スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

あっという間に11月が終わってしまいます

昨日からの雪で積雪しました
雪が降ると外の音が静かになるよね
衝撃が吸収されるのかも

11月はとてもドタバタした1月でした
夕張市の破綻で、せっかく収穫した「山ぶどう」の行方も決まらず
冷蔵庫を占領したままでした(現在もですが)

りんごは10月初めの強風で正品率低いし
加工工場はつねに満杯でジュース加工も見通し立たず
去年はこんなステキなワインになったのにねぇ
夕張めろん城醸造ワイン

うちはお酒の販売権利ないから在庫持ってても売れないのだった

12月になると地方発送に追われ
選別などの作業が間に合わず今日になってしまいました
次の仕事がまたドタバタしそうなんですけど

しかし捨てる神あでば拾う神あり
ぶどうの効能が広く宣伝されたり
青いりんごのダイエット効果が浸透して意外な人気になったり
みかんの不作高値のおかげでりんごは消費アップしてる?ような気がします。

さて今年になって初めて収穫品を見たりんごがあります。
余市産の「シナノスィート」
長野の信州の名前ついちゃってるから、ひじょうに売りにくい(笑)
土地の名前つくとそういう傾向はあるよね
「つがる」とか「あかぎ」「みちのく」「きたかみ」「ねぶた」「さんさ」「弘前ふじ」なんかは、消費者が名前で産地を特定してしまったりしがち。
常に地物ですをアピールしないといけないのです。
産地の名前をつけるのは、りんごにはとても多いことなんだけど
狭い地域の名前をつけると消えるのも早くなったりします。
名前って大事だよね
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。