スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

<夕張メロン>ご祝儀玉2個で60万円

北海道を代表する味覚・夕張メロンの初競りが16日、札幌市中央区の中央卸売市場であった。千歳市の土産物店http://www.rakuten.co.jp/hokkaido-omiyage/「小笠原商店」(小笠原良社長)が2玉(計3.8キロ)を60万円の過去最高値で競り落とした。
 初競りにかけられたのは、夕張市内の2農家がハウス栽培した50玉。1~2月の大雪と3月の低温で生育が遅れたためか、試食した仲買人によると「甘さは今一歩」。それでも競り人の威勢の良い掛け声が市場に響き、わずか5分ですべて競り落とされた。
 最高値の“ご祝儀”メロンは、新千歳空港内の土産物店で同日いっぱい展示した後、同社が運営するインターネットオークションに出品する。

夕張メロン(ゆうばりめろん)は、北海道夕張市を産地とするメロン。
品種は「夕張キング」と言います。
「スパイシー・カンタロープ」(父)と「アールス・フェボリット」(母)を交配した赤肉のメロンで、1961年に誕生しました。
ハウス栽培とトンネル栽培があり、ハウス栽培は7月中旬までに出荷し、トンネル栽培は9月までに出荷されています
夕張市農業協同組合に集荷され、厳格な検査に合格したものだけを「夕張メロン」のブランドで出荷するので品質は安定しています。
夕張メロンは夕張市農業協同組合の登録商標となっている。
日持ちに難点があり、当時としては画期的な産地直送システムにより全国展開に成功した。
販路開拓に当たっては、銀座での宣伝や、プロ野球のホームラン賞として提供したこともあるので、夏には野球で来道した選手たちがお土産としているのは有名です。
生食の他、メロンブランデー、アイスクリーム、ゼリーなどの原料としても利用されています
m_yubari.jukdo1.jpg
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

札幌中央卸売市場の夕張メロンの初競りで、過去最高額の2玉60万円の値で落札された。  ←実物この夕張メロン、ネットオークションに出品され、昨日なんと、12万円、12万1,000円で、それぞれ落札されたらしい。 一体どんな味なんだぁ!と思ったところで、本日の

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。