スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「ポジティブリスト制度」日本の農薬規制で中国の対日農産品輸出に混乱

全食品に残留農薬規制、改正食品衛生法施行
 改正食品衛生法が29日に施行され、すべての食品を残留農薬の
規制対象にする「ポジティブリスト制度」が始まった。
一定基準を超える農薬を検出した農産物や加工食品は輸入物も含め、
流通が禁止される。周辺から飛散した農薬が付着した場合でも
規制対象になる。無登録の農薬の使用など食への安心感が揺らぐなか、
消費者がより安全な食品を手に入れやすくなる。

これまで食品への残留規制があったのは283種類の農薬や飼料添加物で、
全体の約4割に限られていた。29日からは約800種類に広がり、
国際基準を参考に個別品目ごとに基準を設けた。

国際基準がない場合も一律に「0.01PPM」を規制対象にした。


中国の対日農産品輸出に混乱、日本の農薬規制を拡大解釈? 
【重慶=宮沢徹】日本が農作物や肉、魚などの食品に残る農薬や医薬品の規制を強化するために導入した制度を受け、中国の対日農産物輸出に混乱の兆しが出ている。中国当局が制度を過度に警戒、企業に対日輸出停止を命じるケースもある。

 日系有機食品メーカー、四川想真企業(四川省成都)は先週後半、江西省の農地から東京の食品メーカーに出荷するゴマの輸出を当局から停止された。山東省でも輸出停止の事例が続出。 (07:00)


伝統行事のちまきに有害添加物 中国政府が警告
 31日に年中行事の1つ、龍船節(端午節)を迎える中国で、これに
合わせて市場に出回っているちまきの一部に、有害な添加物が使われて
いることが判明し、当局が注意を呼び掛けている。英字紙チャイナ・デーリー
が伝えた。

 龍船節は、戦国時代の詩人、屈原の命日に当たる。この日には供養の
意味を込め、笹の葉で包んだちまきを食べるのが習わしとなっている。

 同紙によると、ちまきを売る業者を対象に実施された抜き取り検査で、
葉の色を明るくするために硫酸銅や塩化銅を加えた商品が数多く
見つかった。同紙は、河南省にある食品研究所の専門家の話として、
「最悪の場合はがんや腎不全を起こす恐れがある」と伝えている。
中国消費者協会によれば「ちまきの笹は暗い緑色になるのが普通。
鮮やかな緑色の葉には注意する必要がある」という。

 中国ではこれまでも、ペンキを加えた豆腐や産業用アルコールの
入ったウイスキーなど、有害な食品による被害が相次いでいる。



ベンキを加えた豆腐って…!?
産業用アルコールって、メチル?

見た目が大切で安全性はその次
売れれば儲かれば良くて消費者の事なんて考えない
中国人らしい商売ですよね
緑化計画で枯れた芝生に緑のペンキを吹き付ける国の事だけはある
オリンピックはどうなるんでしょうか。。。

今時、色がものすごく鮮やかな食品は警戒対象ですよね
しかし、輸入品が激減したらどうなるんだろう。
変わりにアメリカから牛肉が入ってくるのかしら。

さて「ポジティブリスト制度」で混乱する現場ですが
巷で言われている農家の実態はかなり誤解があります。

×「農家は農作物を作る時、自家消費用のものには農薬を使わない」
○「何で自家用にそんな手間のかかることはしない規格外品などを食べてます」

×「有機栽培作物は美味い」
○「有機栽培の定義があやふやなので良く知らない」

防除暦も作成できない人は物を作るな的な法律です。
お隣からその栽培物に許可されていなかった薬が風で飛んできただけで出荷不可になります。
もっと細かく再分化された農薬リストが必要です。

ぶどうを種無しにするために「ジベレリン」という薬を使うのですが
「デラウェア」には許可されていて「旅路」への許可は今のところ微妙です。
なぜかと言えば、誰も申請しなかったからです。
例えばプラムを作るには硫黄が不可欠です。しかし硫黄は有害物質にされてしまったので使用できません。
植物を作るって大変って時代になりましたね。

さて見切り発車のこの法律、外圧とかで変わるんでしょうか。
見守って行きたいと思います。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。