルビー種芋事件の結末がこれならば、農家はやりきれない話ですね・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。