スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

WBCで、イチローが教えてくれた事

「勝つべきチームは僕ら」 
野球人の誇りを懸けた戦い、イチローはそう言った

これまでの2度の苦い思いを晴らすような6―0の勝利。しかし自らも含め、日本の選手が感情をあらわにして、韓国ベンチに向けてガッツポーズをすることは一度もなかった。

「当然でしょう。野球はケンカではない。そんな気持ちでした」。しかし、今大会における韓国選手たちの振る舞いには闘志をかき立てられていた。
例えば2次リーグで日本に勝利した後、太極旗をマウンドに突き立てた者がいた。この日、5打席目の邪飛を捕球した三塁手は、そのボールを打者のイチローに向かって投げつけた。それ以外にも敬意を欠く行為が連続。大好きな野球が冒とくされた、と強く感じていた。

本当の強さやプライドは、プレーそのもので表現すべき。少なくとも、イチローの固い信条は日本野球で培われたものだ。「勝つべきチームが勝たなくてはいけない。そのチームは当然、僕らだと思っていた。きょう負けることは、日本のプロ野球に大きな汚点を残すことと同じ」。

絶対に負けられない韓国との3度目の顔合わせは、イチローにとってアスリートの尊厳を守る“聖戦”でもあった。
そんな志に、日本代表のメンバーは完全に同調している。「本当にいい仲間ができました」。チームリーダーが、やっと満足げに笑った。(共同)
http://www.sankei.co.jp/news/060319/spo063.htm

イチローは、クールでマスコミが大嫌いなんだと思っていましたから
今回のWBCでは、本当に驚かされました。
韓国を破って決勝進出を決め、チームメートと抱き合って喜ぶイチロー

「冷静沈着」これが彼のイメージ
しかし、こんなにも熱く興奮を表に出し、子供みたいに無邪気に相手を挑発したりしてて!
松井派だったのに、今やすっかりイチロー派です。
イチローの発言って、
2度も負けながらフェニックスみたいに生き返った原動力だよね
まさにサムライ!

打席に立つたびに沸き起こる大きなブーイング
ダンボールでホームランボールを叩き落し
イチローにもらったばかりのサインをイチローの目の前で破り捨てる
韓国ドラマ大好きで、韓国俳優も好きだったのに、一気に冷めました。
こんなに心の狭い国やったんだ。。。
悲しいな。
ほら、野球だから、もっとかっこよく行かなきゃ。
マウンドに国旗差すなんて、使わせていただいたマウンドに失礼だよ。
日本はそんなことしないで下さいね。

今日になっていろいろな新聞見比べたら
朝日は韓国よりだって気がついた、うち日刊スポーツ(朝日系)もとってんだけど
スポニチに変えた方が良いかなぁ。。。
TV局はもテレ朝はそうだよね
視聴料払ってるから言うけど、国営なのに荒川の国旗でリンク一周も映さない、中国寄りのNHKよりはましだけどさ(笑)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。