スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

香田監督「何で、2塁に行くんだろう?」

昨日の駒大苫小牧-鳴門工は、すごかったです。
林キャプテンが言うように奇跡ですよね

最初は岡山君が暴走したかに見えた2盗が始まりでした
高校野球・ガッツポーズの岡山

7回裏駒大苫小牧無死、右への二塁打とエラーの間に三塁に進んだ岡山くん

高校野球・辻の生還

5点を追う7回裏駒大苫小牧一死満塁、この回2度目の打席に立った岡山の犠飛で、三塁走者の辻が逆転のホームイン。駒大苫小牧は7-6で2年連続4強入り

試合後の香田監督のインタビューがすごく面白かったです

最後終了の瞬間に、飛び跳ねるようにベンチから出て来られましたが、どんな思いでしたか?
香田:いや、あの……。あの、信じられない……もう、ほんと。あの……状況でして。
自分も……あの、何がなんだかさっぱりわからなくてですね……。
も、も、もう最後空振りの瞬間には、もう……あの、自分自身もわからなかったです。


まだなにか興奮が残っている、そんな感じですか?
香田:はい、あの……あの回の、あの、攻撃がもうホントに、あ、もう選手達凄いすごい、でもそういう気持ちばっかりで。
すごいすごいっていう……うん、あの、もう自分も、も、もう、もうなんかあの回にもう涙が出てくるような、もうホント選手達すごいっていう……いう、そんな気持ちで。
ま、もう、なんかもう、自分は見てただけのような感じでした


じゃあ、あの回は選手達のちからですか?
香田:いや、もう。はい、私も、もうなにがなんだかわからなかった感じで。はい。

正直あの回に入る前、あの好投していた田中選手が打たれましたよね。
えー、監督の胸の内、それから選手達の表情どうだったんでしょうか?
香田:いやぁ、やはりあの、あの流れの中で、なかなかうちが、あのぉ……えー相手の田中くん……
んー、とらえきれなくて、ホントにあー、んーどうやったらこう突破口切り開けるんだろうかと思っているときに、次の1点目が向こう……鳴門さんだったんで……
あー、やっぱりこの流れはもう厳しいなっていう……感じで、あの正直思ってました。
でも、あの……帰ってきたときに、あの、もう、あー、こうなったらもう打つしかないぞ!
っていうことで、あ、こっからがおもしろいんじゃないかっていう、そういう声はかけたんですけども、まさか……あの、ああいう……結果になるとは、思いませんでした。


あの、回先頭バッターの……岡山くんですか。えー、ヒットと好走塁。あそこから一気にきましたが。
香田:あ、あの……走塁自体も、私……が見てても、『なんで二塁に行く……んだろう?』という風に思ったぐらい。
ただ、まあ、あの、ホントに終わって見れば好走塁だったっていう、
あの、あそこから……もう始まったことだったので、本当によくやってくれたと思います。

相手鳴門工業も同じだけ、十個のヒットを打ちました。あらためて鳴門工業の印象を聞かせて下さい。
香田:いや、もうあの、やはり四国の強豪チームだという風な印象ありましたし……
もうあのうちは、まぁ結果はホントに勝てたんですけども、まぁワンサイドになっても、もうおかしくなかった試合だったかな。
という田中くんのピッチングはやはり素晴らしいピッチングで、ホントにあの素晴らしいと思いました。はい。


おめでとうございました!
香田:ありがとうございました。


もうすっかり、香田ファンですよ、私は(笑)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。