スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

中国の生しいたけ輸出一時停止~「危ない食卓」

中国 生しいたけ輸出一時停止
中国 生しいたけ輸出一時停止

日本に輸入された中国産の生しいたけから、基準を超える農薬が検出されたことを受けて、中国の業界団体は、検査体制を整えるまでの自主的な措置として、日本への生しいたけの輸出を、一時的に停止していることを明らかにしました。

日本政府は、先月、中国から輸入された生しいたけの一部に、残留基準を超える農薬が検出されたと発表し、この生しいたけを扱った業者に対して、今後は、中国国内での事前の検査を義務づけるよう命じました。これを受けて、4日、生しいたけの対日輸出の85%余りを扱っている中国側の団体、「中国食品土畜輸出入商会」は、日本への生しいたけの輸出を、先月25日から1か月間にわたって停止していることを明らかにしました。そして、この間に、生しいたけが作られる過程で、農薬がどう使われているか実態を調べ、検査体制を整えたうえで、輸出を再開するとしています。日本政府が、ことし5月、食品に残留する農薬の規制を大幅に強化する制度を導入して以来、中国産の農産物をめぐって、検査命令が出される事例が相次いでいますが、中国側の業界団体が、自主的に輸出を停止して対策を講じるのは異例のことです。農林水産省によりますと、生しいたけは、日本国内での生産量が外国産の3倍近くにのぼるうえ、夏場でしいたけの需要が比較的少ないため、今回の輸出停止による影響は少ないと見られるということです。


一言で言えば輸入している商社の責任です。

それと、しいたけに農薬使うって言うのは初耳です。
普通はしいたけって菌種をほだ木に植えて日陰や林の中に置いとくだけで栽培できるはずで、薬は必要ない気がするけど・・
確かに中国産椎茸はなかなか腐らない。静かにしなびていくだけだ。
野菜などは、関税を通過させる為に大量の農薬を散布して出荷するのです。1匹でも虫がついていると、全て廃棄されるからです
しかし今年から「ポジティブリスト制度」という食品から加工品に至るまで農薬の種類や量が規制されました。
この法律がここに生きたのでしょうか。
日本の農家ならできるが中国では難しいかも知れないですね。

食品に関して安ければ良い的なものは淘汰されつつあります。
まず求められるのは「安全」なことなのです。
中国野菜の問題は今に始まったものではありません。
農薬漬けの野菜、カビを吹いたウーロン茶、薬物漬けうなぎ、不思議な液体に漬け込んだ山菜などなど多数
衛生観念が無いうえ手を抜くのが当然の風潮もある
中国国内でも偽の政府認定証を貼ったミルクで大問題が起きている
野菜などの生鮮品を船便で輸入するわけですから、当然防腐処理が必要になってしまうのものなのです。


先日「危ない食卓」~スーパーマーケットはお好き?~というタイトルの本を買いました。
危ない食卓

イギリス女性記者の衝撃レポートです。

ここに書かれていた内容は衝撃的です。
実際に青果物を扱う自分も1消費者な訳ですから
裏事情は一般の人よりもかなり理解しているつもりです。
しかし、さらに上を行く現実に愕然。

規格化された食品、加工を重ねるほど栄養価が落ちる食品、消える小規模店と商店街、健康危機と環境破壊、「国境なき食の時代」にあって大企業に支配される食の巨大システム…豊かさの陰にしのびよる不安に、消費者はいかにして挑戦できるのか?毎日食べているものにはこんな裏事情が…!食の否定ではなく食の喜びを広めるために書かれた女性記者の突撃ルポ。
2004年のフードライター協会賞受賞作品。

産地偽装表示、古い食品の使いまわし、賞味期限の付け替え
良い物より利益の出るもの、味よりも価格、バックマージンの要求
今の日本のスーパーではごく普通の話
利益を重視する限り、いずれこのイギリスと同じ現実が待ち受けています。

循環農業をやっている小林ファームさんは偉いって事だよね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。