スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

日照不足で野菜値上がり

日照不足で野菜値上がり キュウリは平年比6割高
 ゴールデンウイーク明けから続く日照不足の影響で、野菜の卸売価格が値上がりしている。東京都中央卸売市場の5月20日の価格動向によると、キュウリは1キロ当たり318円で平年に比べ6割高、ピーマンが355円で4割高となった。ニンジンなど他の野菜も値上がりしつつあり、日照不足がさらに続けば家計に響きそうだ。
 農水省の石原葵事務次官は22日の記者会見で「(花が咲いた後の実の部分を食べる)果菜類を中心に生育遅れや肥大不足が見られる」と説明。今後1カ月間は日照時間が平年を下回る見込みのため、入荷量や価格動向を注視していく考えを示した。
(共同通信) - 5月22日18時10分更新


太陽の光がどれほど需要なのか分かるような出来事ですよね。
この季節、中国から黄砂はやってくるわ、低温被害とか雨不足とか日照不足なんか頻繁に起こります。
しかし全国的に起こるなんてことはまれで、今まではどこかがダメでもどこかが大丈夫みたいな感じでした。

野菜高値 梅雨のはしり日照不足 キュウリ6割・ピーマン4割高

日照がなければ光合成が出来ない。光合成がなければデンプン質が生成されない。

やっぱりこれも温暖化とか二酸化炭素が増えたせいなのか!
というか異常気象でしょうね、関西から関東にかけてこのまま梅雨に突入するかも知れないといわれていますし。

ここが食糧基地北海道の腕の見せ所!
なんだけど、雪どけの遅さと低温続きで生育が遅れています。
北海道の食糧自給率って知ってますか?
150~160%くらいあるって言われてます。
なのになのに、今年から輸送にかかるコストの一部負担が削られてしまったので、輸送コストのかかる道産野菜は苦戦してるんです。

いろいろ財政難ではあるんだろうけど、食糧の安定は国の要です。
しかもこれからポジティブリストで外国産の野菜はかなり入荷が減るって予想です。
北海道野菜は気温と湿度の少なさから低農薬がデフォルトです。

日照が少なくて嬉しいのは日焼けが気になる女性だけなのかもですね。
ビタミンCいっぱいの野菜食べればいいのにねぇ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。