スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

雪どけの遅れが徐々に深刻に

豪雪の影響がまだまだ続く北海道です

春を告げるように「ツバメ」もやって来ました
忘れずに元気に戻ってきたのはとても嬉しいこのごろ

北海道の田植えはだいたい6月初旬ころ
霜の心配がなくなるころです
合わせたようにカッコウの声が響きます

しかし田んぼが水どっぷりの状態では田植えは出来ないので
水がいつ引くかが重要です
苗を作っても植えられなければ育ちすぎるし

中々暖かくもならず、予定が立たないと聞きました
どうなるんだろう今年は
豪雪の果樹被害もそろそろ出て来ますが去年よりも深刻そうです
保険も収穫物にしかかけられないので
樹がダメになっても植えなおしたりする費用もままならず
農家も減りそうな気配が続きます

原油の値上げも直撃しそうな勢いだし
金利も上がり、いきなりインフレに突入?なのかな
不景気風が吹かなければいいのですが

それと「黄砂」
今年の黄砂の規模はそうとうなものみたいです。
黄砂は花粉の1/7の大きさなのでマスクもウィルス用じゃなければ防げないし
タクラマカン砂漠とかゴビ砂漠からやって来るんだって
北京なんか偏西風の真上に有るし寒暖の差もあって黄砂はすごいらしいね。
特に最近の黄砂は、単に荒土の粒子だけではなく、埃や細菌、アルミニウムや鉄、亜鉛といった金属成分が含まれていることがわかっています。
日照不足もあるしね、日本の努力じゃなんともならない

黄砂による影響
車や建物に降り注ぐ為の物理的被害
黄砂が降り注ぐために、農作物への被害や洗濯物を汚すなどの被害
農作物等のビニールハウスに黄砂が積もり、遮光障害を起こす等の被害
視界が悪くなるために航空機の飛行に障害を及ぼす
黄砂に大気汚染物質が吸着されて運ばれる被害
大気を覆うことによる気象観測を妨害する被害
黄砂は炭酸カルシウムを多く含むので、酸性雨を中和したりアルカリ性化する
太陽放射を遮ることによる冷却化
呼吸器官への被害(咳、痰、喘鳴、ただれ、鼻水、痒み)

今頃になってインフルエンザがまた流行りだしてます
気温の変化で身体も弱り気味
雪が残っているせいで風も冷たいし
ビタミンB1不足にも注意ですね
春は芽の部分を多く取ると良いと思います。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。