生みがきニシン

みがきニシンは、その昔に北海道を支えた食べ物だったよね。
今は、京都のニシン蕎麦になんか入っていたりしますね。
良く干せたのは、お漬物の「ニシン漬け」にも使われています。

でも、その途中の生の「みがきニシン」があって、
ただ焼いて、お味噌なんかをつけても美味しいんだけど、
おかずにするなら、これが一番好評なので、紹介します。

生みがきニシンの砂糖醤油かけ

まず、一口サイズに切った生みがきをフライパンで焦げ目がつくまで焼きます。
フライパンのほうが、柔らかいので食べやすく仕上がります。


そして「たれ」ですが、
醤油+砂糖+お酒+みりんを合わせてレンジでチンして置きます。
砂糖は「キビ砂糖」を使いました。


焼けたニシンにたれをザザァ~っと掛けるだけ。

時間が経つと味がどんどん染み込んで、美味しくなるよ。
他の干物でも応用できるかも。

簡単なので、一度お験し下さい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する