スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

地球の自転が狂って来てるって?

最近、地震が多いですねー
地震とか異常気象のせいで、地球の自転の速度が速くなってるらしのです。

これは、どうも2000年の5月に2度に渡って起こった大がかりな惑星直列も関係しているらしいです。

自転速度に影響を与えるものには、こんなものがあります。
まずは、地震が増えるメカニズムの一つに太陽の活動からの地球への影響です。

地球と同じように太陽にも、惑星の引力によって生まれる潮汐現象があるが太陽からみて、この効果は最大となる。
その結果、太陽の黒点は異常に増加する。
黒点の異常増加はすなわち太陽面の爆発が活発になっていることを示す。
爆発の活発化は太陽からの風、放射性粒子が激しくなっていることを示す。
地球に飛んできた放射性粒子のために地球の大気に変動が起きる。
               ↓
そのため地球の自転に影響が出る。
自転速度が急激に変わることは、地殻の弱いところ、歪みのたまっているところにストレスが集中する

2003年は火星の大接近の年。もうすぐです。いったいどんな影響があるのか。

さて、自転速度が速くなったと実感できるのが、何かと言えば
自転と時刻のずれの修正が、現在4年間も行われていないのです。
これを「うるう秒」と呼んでいます。
地球が1回転する時間が30年前に比べて1/400秒くらい早くなったのです。
まだ、諸説あって原因はわかっていません。

#風の分布が変り気象変動が起こった
#地球深部の核とマントルの境界で巨大地震が起きて核の形が変化した

なんてのも。

時間って何で測ってるか知ってる?
そりゃ、知ってるよね。
1958年から使ってるもんね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。