スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

とりあえずの灰色の決着

韓国は名称提案せず、日本は調査中止…竹島で日韓合意
韓国は、6月の国際会議でこの海域の海底地形について、韓国名を登録する提案をせず、日本も海洋調査を当面実施しないとした。調査の現場海域で日韓両国が衝突するという最悪の事態は回避された。ただ、竹島の領有権問題は残されたままで、再び海洋調査などの対立が再燃する可能性もある。


これって、とりあえず延期になりましたってことだよね
推測だけど韓国はアメリカも味方してくれて、日本が頭下げて中国にはほめられて、政権の支持率もアップ!なんて考えていたんじゃないかって気がする。
まだ前哨戦
実はこれからが重要
ちゃんと真実が報道されてるかってのも気になるところ

本当に地形図とか出来てないとも思えないし、測量船とか今の日本の技術でありえないって思うし、人工衛星とか使わないのかしら

実は日本は全く何も失っていない
先制攻撃で外務次官を韓国に送ったのも世界の印象としては高いと思うし、軍(自衛隊)を持ち出さなかったのも良かったと思う。
力ではなく話で決着つけようというのは正しかったんだと思います。
●韓国に名称提案を中止させ、竹島カードの無力化を防いだ。
●国際法廷に対する選択的解除に導き、韓国に竹島問題に対する正当性に自信が無い事を世界にアピールさせることが出来た。
●反日政策の矛盾を突きつけ、盧武鉉政権の支持率を下げさせる事が出来た。
●中国に対して日本の外交力を示す事が出来た。

しっかし竹島って言う土地があったことを知ったのはほんと去年のこと
まさかここまで重要な事になってたなんて、報道されないってことは怖いことなんだねぇ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。