スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム
この言葉が急に独り歩きしだしたのは何故かなと思いつつ

メタボリックシンドロームは別名「死の四重奏」と言われ、肥満がある人で高脂血症、高血圧、糖尿病の3つのうち2つ以上があることを言うっぽいです。シンドロームだから症候群ですか。
さらにアンチエイジ世代にもなると心臓病のリスクは30倍にもなるとか。

内臓脂肪型肥満(内臓の周りに脂肪がついているかどうか)かどうかが目安になります。
詳しくしらべるならお腹のCTをとって調べないと分かりませんけど。
ウエスト周径。これが男性85cm以上、女性90cm以上なら「内臓脂肪型肥満」なのは確実なところ。
さらに
・血圧が130/85mmHg以上
・空腹時血糖110mHg/dl以上
・中性脂肪値150mg/dl以上 またはHDLコレステロール40mg/dl未満
が2つ以上当てはまったらこれは立派な「メタボリックシンドローム」

だそうです。
外見ではなくおへそ当たりの肥満なんだって。

20代から同じ生活をしているのになんで?と思われるかもしれないんですが、基礎代謝量が変化するのですね。
基礎代謝量は人が一日に消費するエネルギーのうち約7割が生きるためだけに使われています。
残りの3割が活動で使うエネルギー
基礎代謝は20歳をピークにだんだん減り太りやすい身体になってゆきます。

そんなこと十分に分かっているのにね。生活は中々変えられないですね。
じゃ、基礎代謝を減らさないためにはどうしたらいいのかって話ですよ。
筋肉を使う!しかないっぽいですよね。
腰が痛いだの腕が上がらないだのって、どんどん身体を使うこともおっくうになりがち、うーーーん。
と書きながらダンベルを出し。。。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。