温暖化で変わること-農業その1-

この冬の雪の量は本当にひどいものですね。
しかも、これが温暖化のせいだと言うのです。

もう地球発信のSOSじゃないのかって思ったり。

温暖化はまず北極の氷に顕著に現れました。
9月29日の北海道新聞1面に
「北極海の氷観測史上最小に」という見出しがありました。
夏場に北極海を覆う氷の量が2005年の9月の人工衛星の観測が始まった1978年以降最小を記録したのです。

氷が減って海が太陽熱を多く吸収することで、氷の縮小にいっそうの拍車がかかりました。
何という悪循環。
研究グループによれば
「この勢いで氷の縮小が進めば、夏場の氷の消失は21世紀末よりもかなり早い時期に起こる」と警告しています。

台風が凶暴化してしまったのも、海面の上昇と温度の上昇による水蒸気のせいなんですねぇ
もちろん、この重い雪もこの水蒸気のせいです。


普通、北極海の氷は9月に最小となり、冬に拡大するというサイクルを繰り返します。
2005年の氷の量は平年値の130万平方キロよりも20%も少なかったそうです。
そうなると春になって氷が溶けはじめるのが早くなり、温暖化がさらに拍車をかけて縮小が加速してしまうようです。
これまでの研究では、北極圏の大気循環で氷が北極海の外に押し流されます。
この現象の影響は90年代後半から弱まりつつあり、温暖化はこの頃から大きくなった模様。

そして北極振動です。北極振動は12月18日の日記にあります。
ポイントは北極でした。
この豪雪は全て北極の氷がたくさん溶けたことが発端だったのです。

この温暖化が、北海道の農業にどんな影響をもたらすんでしょうか。
まず考えられるのは「極端な天候が増える」ことです。
積雪が多かったり少なかったり、安定しなくなります。
そして気温の上昇
例えば果物
栽培に適した地域が大きく変わるかも知れません。
寒冷地に向いたりんごなどの果実も分布が変化するかも知れません。
とうもろこしなどは、穂が出る時期に35度以上の気温だと実がつきません。

まだまだ、たくさんの心配があります。
-その2-に続く
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する