スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

今年の冬の天気はどうかなぁ

今夜は急激に冷えるって言う天気予報
それではと大根抜きしました
残りなので細いのしかないけど
大根

すっかり木の葉も色が変わっていて
落ち葉も多くなっていました
落ち葉


今年も北極海の海水減少と北極振動が止まらず
やっぱり異常気象が続いてます
もう異常でもなんでもなく温暖化なんだろうね
南極の上空のオゾンホールも過去最大の大きさとか

北極や南極にオゾンホールが出来るのは何故だか知ってますか?
それは強力な磁場が存在するからなんです。
その磁場が地球全体の破壊物質を集めてしまうんです。
フロンが空気中に放たれると、ゆっくりと上昇して、空高く上空へ昇り、オゾン層に達すると分子レベルで分解してフロンでなくなってしまいます。
そのときに塩素が発生して、その塩素が直接オゾンを破壊しています。
その破壊されたオゾンの破片もまた他のオゾンを破壊してしまうという悪い循環が起こっているからなんですね。

普通、北極や南極の上空の空気は気流で他の地域と隔離されているんですが、最近は北極と北半球中緯度地域の気圧が逆の傾向で変動する現象の北極振動の活動が顕著で、地上付近だけでなく、成層圏にまで及ぶ大規模な物になりつつあります。
同じく南半球にもこういう現象は起こっています。

北極と中緯度の気圧差が大きくなると、その結果極を取り巻く寒帯ジェット気流(極渦)が強くなり、極からの寒気の南下が抑えられ、ユーラシア大陸北部、アメリカ大陸北部を中心に平年より気温が高めとなる傾向があり、日本でも暖冬となる。
逆に北極振動指数が負の時は、ジェット気流が弱くなるため極からの寒気の南下が活発となり、平年より気温が低めとなる。

南方振動が海面水温の変動であるエルニーニョ現象と強く関連しているのに対して、北極振動への海面水温の影響は今のところはっきりしていないが同じような影響があると予想されています。

気象予想では今年の積雪は少なめだって言ってるんだけど
これ以上豪雪が続いたら果樹地帯では無くなってしまうかも
被害大きすぎるんで
さてどうなるんだろうね
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。