スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

山菜取り季節

山菜の季節もそろそろ終盤です
行者ニンニク(きとびろ)は終わりましたが
2003.gyoujaninniku2.jpg


先週は山にもまだ雪が残っていてタケノコはあまり出てなかったのですが
今週はもう夏近いかなというくらい暑くてタケノコがピークですね

今年は膝痛めてるから、行けないんだけど
地竹(根マガリダケ)は、どうしてもこの季節に食べたいです
20030528_wakatate2.jpg


今、その山菜取りの遭難費用の事が問題になっていたりします
山に入ると同じ景色の中、一つ間違えると遭難という事も良くある話なんです
私も自分がどこに居るのか分からずに、さ迷ってしまったことがありました
落ち着こうと思っていても、無駄に歩き回り、気が付いたら奥へと進んでいたり、すぐ出口の側にいるのにあせっていたり
人は思いがけない行動をとるものですね

そして完全に遭難したとなれば
捜索の費用を誰が負担するのかが次の問題です
今までは自治体が負担していましたが、装備もきちんとしないまま責任無く遭難する人が後を経たず、この低いモラルに警鐘を鳴らす意味でも、遭難者への請求をすることになったようです
特にタケノコ山は、前が見えなくて遭難する人が多いので、小さな自治体などは、人もお金も大変な負担となり毎年問題となっていました

モラルも低いです
雨や寒さ対策、非常食、別行動、持病持ちなのに入山などなど
捜索に当たった警察署員からは
「救助のヘリコプターから見つからないように身を隠す」
「最後まで袋いっぱいの山菜を手放さない」
「助けを呼んだ覚えはない!」
などの話を聞くと、さすがにあきれてしまいます

危険なことはダメです
買って食べた方が絶対に安いんですから・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。