スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

日本酒美味しいと感じたから調べてみました。

【本醸造】
ぶどう糖や水あめを使ってないこと。
アルコールの使用量が白米1000kg当たり120L以下。

【吟醸】
本醸造の清酒のうち、精白米度40%以上の白米使用して、
もろみこうじも発酵温度もすべて低温で行ったもの。

【手作り】
新式の蒸米機や製麹機を使わないで作った清酒。

【秘蔵酒】
貯蔵期間が5年以上経った清酒

【生一本】
米と麹だけを原料としたお酒。アルコールや糖分は加えていない。
絞ってから水を加えていない原酒であること。
自分の蔵で作った自醸酒で他で作ったものを混ぜていないこと。

【どぶろく】
にごり酒。麹と蒸した米と水で作った麹を醸造したお酒。
白く濁っています。
これを漉すと清酒と言います。
*漉すの灰を使うことを発明したエピソードは有名ですね。

【焼酎】
清酒のアルコール度は17~20度が限界の中、強い酒を欲しがったことから出来たそうです。
発酵して出来た酒を濃縮した蒸留酒が焼酎です。
清酒のかすなどに、米・麦・粟・とうもろこし・じゃがいもなどでつくった麹を発酵させたものを蒸留して作ったものもあります。

追加として
【みりん】
焼酎に米麹と蒸したもち米を混ぜて糖化させて、1~2ヶ月後に漉したのがみりんです。
以前は、そのまま飲まれていたようです。

以上、日本酒のマメ知識でした。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。