スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

発芽胚芽米から、ギャバ(GABA)=(γ-アミノ酪酸)を!

ギャバ(GABA)=γ-アミノ酪酸(ガンマーアミノ酸)

以前(ギャバ(γ-アミノ洛酸)と発芽米)にも発芽胚芽米で書きましたが、その後の情報です。

■ギャバっていったい何?
ギャバは玄米等に含まれ、特に発芽玄米には多く含まれているアミノ酸です。
詳しく書けば、アミノ酸からの派生成分で、抑制性神経伝達物質です。神経伝達物質は神経細胞間、もしくは神経細胞からその他の目的細胞まで情報を運ぶ化学伝達物質です。
これが解明されたのは、今から50年以上も前のことなんだそうです。

体内では、アミノ酸のグルタミン酸から合成され脳に存在しています。
神経細胞の発火を抑える働きがあり、気分を穏やかにする助けをします。

■ギャバを摂取するとどんな効果があるの?
これまでに報告されているGABAの主な生理活性作用としては、脳の血流改善、血圧降下、精神安定、腎・肝機能活性、アルコール代謝促進作用、消臭などがあり、大腸がんの抑制作用についても期待されているようです。

脳がパニック状態になると神経細胞が興奮するという状態になります。このとき脳にあるシナプスに含まれている物質が分泌されます。
ギャバはそのシナプスの3分の1くらいの割合で含まれていて、この時点で脳内に流れ出ている状態になります。
これによりギャバはパニックした脳を落ち着かせてくれるのです。

イタリア、ミラノのMilan大学における「人間における成長ホルモンとプロラクチン分泌に関するGABAの効果」と題される最初の臨床研究です。それによると、19人の被験者において18人が5グラムのGABAの処方によって投与後約 90分で成長ホルモンが著しく増加したことが報告されました。なお、現在ギャバの研究において他にはない成長ホルモンの効果が確認されています。
また、ギャバの研究で最近発見された事でギャバはアルツハイマー系の痴呆にもよくきくとされています。

■ギャバはどんな食物に含まれているの?
玄米に豊富にあるなら玄米食べれば良いんじゃないの?
と思われるでしょうが玄米そのものには少ししか存在しません。

ギャバが含まれている量で言えば、白米には1mg、胚芽米で2.5mg、玄米で3mgとされていて、発芽玄米にふくまれているギャバの量は10mgとされています。
そのためギャバは米に含まれているので普段の食事の中でも摂取できるという事です。

結論から書けば「発芽」させれば、白米の10倍になると言う計算になります。

トリノオリンピックの金メダルで沸いた荒川静香選手がCMしていたことで有名になったのが「金の芽米」ですが、これは胚芽部分を少し残すように精米したお米です。
HPから拝見すれば20%くらい残っているみたいですよね。
普通に炊飯器で炊けるので扱いやすいですよね。

発芽させて玄米を食べるのが一番だけれど、玄米の外側の殻(米ぬか)には「フィチン酸」があるので、せっかくのミネラルを吸収させないという難点も存在します。
普通に発芽させて真空パックにして売っている「発芽玄米」もありますが、発芽させるために水に浸すわけで、パックにするときに、ギャバが含まれた水を捨ててしまうというもったいないことになっています。

■発芽胚芽米の取り組みと問題点
そこで考えられたのが「みのり産業」から発売されている機械「玄米シェフ」です。
これで精米すると、何と80%の胚芽部分を残したまま普通に炊飯器などで扱えるわけです。

北海道米の美味しさと健康を一緒にお届けできたら良いなと思いつつ、
これまでいろいろと取り組んできたんだけど、まだ問題が残ったままで、販売までこぎつけずにいます。
それは、輸送による胚部分の落下だったり、時間や温度による酸化だったりと、お米自体のことではなく輸送や保存です。

さらに問題なのは「発芽している」状態が理解されないことです。
発芽した画像はこういう感じです。

★芽が出ている画像★
発芽胚芽米1

★ご飯になった画像★
発芽胚芽米2

(画像は「みのる産業」さんから戴きました!感謝です)

発芽胚芽米の詳しい解説や食べ方などはみのり産業さんのHPでご覧頂けます。
レシピもあります。
http://www.agri-style.com/products/d_pamphlet/genmai_chef2/body.html

美味しくて身体に良いなんてこんなに良いことないですよね。
しかもサプリみたいに取るんじゃなくて自然に食べ物から取りたい
発芽胚芽米がたくさんの人に認知されて広まると良いなと思ってます
スポンサーサイト
頂きました

さっそくギャバ米を頂きました。
お昼に出かける前に水に浸し、夕方炊いたので、5時間くらい置いていたことになります。

炊き上がった米はまさに画像の通り。特別難しいことも無く、白米と同じように炊いてオッケーでした。

味は白米とほとんどかわらないのでなんの違和感も無く食べられます。若干もちもちした感じがしたのは自分の炊き方のせいでしょうか?

面倒なことも無く毎日の食事の中でギャバが効率よく摂取できる。

続けてみる価値ありますね。

2006.05.08 09:22 dsk075 #t5nX89e6 URL[EDIT]

dsk075さん
GABA米のモニターのご報告ありがとうございます。

普段使っている炊飯器で炊けるのは本当に便利ですよね。
北の果族管理人も発芽玄米の専用の炊飯器は購入しましたが、わざわざ出すのが面倒であまり使わなかったという始末でした(笑

>干もちもちした感じがした
きっと水加減が上手かったのですね。
プレーンヨーグルトを入れるともちもち感が出るとの情報もありました。

ギャバの摂取で体調など良くなると良いですね。

2006.05.09 22:32 北の果族 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。