スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

流通革命1

流通革命
この言葉は、1962年に東大経済学部助教授「林周二」氏が書いた本の題名だそうです。
彼が考えた「流通革命」は簡単に言えば流通業の合理化でした。
日本は欧米に比べて、その伝統的な流通が著しく遅れていることを書いたのです。

その革命は、小売の立場に立てば問屋を外してメーカーと直接取引きして、中間のマージンを削除するという簡単なものでした。
これを読んだ経営者たちの多くが賛同しました。

「古い流通の体質を変えて、消費者により安くより良いものを供給するのが自分たちの使命なのでは」
そしてコンサルタントという新しい職種が、この言葉の元に経営指南をすることになって行きました。
そうして小売業、多くはスーパーですが、この言葉の夢に向かって、大量の経営資金を投入することになります。

どうでしょう。
この本が書かれてから、すでに40年が過ぎているわけですよね。
短期間にそれまでの秩序を破壊して新しい秩序を作るという作業は、果たして成功したのでしょうか。
さまざまな企業がその革命を実行して努力して来たにもかかわらず、新しい秩序は生まれていないのではないだろうか。

いえ、もしかしたら、出発点の「流通革命」という考え方が、間違っていたのではないだろうか。

ムダな努力に自ら苦境に立たされた小売業。
もう一度、中間業者の行ってきたことを見直してみる時期が来ているということを書きたかったのです。

商社があるから、日本のベンチャーの中小企業が頑張れるし、問屋があるから、小売業の参入の障壁が低くなって健全なる競争が可能になる。
問屋や商社を活用すると、日本経済は活気が出て、しかも物価は安くなるのです。

まだ、何故そうなるのかは、見えてませんよね。
結構、説明が長くなりそうなのです。
とりあえず、結論から書きました。

その証明は「菱食」「国分」「伊藤忠」の増収増益を見れば、明らかですよね。
商社もまた、厳しい競争を経て、ITや新しい分野でしなやかに泳いでいるのです。
かつては、批判の矢面にあった中間業。
ウソの仮説だったことを、教えてくれます。

細かくは、次回に。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。