スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2005年~総括1~さくらんぼ、メロン他

12月の更新が申し訳ないまま
2005年のラストの日記になってしまいました。

2005年の総括

■さくらんぼ■
雪解けが遅く、収穫も遅れ気味。
2年続きの不作、幼果菌核病が発生して、受粉後にダメになった実が多かった。
夜が高温の日が多く、色つきが良くなかった。
南陽が特に数が少なく、価格が高騰した。

■メロン■
雪解けが遅い影響を一番受けたのがメロン。
御中元シーズンに間に合わず、混乱が。
味にバラつき、ルピアレッドが短期間で終わり、R113Uに助けられた。
青肉メロンが少なめ。ライフメルティーが増えることに期待したい。

■プルーン■
早い時期の早生の品種の評判が非常に悪く、以降の品種に悪影響が出る。
早い時期のプルーンは肉質が柔らかく、日持ちしない、しかも防除の時期がづれていたようで、品質低下。
後半のプルーン「パープルアイ」「サン」などは、収穫時期をもっと一定にして品質を保ちたいところ。
生産者によって味にバラつきが多く、苦労しました。
農薬が変更されたせいか、腐りやすかったです。

■桃■
早生種に苦労。早生の白鳳などは、お盆に向けてなんだろうけど、栽培する意義は無い気がする。
「あかつき」「暁星」「めぐみ」などは、固めで糖度も高く、良かったです。
余市の桃はとにかく腐るので、早く食べて欲しいところ。

■とうもろこし■
やはり、雪解けの遅い影響で、収穫に遅れが。
そのせいか、早生種をつける生産者が多数いましたが、これがNG
やはり成長にはきちんと時間が必要。
無農薬は、アブラムシと夜盗虫に苦労しました。

2へ続く


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。